2009年 05月 05日

図書館から借りてきた本のことども

b0037682_1258368.jpgGW 皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

聖月様は当然図書館へ071.gif

まずは、鹿児島県立図書館から
『カメレオン』 ウィリアム・ディール なんと1984年・・・25年前の作品 北上次郎の昔の書評が気になったので
『聖者は唇を閉ざす』 リチャード・プライス ダカーポ「今年最高の本」で吉野仁お勧めなので
『魔堂三兄弟の聖職』 真藤順丈 昨年の三賞総なめ・・・『地図男』とかさ、ということで
『煙霞』 黒川博行 まあ黒川ブランド新作ということで
『錏娥哢奼』 花村萬月 アガルタと読めなかったので

続いて鹿児島市立図書館より
『テンペスト』上下 池上永一 『シャングリ・ラ』が駄目だった(途中で放棄した)ので、再挑戦的ということで
『窓の魚』 西加奈子 嫌いな作家じゃないので
『ドリーム・ガール』 ロバート・B・パーカー 有名な作家なのに読んだことないので
『ラジ&ピース』 絲山秋子 おおよそコンプリを目指している作家なので
『『吾輩は猫である』殺人事件』 奥泉光 前から面白そうな気がしていたので

ということで、何から読み始めようかと迷いながら、子供部屋に侵入・・・
おお!嫁さんの嫁入り道具の文学全集の中にあった!あった!

ということでポプラ社から昭和46年発行の上下巻各500円(当時は消費税もなかったぜ)
『吾輩は猫である』夏目漱石から読もう(^O^)/

実は、小学校のとき、いったん読み始め、途中で放棄した名作。
47歳の誕生日を2日後に控えた年齢で読むわけであるのことども。 
[PR]

by kotodomo | 2009-05-05 12:59 | メモる | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/10877863
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< デニス・レヘインのことども      2009年4月に読んだ本のこと... >>