「本のことども」by聖月

kotodomo.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 31日

書評の入口のことども

書評一覧
↑↑↑「本のことども」by聖月書評一覧です
評価別のカテゴリーは欄外右下にあります→↓(^.^)
超お薦め◎◎ 非常に面白い 面白い まあまあ ちょっと 時間の無駄× ?◎〇
[PR]

# by kotodomo | 2017-12-31 00:01 | メモる
2017年 06月 04日

2017年5月に観た映画のことども

5月の鑑賞メーター
観たビデオの数:18本
観た鑑賞時間:2056分

世界中がアイ・ラヴ・ユー [DVD]世界中がアイ・ラヴ・ユー [DVD]
全然世界中ではなく、家族中アイラブユーな映画。ミュージカルながら、面白くなかったぞ。普通ミュージカルは私にとって興味ないのに見たら面白いジャンルだが、昔子供たちと行ったおかあさんと一緒のコンサートのほうが面白かったぞ。行ってないけど。唯一面白いのは、ハロウィンでの小さな子供たちの、仮装と歌と踊りかな。結局、大物ジュリアロバーツに若い頃のドリューバリモア、ナタリーポートマンと興味深い出演陣なのだが、つまるところウディアレンのための映画でしかない。私だけ、アイラブユーな映画のほうが面白いと思う。
鑑賞日:05月28日 監督:ウディ・アレン
猟奇的な彼女 [DVD]猟奇的な彼女 [DVD]
最近、韓国映画をよくみているが、文化がほぼ同じなので入りやすいからである。地下鉄、町並み、顔や表情、まんま日本。特にハングルと我が鹿児島弁はイントネーションが似ているので尚更、響きがよい。ただ、この映画で唯一日本と重ならない設定が脱走兵。向こうは徴兵制度、日本は自衛隊ですから。主人公女性がイマイチ美的に映らないんだけど、より日本人的な可愛らしさはあるかな。猟奇的というより「けったいな彼女」と関西弁風に考えるとわかりやすいらしいです。ロマコメ、アメリカもいいけど、アジアもいいぞ。
鑑賞日:05月28日 監督:クァク・ジェヨン
セント・エルモス・ファイアー [DVD]セント・エルモス・ファイアー [DVD]
伝説のブラットパック出演映画(=一般にはジョン・ヒューズの『ブレックファスト・クラブ』とジョエル・シュマッカーの『セント・エルモス・ファイアー』の出演者が中心メンバーとされる。すなわち、エステベス、ネルソン、ロウ、アンソニー・マイケル・ホール、モリー・リングウォルド、デミ・ムーア、アリー・シーディ、アンドリュー・マッカーシーの8人である)。今観ると、時代を感じされられます。みんなフワッと髪を固め、女性はチャチャチャな感じ。大事なシーンはサックスバラード。この人達、ほぼ私の年代ですわ。
鑑賞日:05月28日 監督:ジョエル・シューマーカー
ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
トムクルーズのこのシリーズにはハズレなし。私はチェイスシーンは好きじゃないが、今回はバイクのチェイス。ちょっと目新しくも感じたかな。しかし、私と同い年のトムクルーズ、肉体が凄いですね。毎回、疾走シーンがあるけど、走り方はなんか変だけどお決まりの感じです。最初から最後まで緊張感漂うこのシリーズ、次作は製作は決まっているけど、中々話が前に進まない状態のようです。さて、私も主人公のように、年齢に関係なく頑張っていきますか。
鑑賞日:05月20日 監督:クリストファー・マッカリー
カンナさん大成功です! 特別版 [DVD]カンナさん大成功です! 特別版 [DVD]
立て続けに韓国映画を2本みたけど、日本人の感覚と変わらないですね。ただし、主演級は韓国映画のほうが上かな。日本だと、どこがいいのかわからないジャニーズみたいなのが、格好いい役を務めてなんだかなあなんだけど、韓国はハンサムと美女の確実なコンビ。ただし、今回の主演女優は可愛さのほうが強調されているかな。太りすぎた女性、でも声はいいし、歌もうまい。一大決心で大変身。ばれるとか、ばれないとか、ベタなストーリー展開ながら、全体的に滅茶苦茶お洒落。トレンディーな感じです。わかりやすい映画で、大ヒットしたのも頷けます。
鑑賞日:05月20日 監督:キム・ヨンハ
私の頭の中の消しゴム [DVD]私の頭の中の消しゴム [DVD]
やっぱり泣きました。この純愛に。洋画を観て、この女優綺麗とか思いますが、やっぱり私は広い意味でアジア人。ソン・イェジンにビビビと来たし、チョン・ウソンに憧れます。あと、映画全体の感性もいいですね。時の経過の重ねて撮って、自然に恋愛に、自然に結婚へと展開していきます。洋画の中のノリの恋愛と違って、アジアの純愛は神田川、二人だけのシーンが流れていきます。二人の愛に、友人とか知人とか絡んできません。でも、あれだな、ありきたりの不倫が足を引っ張るのが面倒だな。ファミマに行ってコーラでも買いますか。店をでるとき。
鑑賞日:05月20日 監督:
コララインとボタンの魔女 スペシャル・エディション [DVD]コララインとボタンの魔女 スペシャル・エディション [DVD]
『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』は、娘たちが小さいとき何度も何度も観ましたよ。雰囲気は、結構そのまんま。形而上な物語の展開。ただ、昔と違って今はCGで何でもありな感じの作りかと。やっぱりホラーですね。元々、童話の世界っていうのは魔女が出てきたりホラーですからそんなもんですね。コララインちゃんは、造形が凄くジャパニーズガール的で、そこらへんは入りやすいかと。しかし、今やオッサンが一人で観ても面白くはないですね(笑)
鑑賞日:05月14日 監督:ヘンリー・セリック
セント・オブ・ウーマン 夢の香り [DVD]セント・オブ・ウーマン 夢の香り [DVD]
フィリップシーモアホフマンが若々しい。全体通してはヒューマンドラマ。破天荒な盲目のアルパチーノ。それに巻き込まれた、善良なるクリスオドネル。そして、学園での告発劇。自分を守るか友人を守るか、誇りと尊厳の物語。見せ場は、まんまですが、タンゴシーンと最後の全校集会。最後に、青年に永遠の幸あれ、そういう風に思う映画です。この映画で、アルパチーノはアカデミー主演男優賞を受賞。瞳を動かさない盲目の演技、すぐに奇声を発する退役軍人、いいのか悪いのか、感情移入しにくい役どころなので難しいところ。
鑑賞日:05月14日 監督:マーティン・ブレスト
ヒア アフター ブルーレイ&DVDセット(2枚組)【初回限定生産】 [Blu-ray]ヒア アフター ブルーレイ&DVDセット(2枚組)【初回限定生産】 [Blu-ray]
いきなり災害、いきなりテロ。まあ、理解しよう。フランスとサンフランシスコまでは理解して、チャリクングクロスでやっとイギリスとというのが理解でき、最後になって3人の接点が出てきて理解できたのだった。ヒアアフターは最初で意味を調べていたので、来世という意味で、女性が出版した本の題名でもあった。全体的に評価はいいようなんだけど、個人的にはバラバラ感が否めずイマイチ。それにしても、なんで料理教室に通っていたんでしょうね。そして、なんで彼女候補の向こう側に触れちゃったんでしょうね。マットデイモン映画の中では退屈。
鑑賞日:05月07日 監督:クリント・イーストウッド
アイズ ワイド シャット [DVD]アイズ ワイド シャット [DVD]
観ていて非常に居心地の悪い映画。実際の夫婦二人が主演、キューブリックの遺作なんだけど、危ないことに首を突っ込む男、性的に脆い部分が見えるその妻、落ち着きません。色んなことが後から繋がっていくんだけど、いい見方をすれば、ラッキーな男の物語。妻の本音を聞いて懊悩し、女性を買いそうになったり、変な集会所に足を踏み入れたり、結局は浮気もすることなしに、高い代償も払わず済むというお話。最後にハラハラはしたのだけど。おもちゃ売り場で子供から目を離すなと。題名は、夫婦円満の秘訣で、結婚後は目を閉じて、相手をみないこと。
鑑賞日:05月06日 監督:スタンリー・キューブリック
ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション [DVD]ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション [DVD]
当時見ていたら、糞面白くもなんともないんだろうけど、30代後半のデヴィッドボウイに、まだ少女と言っていいジェニファーコネリーは新鮮だし、多分子供の鑑賞を考えての優しい英会話が優しい。今回覚えた言葉は、ピースオブケイク。朝飯前の楽勝の言い回し。基本的には、この二人と弟のベイビーしか出てこない映画。あとの登場人物は、グレムリンタイプ。色んな仕掛けが、もう大人な私には面白くないんだけど、例えれば不思議の国のアリスです。しかし、出だしの少女のなんて我が儘なこと。もう少しきっかけをファンタジーにできなかったものか。
鑑賞日:05月06日 監督:ジム・ヘンソン
下妻物語 スタンダード・エディション [DVD]下妻物語 スタンダード・エディション [DVD]
不朽の名作。実は私は、嶽本野ばらの本をほとんで読んでおり、それは美文だからである。下の娘には原作もビデオも与えたため、立派なロリータである。ことはさておいて、土屋アンナ、深キョンが一番いいときのダブルキャスト。それだけでなく、製作者側も隙のない作りに徹しているが、いかんせん、嶽本野ばら自体がもうおっさんなため、使われている材料が若者にはわかりにくいということである。不朽の名作、例えればローマの休日だろう。あのヘップバーンはもういないし、この20歳そこそこの二人ももういない。最後のカットバン。気合のお洒落。
鑑賞日:05月05日 監督:中島哲也
アンコール!! [DVD]アンコール!! [DVD]
どんな映画だか観る前からわかっているタイプの物語なんだけど、泣くよ!感動するよ!イギリスのコメディ映画とWIKIでは書いてあるが、コメディにも色んなタイプがあって、ヒューマンコメディ。夫婦者は自分たちの想像できない将来を考え、子供とのあり方を考えさせられながらも、軽いタッチで最後は感動。ジェマアンタートンは、ヘンゼル&グレーテル以来2度目だけど、この役は素晴らしい。音楽の教師ながら、無給で老人合唱団の講師。ロックあり、ロボットダンスあり、ラップあり、そして最後はビリージョエル。孫娘がいい味だしています。
鑑賞日:05月05日 監督:ポール・アンドリュー・ウィリアムズ
ムーンライズ・キングダム [DVD]ムーンライズ・キングダム [DVD]
大人のための小さな恋のメロディ。お洒落な映画でもあります。綺麗な映画でもあります。子供が主役ですが、ロマンティック・コメディです。女の子のほう、カーラヘイワードが高い知能指数者の会メンサの会員というのは凄い。今後、女優で伸びる子か、他の分野も併せて伸びるのか。ドダバタした部分もありながら、センスのいい青春手前の恋の物語です。
鑑賞日:05月04日 監督:ウェス・アンダーソン
レスラー スペシャル・エディション [DVD]レスラー スペシャル・エディション [DVD]
ナチュラルに魅せる映画です。ドキュメンタリーじゃないけど、温度が伝わってくるようなそんな物語。ミッキーロークは、大昔ランブルフィッシュで見てるはずで、どんなワルな感じかと思えば、どこまでも温かい感じ。リング以外の場面でも、優しく生きる主人公に共感。マリサトメイはほどんど裸。そういう職業の女性なんだけど、まあ裸勝負の役。ニコラスケイジを主役にする話も当初あったそうでけど、ミッキーロークの映画とつくづく思いますな。あと、小さい頃見ていたプロレス、猪木、馬場、ブッチャー、シン。色々と裏舞台があるのですね。
鑑賞日:05月04日 監督:ダーレン・アロノフスキー
ヒラリースワンク ライフ [DVD]ヒラリースワンク ライフ [DVD]
不謹慎な発言ですが、身内に不幸があった人が、その後なにかと闘う姿は、疲れないですか?と思うことがあります。この映画は、子供をマラリアで亡くした母親の、そんな奮闘を描いた物語です。ただ、非常に常識的な女性主人公なので、ご主人に諭されれば、それなりに自分のもがいている姿に気付きます。でも、思います。疲れないですか?周りの人に迷惑をかけていないですか?とにかく、ご主人の理解あってこその奮闘です。本当だったら、息子を連れ出してマラリア地帯に行くと判断したことで、責められて離婚するかと思います。親子愛、夫婦愛です。
鑑賞日:05月03日 監督:フィリップ・ノイス
HK/変態仮面 ノーマル・パック[DVD]HK/変態仮面 ノーマル・パック[DVD]
鈴木亮平が役のために身体を作ったというので観たが、オッサンが朝4時から観る映画ではなかった。実にクダラン!が小学生はゲラゲラものだろう。清水富美加千眼美子を初めてみたが、さすが若くして出家を決意しただけあって、将来的には限界がありそうな今だけ女優であった。とにかく、クダラナイのだが、不覚にも2箇所笑ってしまった、真面目仮面とさわやか仮面。気付きもあった。変態仮面は腋毛を剃っていたが、偽者のほうは剃っていなかった。どうでもいいか。小学生の男の子たちが茶の間でゲラゲラ鑑賞、それをたしなめる親、そんな映画です。
鑑賞日:05月03日 監督:福田雄一
すべての美しい馬 [DVD]すべての美しい馬 [DVD]
観なきゃいけない映画というのがあって、15年以上前にコーマックマッカーシーの小説を読んで、その時にタイミングよく映画になったのが本作で、当時読んでいた雑誌ダカーポは本の特集もするが、映画も特集し、マットディロンは知っているが、マットデイモンって誰だって感じで、最近になって映画をボチボチ観るようになると、マットデイモンとベネロペクルスが出ていたこの映画は、観ないといけない映画になってしまったのである。いい映画でした。小説の最後で、テクテクと複数の馬を連れて帰るシーンが心に残ったが、映画でも再現。沁みる映画。
鑑賞日:05月02日 監督:ビリー・ボブ・ソーントン

鑑賞メーター

[PR]

# by kotodomo | 2017-06-04 10:24 | 鑑賞メーター | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 02日

2017年4月に観た映画のことども

4月の鑑賞メーター
観たビデオの数:7本
観た鑑賞時間:838分

マイノリティ・リポート 特別編 [DVD]マイノリティ・リポート 特別編 [DVD]
トムクルーズの映画だから、面白さは保証されているのかと思ったけど、長過ぎだよ監督。それに、未来の技術を見せるのに前半は必至、でも見ているほうには分かりづらい。長すぎて、植物園科学者とか、最後には脳裏から消えてしまって、単なる役割にしか過ぎなかったとか思うのです。トムクルーズの中では、はずれに近いかな。ヴァニラスカイよりはずれ。マグノリアと同じくらい。
鑑賞日:04月30日 監督:スティーブン・スピルバーグ
テッド2 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]テッド2 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
映画は真剣に観たいのだけど、細切れ時間には中々ということで、このどうでもいい映画を鑑賞。やはり、実にくだらない、大人のギャグ連発。ただ、この映画はどうも金かコネがあるようで、モーガンフリーマンに加え、謎の男リーアムニーソンが登場。エンドロールの最後にも再登場。馬鹿馬鹿しさが売りの映画全体の作りなのです。
鑑賞日:04月30日 監督:セス・マクファーレン
テッド [DVD]テッド [DVD]
子供のための映画かと思ったら、R指定、子供が見ちゃいけない、下ネタ、Fワード満載の映画でした。例えば、大昔のグレムリンと一緒で、共存のあるはずもないキャラとカップルの物語。発見当初は人気のあった命あるぬいぐるみも、だんだんとすれてきましたってキャラ。昔の子役の成れの果てみたいな設定。色んな映画へのオマージュが挿入されているんだけど、フラッシュゴードンなんて、知っているようで知らないしなあ。野良ジョーンズの本人役の登場が、一番よかったかな。Ⅱを見るために観たけど、観るかどうか。
鑑賞日:04月23日 監督:セス・マクファーレン
セルラー [DVD]セルラー [DVD]
普通の映画でした。最初から最後まで、流れがわかっている映画。誘拐、奇跡的に見知らぬ青年の携帯に連絡、あとはなぜかその青年が解決に向かって大活躍。色々と笑える小道具も出てくるのだけど、まあ普通の映画でした。
鑑賞日:04月23日 監督:デヴィッド・エリス
誘惑のアフロディーテ ―デジタル・レストア・バージョン― [DVD]誘惑のアフロディーテ ―デジタル・レストア・バージョン― [DVD]
また、ウディアレン。つまらないけど面白い。積極的にはみないけど、決して否定できない部分はあるし。養子で引き取った息子の、産みの親が気になって調べだすと・・・まあ、最後はハッピーエンディングだから〇。
鑑賞日:04月16日 監督:ウディ・アレン
I am Sam : アイ・アム・サム [DVD]I am Sam : アイ・アム・サム [DVD]
ミシェル・ファイファー、初めて魅力的だと感じた役どころでした。はずみで、娘を育てることになった障害を持ったサム。周囲は無理だと親権の裁判に。その弁護士役の彼女は、無情に見えて愛を模索しているのでした。子役の活きる映画ながら、ビートルズへのオマージュが、映画を店舗よく運んでいきます。なぜ、ビートルズなのか。それは、施設の人達に最も好まれている音楽だからです。メロディもいい。歌詞は、わかりやすく繰り返し。色んな愛に溢れた映画。ショーンペンが好きなじゃなかったけど、やはりいい映画はいい映画なのでした。
鑑賞日:04月16日 監督:ジェシー・ネルソン
スプリング・ブレイカーズ [DVD]スプリング・ブレイカーズ [DVD]
堕落と暴力の映画ながら、決定的な暴力のシーンはゼロ。決定的に性的な描写もゼロに近い。最初から、オッパイだらけなのが、青少年にはよくないかな(笑)
鑑賞日:04月09日 監督:ハーモニー・コリン

鑑賞メーター

[PR]

# by kotodomo | 2017-05-02 09:20 | 鑑賞メーター | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 02日

2017年4月に読んだ本のことども

4月の読書メーター読んだ本の数:1読んだページ数:211ナイス数:19ベトナムとビジネスをするための鉄則55 (アルク はたらく×英語シリーズ)ベトナムとビジネスをするための鉄則55 (アルク はたらく×英語シリーズ)感想そこそこためになりますが、少し浅いかな。もう少し、ベトナム人の気質まで踏み込んでほしい気がしました。15分の遅刻は、遅刻の範疇に入らないとか、謝らないとか、多少は触れていますが。私自身、今、ベトナム人実習生と接触していますが、誉めて伸びるタイプだと思っています。叱るときには叱りますが、日本人よりプライドがあるので、みんなの前では叱らないとか。あと、鉄則ではないですね。極めて原則。だから、変化球をもう少し盛り込んでほしかったかなと思います。基本書ですね。でも、著者のベトナムに対する愛は感じます。読了日:04月25日 著者:古川 悠紀
読書メーター
[PR]

# by kotodomo | 2017-05-02 09:15 | 読書メーター | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 06日

答え

b0037682_19133063.jpg

[PR]

# by kotodomo | 2017-04-06 19:13 | メモる | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 02日

2017年3月に観た映画のことども

10作品
b0037682_9264559.jpg

[PR]

# by kotodomo | 2017-04-02 09:24 | 鑑賞メーター | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 01日

2017年2月に観た映画のことども

2月の鑑賞メーター
観たビデオの数:12本
観た鑑賞時間:1353分

インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実 [DVD]インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実 [DVD]
マットデイモンのナレーションが、このドキュメンタリーのA級度を高めているかと。方向性が、経済政策の犯人たちは今って感じで固まっているので、公平かどうかは別として、企業破綻はそれだけ見るのではなく、そこに至った歴史があり、破綻のときにはその歴史を振り返ることは困難で、そういうところをまとめた映画かと。これを見れば、現在のトランプ大統領による経済緩和策も、将来どんな破綻に繋がっていくのかと危惧します。日本もバブルがありました。銀行の破綻もありました。規制が厳しいと豊かにはなれず、逆に緩いとリスクが増大します。
鑑賞日:02月26日 監督:チャールズ・ファーガソン
バーレスク [DVD]バーレスク [DVD]
非常にセンスのいい映画。ノリとテンポと名演技。クリスティーナアギレラ、キュートな顔に歌唱力、そして美しいボディ、主役が良ければ映画自体もよくなる典型。シェール、押し出しすぎず、でも安定感。歌の見せ場も当然あります。もう今では70歳とはびっくり。現代版、フラッシュダンス。実力を持った名もなき主人公の成功物語。当然、主人公の心は清らか。最初の場面で、自分の給料を・・・。元気の出る映画という他人のレビューの意味がわからなかったけど、前向きで才能があって開花して、そして周りのみんなが幸福になるミュージック映画。
鑑賞日:02月25日 監督:スティーヴン・アンティン
タクシードライバー コレクターズ・エディション [DVD]タクシードライバー コレクターズ・エディション [DVD]
アメリカンニューシネマ、括りはわからないが、全部同じ臭い。不条理で音楽が古臭い効果音の役割を果たし、暗雲が漂う。しかし、ロバートデニール若いし、青臭い。まだ、大人の雰囲気をまとっていない。その彼が演じる主人公に共感できないので、この映画はノレナカッタのでした。ジョディフォスターの名演というのもよくわからないが、子役からの脱却、転機という意味で捉えるしかないなあ。
鑑賞日:02月19日 監督:マーティン・スコセッシ
リアリティ・バイツ [DVD]リアリティ・バイツ [DVD]
昔の作りの映画。エンタメよりナイーブさが売り。感じて派。出演しているイーサンホークの別作品ビフォーサンライズのような。ベンスティラーの初監督作品ということで、感性でどうよみたいな肩の凝る作品。ただ、マイシャローナが流れたり、ピーターフランプトンときたら懐かしいけどね。原題は現実が噛み付く、社会の厳しさ。主人公の、ボタン掛け違いウィノナライダーあほ女の漂流生活。煙草のシーンと、この頃のキーワードエイズが時代を感じさせるなあ。スティーブザーンのデビュー作のようで、まだ青い青い。今更観る必要より、資料性が高い。
鑑賞日:02月11日 監督:ベン・スティラー
ザ・タウン Blu-ray & DVD〈エクステンデッド・バージョン〉ブックレット付き(初回限定生産)ザ・タウン Blu-ray & DVD〈エクステンデッド・バージョン〉ブックレット付き(初回限定生産)
なるほどなあ、球場に観客5万人。一銭も使いたくない人もいるけど、ビールにバーガーにポップコーン、財布の紐も緩むってことは、それだけ現金が飛び交い、釣銭の準備もいるなあ。大金を狙うにはピッタリの場所だ。この映画のチームは中々の猛者なのだが、やはり弱点は女性にある。溺れるような生き方をする妹が弱点。わざわざ関係者の女に恋をする弱点。ベンアフレックが監督までしているんだけど、しっかり作られた、見所の多い映画です。ただ、レベッカホールは未だにその良さがわからないので、別の女優だったらよかったかな。
鑑賞日:02月11日 監督:ベン・アフレック
ダブル・ジョパディー [DVD]ダブル・ジョパディー [DVD]
アシュレイジャッドの俄かファンなのだが、トミーリージョーンズのクレジットが上の方にあったので、どんだけジャッド出てるんでしょうと思ったら、全部ジャッドでした。ただし、私はチャーミングな彼女が好きで、最初はチャーミング、途中から悲愴な女、途中から鉄の女、最後は優しさの溢れる彼女で、まあ色んな演技が見れたからいいかな。あと、濡れ場も(笑)しかし、悪い男は最後まで、どこまでも卑怯だなあ。他にどんな映画に出ていたか知らないが、一発で嫌いになったよ(笑)
鑑賞日:02月10日 監督:ブルース・ベレスフォード
トゥルー・ロマンス [DVD]トゥルー・ロマンス [DVD]
何気に出逢う若い二人の愛の物語、と思ってみたら大間違い。しなくてもいい犯罪に手を染めた彼氏に、これが本当のロマンスだわと痺れる彼女はなんなんでしょう。最初の台本では、最後は当然、二人に未来はないどん底の筋書き。もし、そのままだったとしたら、この物語の救いは何でしょう。個人的には、気のいい友人があの場から、うまく逃げられたことでしょうかねえ。亡霊を使って、物語を進める手法、他に何か手はなかったものか。あの設定だけは、なんか腑に落ちないのですが。
鑑賞日:02月10日 監督:トニー・スコット
スモーキング・ハイ [DVD]スモーキング・ハイ [DVD]
面白いといえば面白いし、くだらないといえばくだらないし、会話の意味がわからない反面、名演といえば名演。アクションシーンでは、なぜかプロに勝つし、友情の意味もわからなくなる。気になるのは、高校生彼女とのその後かな。
鑑賞日:02月10日 監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン
アウトロー [DVD]アウトロー [DVD]
昔のトムクルーズと言えば、トップガン以降、カクテルとかレインマンとかアクションに関係のない有名俳優としての映画が多かったけど、最近ではすっかりアクション、しっかりアクション。私はカーチェイスは好きじゃないが、そこもノースタントでやっているし、ボディメイクもある意味半端ない。エージェントなんかではお喋り俳優だったけど、MIとかこういう語らずして格好いいのも最近のハマり所。アウトサイダーの端役が、こんなにビッグになりましたのこと。ロザムンドパイクは、大味な日本人の女優みたいで、ちょっと魅力にかけるなあ。
鑑賞日:02月05日 監督:クリストファー・マッカリー
The Imitation Game イミテーション・ゲーム 英語音声英語字幕のみ[PAL-UK版]The Imitation Game イミテーション・ゲーム 英語音声英語字幕のみ[PAL-UK版]
なんか、題名からして、どんでん返しの物語かと思ったら、観初めてみるとそういうことではなく、第二次大戦中の暗号解読秘話であった。キーラナイトレイいかしますねえ。それにしても、同性愛が折り込まれるのは、あまり好きじゃない。史実に基づいているので仕方ないが、どうしても物語がそこにしがみついてしまう。ただ、日本人はあまり外国の戦史には疎く、イギリスの戦争被害とか、中々知らないもので、浅い形ではありながら、そこらへんを描いた映画でもある。なぜ、戦争があったのか、遠い昔になったような気がする。今は、もっと危ういけど。
鑑賞日:02月05日 監督:
妖精ファイター [DVD]妖精ファイター [DVD]
実に陳腐な作りで、でもアシュレージャド目的で最後まで見たら、まあこんな映画も悪くはない。でも、劇場で見たら、料金的にはイマイチで、だから日本での興業も見送りになったのだろう。元レスラーが主演といっても、日本では知られていないし。アメリカ文化をまたひとつ知りました。乳歯が抜けたとき、歯を枕の下に置くと、妖精が1ドル置いていくわけで、私の幼い頃は、下の歯は屋根の上に投げ、上の歯は縁の下に放るものだったけど、あの風習はどういう言われだったのかな。改心、厚情、最後はプチなサクセスの物語。コメディファンタジー。
鑑賞日:02月05日 監督:マイケル・レンベック
サイドウォーク・オブ・ニューヨーク スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]サイドウォーク・オブ・ニューヨーク スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
全部エドワードバンズ。監督、脚本、主演。悪くも良くもなく、でもそういうことなら独りよがりな作りかも。私だって、自分が主人公なら、いかに自分に都合のいい物語にしようかって思うもの。ロマンティックコメディとなっていたけど、それも違うなあ。コメディじゃないし、ロマンティックとは言えない。割とフリーセックスなニューヨークの男女たち。その恋模様をドキュメント風味で仕立てたような感じです。
鑑賞日:02月02日 監督:エドワード・バーンズ

鑑賞メーター

[PR]

# by kotodomo | 2017-03-01 14:31 | 鑑賞メーター | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 01日

2017年2月に読んだ本のことども

2017年2月の読書メーター
読んだ本の数:1冊
読んだページ数:248ページ
ナイス数:40ナイス

半席半席感想
このミスになんでこの作家がランクイン?と思ったけれど、間違いなくミステリー、それも極上の。空が晴れ上がったような小気味よさをまとった、いい意味での安楽椅子探偵小説。ただし、その謎解きは、江戸の文化、侍文化があってこそ成り立ち、逆に読者は、そういう侍精神に新鮮さを感じる。事件が起こり、犯人は判明し自白すらしていても、なぜ事を起こしたのか、そこがわからない。主人公は、その事を解き明かすのだが、あっちこっち奔走するわけではない。熟慮を重ね、仮説を立て、相手にぶつけるのみである。自分だけの理由を語られるとねえ。
読了日:2月19日 著者:青山文平

読書メーター

[PR]

# by kotodomo | 2017-03-01 14:27 | 読書メーター | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 12日

向こう三軒両隣

向こう三軒両隣とはよく言ったもので、確かに向こう三軒両隣の住人は私も知っているし、向こうも私を知っている。それ以外は、私は地域に密着していないので、知らない人たちである。とは言っても、近隣を散歩はする私なので、犬の散歩で見かける人や、老夫婦で散歩する人に「こんにちは」と挨拶をすることはある。でも、向こうは私のことを知らないと思っていたら、半年前「こんにちは」「安楽さん(母の旧姓)の息子さんですよね。ノリ(母の名)さんは元気?」と話しかけてくる人があった。今日は雪解けを散歩、いつもでかい犬を連れて散歩する老女に「(嫁さんの)お母様は元気?最近見かけないけど?」「ええ、元気ですよ。最近は散歩はしませんが」。結構正体がばれていることに驚いた。
[PR]

# by kotodomo | 2017-02-12 08:44 | メモる | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 09日

「本のことども」書評一覧 書評No1401~1500

ブログ書評一覧

評価ポイントの解説

◎◎超お薦め ◎非常に面白い 〇面白い ▲まあまあ △ちょっと ×駄目、時間の無駄


書評№1423 「ベトナムとビジネスをするための鉄則55 (アルク はたらく×英語シリーズ)」 古川 悠紀
書評№1422 「半席」 青山文平
書評№1421 「一流アスリートの食事」 細野恵美

書評№1420 「浮遊霊ブラジル」 津村記久子
書評№1419 「煽動者」 ジェフリーディーヴァー
書評№1418 「手のひらの京」 綿矢りさ
書評№1417 「終わらない歌」 宮下奈都
書評№1416 「よろこびの歌」 宮下奈都
書評№1415 「女のいない男たち」 村上春樹
書評№1414 「羊と鋼の森」 宮下奈都
書評№1413 「サブマリン」 伊坂幸太郎
書評№1412 「記憶の渚にて」 白石一文
書評№1411 「ジニのパズル」 崔実

書評№1410 「スクラップ・アンド・ビルド」 羽田圭介
書評№1409 「10代からの情報キャッチボール入門」 下村健一
書評№1408 「ままならないから私とあなた」 朝井リョウ
書評№1407 「教場2」 長岡弘樹
書評№1406 「校閲ガール」 宮木あや子
書評№1405 「ふたえ」 白河三兎
書評№1404 「よこまち余話」 木内昇
書評№1403 「もう過去はいらない」 ダニエル・フリードマン
書評№1402 「スキン・コレクター」 ジェフリーディーヴァー
書評№1401 「ジャイロスコープ」 伊坂幸太郎
[PR]

# by kotodomo | 2017-02-09 14:14 | 書評一覧(1423冊) | Trackback | Comments(0)