2011年 01月 03日

2010年12月に読んだ本のことども(リンク:読書メーター)

あけましておめでとうございます。

一応、昨年の読書は77冊。

以前と比べたら半減だけど、意外に読めています。

先月は『ペンギンハイウェイ』が抜群に面白かったなあ。

12月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:2258ページ

ランプコントロールランプコントロール
◎前半のドイツ偏は中々に作者の大崎節みたいのが良かったのだが 後半の日本編はなあ・・・白石一文『一瞬の光』と一緒で 主人公のチョイスについていけないのであった。 
読了日:12月31日 著者:大崎 善生
人間小唄 (100周年書き下ろし)人間小唄 (100周年書き下ろし)
〇今回の町田康作品、いつにない乱暴なやりとりや展開があるのだが、なんだか東山彰良や舞城王太郎が乗り移ったような文体が妙。
読了日:12月25日 著者:町田 康
南米でオーパーツ探してる場合かよ!!南米でオーパーツ探してる場合かよ!!
◎最近、腹痛ネタばかりでマンネリ化(どこを旅していても腹痛の話でしかなかった)していたけど、今回はその辺をうまく端折ってあり、割とまとまり感あり。
読了日:12月25日 著者:さくら剛
ある日、アヒルバス (実業之日本社文庫)ある日、アヒルバス (実業之日本社文庫)
〇何も用事のない日曜日の時間つぶしに最適。途中のオジャル丸の登場と、凹組の友情出演がアクセントかな。そのために主人公の名前も凸にしたんでしょうね。
読了日:12月19日 著者:山本 幸久
オラクル・ナイトオラクル・ナイト
◎◎どんな内容かわからず読み始めた初オースター。物語がこれでもかと紡がれ読み応えを感じたのだが、結局どんな物語かと訊かれても、言い表せない物語の内容。小説を読みました(^O^)/そんな感じの読後感。
読了日:12月12日 著者:ポール オースター
美晴さんランナウェイ美晴さんランナウェイ
▲非常に普通・・・読んで損も得もなく、感激も後悔もない。朝ドラほどの面白さ。
読了日:12月11日 著者:山本 幸久
ペンギン・ハイウェイペンギン・ハイウェイ
◎◎表紙の絵のままのテイストが沁み渡る作品。モリミがこういうテイストで書けるとは・・・これまでの作品パターンが手抜きに思えてくるほど。
読了日:12月11日 著者:森見 登美彦

読書メーター


書評一覧
↑↑↑「本のことども」by聖月書評一覧はこちら
[PR]

by kotodomo | 2011-01-03 05:05 | 読書メーター | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/14687975
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2011年1月に読んだ本のこと...      2010年11月に読んだ本のこ... >>