2011年 03月 06日

2011年2月に読んだ本のことども(リンク:読書メーター)

2月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1560ページ

史上最強の内閣史上最強の内閣
〇書き出しはピカイチ。謎の内閣の顔ぶれと潜在能力にワクワク。ただ、北朝鮮対策一辺倒になったのが、少し物足らない。もっと色んな閣僚の活躍も読みたかったのことども。そうすれば映画にはもってこいの設定かと。
読了日:02月26日 著者:室積 光
バイバイ、ブラックバードバイバイ、ブラックバード
◎2章までは『死神の精度』の焼き直し?そんな感じがしたのだが、やはり伊坂君、そのままではすまない。死神のような女を魅力的に仕上げたのは巧い巧い。パンになりたい少年かあ。
読了日:02月20日 著者:伊坂 幸太郎
砂の上のあなた砂の上のあなた
◎ここまで因果を結びつけると不思議なことは何もない。最近の白石作品には哲学が薄いものが多かったけど、今回は因果という哲学なり。
読了日:02月19日 著者:白石 一文
勝手にふるえてろ勝手にふるえてろ
◎◎やっぱりりさ姫の感性は本物ホンモノ。勝手な自己解釈のOL物語を、こういう風に描けるのはこの姫しかいないでしょう。後ろのプロフィール眺めながら、あの姫ももうこんな齢に・・・でも、やっぱ「処女」なんて言葉の描写、この作家には似合わないかも。※裏表紙に「天然王子」のイラストがあるのを見逃さぬよう。
読了日:02月13日 著者:綿矢 りさ
イキルキスイキルキス
◎◎表題作は期待通りの舞城節。多くの謎が全然解明されないまま終わっちゃうんだけど、読者もまあいいか、この世界観が好きみたいな読後感。あとの2作の中編は、舞城流の無軌道小説。
読了日:02月12日 著者:舞城 王太郎
SOSの猿SOSの猿
◎因果関係の軽妙な小説を目指したんだろうけど、伊坂に哲学は似合わない。主人公、老婦人漫才コンビ、調査員、悪魔払い、コーラス隊、材料は面白いのだけど、収斂に拘らなかったことが残念。
読了日:02月11日 著者:伊坂 幸太郎

読書メーター


書評一覧
↑↑↑「本のことども」by聖月書評一覧はこちら
[PR]

by kotodomo | 2011-03-06 11:10 | 読書メーター | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/15012997
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 柴田よしきのことども      室積光のことども >>