2008年 12月 15日

3冊の未読本

最近、書評がアップされないし、日々のことでも更新してくれないかな・・・

そう感じてる全国30万人の聖月ファンの皆様、お待たせしました。emoticon-0102-bigsmile.gif

では、最近の読書なんぞについて、書いてみましょうか。

実は、図書館から3冊借りていたのですが、3冊とも並行して読み、
3冊とも返却期限に間に合わず、読みかけのまま昨日返してしまいました。
出張や忘年会が原因だす。

その3冊とは
『花咲ける武士道』神坂次郎
『みのたけの春』シミタツ
『仏陀の鏡への道』ドン・ウィンズロウ

全部、半分くらいは読んで、返すはめに・・・トホホ

で、もう一回借りますか?と自問するに、『仏陀の鏡への道』くらいですかねえ、面白いと感じたのは。
やはり、ニール君の活躍は楽しいからね。
明日にでも借りなおしてくるべ。
まさか、こんな昔の本をたったの2日間で誰かが借りるってことはないでしょ。

b0037682_15123371.jpgで、昨日から読み始めたのが『下妻物語』嶽本野ばら
これも、もう6年前の本ですな。
何を今更と思われるかもしれませんが、いや、図書館の本棚で初見だったもので。
映画も未見で、ヤンキーちゃんとロリータちゃんの話っていうことくらいしか前知識ないので、
結構楽しめるんじゃないかと現在30ページほどのくだり。

で、昨日、本を期限を無視せず返した理由に、予約本が4冊きていたことがあり、
その4冊とは
『聖家族』古川日出男
『あの夏にすべてをかけて』森永洋一(作者の方から読んでくださいとリクエストがありました)
『1/2の騎士 harujion』初野晴
『まず石を投げよ』久坂部羊

『のぼうの城』和田竜は、まだ予約本、来ませんがねemoticon-0120-doh.gif

で、実はこの図書館、ネット予約は5冊まで・・・
ということで、昨日4冊枠が空いたので、新たに予約・・・
新規予約本は・・・
『退出ゲーム』初野晴
『傍聞き』長岡弘樹
『草祭』恒川光太郎

で、出張の際に、得意先の忘年会にも出席。
そのときに、隣に座った方が結構読書好きで、聖月様にこう訊いてきたのでした。

“最近読んだ本で、何か面白かったのあります?”

あのときは、思い浮かばなかったけど、後で考えたらあれだった。



『ジョーカー・ゲーム』柳広司

まあ、そういう近況のことども。
[PR]

by kotodomo | 2008-12-15 15:12 | メモる | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/10038368
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ブログをお手入れ      ◎◎「モダンタイムス」 伊坂幸... >>