「本のことども」by聖月

kotodomo.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 29日

2010年4月に読んだ本のことども(リンク:読書メーター)

4月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:2748ページ

図書館戦争図書館戦争
◎◎最近の子供たちの会話が、どうも「つっこみ」会話になっていると思ったら・・・この本の影響はそれなりにありそう。で、面白いわ、これ。
読了日:04月29日 著者:有川 浩
存在という名のダンス 下存在という名のダンス 下
▲もうこんな冗長な作品は描かないでね、大崎様。
読了日:04月24日 著者:大崎 善生
存在という名のダンス 上存在という名のダンス 上
▲こんなの書いちゃダメじゃん。
読了日:04月24日 著者:大崎 善生
おろち―olochi,super remix ver.おろち―olochi,super remix ver.
▲あまり嶽本野ばら的ではないが、この作家が物語作家であるのはよくわかるのことども。
読了日:04月17日 著者:嶽本 野ばら
鷺と雪鷺と雪
◎ベッキーさんシリーズ、好んで読んできたわけじゃないけど、良書は良書。昭和史的な側面も。
読了日:04月16日 著者:北村 薫
南の子供が夜いくところ南の子供が夜いくところ
〇この作者のこれまでの作品と比較すると、どこか散文的・・・やはり世界観のしっかりした物語がこの作家の持ち味でしょう。
読了日:04月14日 著者:恒川 光太郎
地図男 (ダ・ヴィンチブックス)地図男 (ダ・ヴィンチブックス)
▲この作者、気になっていたのだけど、これを読んだら気にならなくなってしまったしまった、しまったなあ。
読了日:04月11日 著者:真藤 順丈
園芸少年園芸少年
◎「~少年」「「~ガール」「~ボーイズ」そんなテイストのサークル、部活ものではあるけど、やっぱこの手のやつは、鮮やかであれば面白いのことども。
読了日:04月09日 著者:魚住 直子
猫を抱いて象と泳ぐ猫を抱いて象と泳ぐ
〇本屋大賞候補、散見される好意的な書評につられて読みましたが・・・うーむ、イマイチ。
読了日:04月04日 著者:小川 洋子
自分を憐れむ歌 - テースト・オブ・苦虫7自分を憐れむ歌 - テースト・オブ・苦虫7
〇町田節大好き人間なのだが・・・そろそろこのシリーズは飽きてきたかものことども。
読了日:04月03日 著者:町田 康
ダウンタウンに時は流れてダウンタウンに時は流れて
〇この作者の学者としての功績を知らなければ、普通の留学日記かな。
読了日:04月01日 著者:多田 富雄

読書メーター


書評一覧
↑↑↑「本のことども」by聖月書評一覧
はこちら

[PR]

by kotodomo | 2010-05-29 05:29 | 読書メーター | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/13375078
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2010年5月に読んだ本のこと...      2010年3月に読んだ本のこと... >>