「本のことども」by聖月

kotodomo.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 17日

森絵都:DIVEのことなど

b0037682_1150859.jpg◎◎ 『DIVE!!1』
  ◎ 『DIVE!!2』
◎◎ 『DIVE!!3』
  ◎ 『DIVE!!4』
  ◎ 『永遠の出口』
  ◎ 『いつかパラソルの下で』

書評一覧
↑↑↑「本のことども」by聖月書評一覧はこちら
[PR]

by kotodomo | 2005-11-17 11:04 | メモる | Trackback(14) | Comments(2)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/1616709
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 猫は読書の邪魔をする at 2005-03-08 11:34
タイトル : 森絵都 『DIVE!!』 (1〜4)
DIVE!!〈1〉前宙返り3回半抱え型 森 絵都 おもしろかった〜。 内容紹介など不要の話題作、やっと読みました。高飛込みは、時々テレビに映ると、あっという間の出来事で、どちらかというと入水の美しさしか見ることができていなかった競技です。本の中にも出てきますが、競泳の影に隠れたような形で、話題にも上らないし、実際あまり見る機会もないですし。 ところが、その飛込みという競技が、森さんの筆にかかると、ものすごく魅力的なものに大変身。もう、今すぐ飛込みの試合を見たいー!という思いでいっぱ...... more
Tracked from 冒険小説&ハードボイルド.. at 2005-04-30 19:06
タイトル : 子供と大人の垣根
我が子がいっぱしに自分で本を選んで読むようになってきた。私が図書館に行くときには... more
Tracked from 読んだモノの感想をわりと.. at 2005-05-22 08:35
タイトル : 永遠の出口 (森絵都)
主人公=語り手の小学生~高校生までが回想のノリで描かれています。9つの章+エピローグという構成。 突っ込みたいポイントはいくつかありますが、それをひっくるめてもなかなか好印象な作品でした。同じ60年代生まれとしての世代的共感もあるのでしょうけど。 気になった主なポイントを先に挙げておきます。 9つの章のうち、小学生時代を描いた3つの章とそれ以降でトーンが不揃いであること。小学生の無邪気さを演出するためにわざとトーンを変えているのかもしれませんが、そうだとしても、コントラストが鮮やかという...... more
Tracked from 雑食レビュー at 2005-06-21 21:43
タイトル : DIVE!!〈3〉SSスペシャル’99
DIVE!!〈3〉SSスペシャル’99森 絵都 / 講談社(2001/07)Amazonランキング:55,973位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見る 第三巻。今回はMDCのリーダー的存在の要一が主役である。二巻のラスト、本来ならばオリンピックイヤーの4月に行われる選考会を経て、代表が決まるという手順を踏むはずなのに、日水連は異例の決断を下した。その決断に、本来喜ぶはずの要一は正直戸惑っていた。なぜ?その気持ちは彼を深いスランプの底に沈めてゆく。 ... more
Tracked from 雑食レビュー at 2005-06-22 20:39
タイトル : DIVE!!〈4〉コンクリート・ドラゴン
DIVE!!〈4〉コンクリート・ドラゴン森 絵都 / 講談社(2002/08)Amazonランキング:41,525位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見る いよいよ最終巻。これまで知季、飛沫、要一と3人の視点で語られてきた物語も終わりに向かう。3人が目指すものは、そしてオリンピック代表の行方は…。 ... more
Tracked from 読んだモノの感想をわりと.. at 2005-10-16 20:12
タイトル : DIVE!! (森絵都)
4巻物ですが、一続きの物語なのでまとめます。 飛び込み競技に懸ける中高生たちを描いたスポ根小説で、爽やかな感動が味わえます。たぶん10代を読者ターゲットにした作品だろうからかストーリー展開はコミックスor青春ドラマ風なんですが、チャチな感じがなくて、大人が読んでも十分に楽しめるはず。 スポ根といっても暑苦しさはありません。水の競技だから汗臭くないし、採点競技ということもあってか競技シーンより登場人物たちの心理とか背景描写にウェイトが置かれています。とにかく登場人物たちの描き方がとっても上手...... more
Tracked from Ciel Bleu at 2005-11-18 05:26
タイトル : 「いつかパラソルの下で」森絵都
 [amazon] [bk1] 厳格すぎるほど厳格だった父に反抗して、20歳そこそこでで家を飛び出して以来、実家にはあまり寄り付かなかった野々。しかしその父も1...... more
Tracked from 粋な提案 at 2006-07-07 14:46
タイトル : いつかパラソルの下で、森絵都
表紙写真は横山孝一。亡くなった父親:柏原大海(ひろみ)の一周忌の打ち合わせに集まった3兄妹。長男、長女(主人公:野々)は厳格な父親からリタイア(脱出)したのですが、次女は折り合いをつけて同居していました。 死後の浮気の... more
Tracked from rocketbooks at 2006-09-16 19:38
タイトル : DIVE!!
DIVE!!/森絵都 すげぇ。 めちゃくちゃ面白い。 そしてめちゃくちゃ上手い。 下巻の解説で佐藤多佳子が書いているように、この本を語るならもうそれだけで充分である。 特に下巻第4章「コンクリート・ドラゴン」。 あの一章だけでも一冊分の価値がある。 って元はあれだけで一冊だったんだから、比喩にもなってない。 オレが言いたいことを佐藤多佳子が全部書いてくれてるので、一応以下同文、ということで。 詳しくは下巻の解説をどうぞ。 もちろん、本編を読み終えたあとに。 じ...... more
Tracked from ぱんどら日記 at 2006-09-28 16:08
タイトル : 森絵都【いつかパラソルの下で】
ヒロインの「野々(のの)」は25歳のフリーター。「達郎」という男と同棲しており、パワーストーンの店でアルバイトをしている。 ≪ 達郎には噛み癖があって、それは遠慮がちな猫の甘噛み程度のものにすぎないけれど ... more
Tracked from たりぃの読書三昧な日々 at 2006-12-14 20:05
タイトル : 「DIVE!!」(森絵都著)
 今回は 「DIVE!!」 森 絵都著 です。この本は平成15年度の第52回小学館児童出版文化賞受賞作ですね。... more
Tracked from EncycRopIdia.. at 2007-04-05 00:39
タイトル : DIVE!!(作・森絵都)
 うーわー、面白かった!!  児童書なんですけど、あさの作品と同じく'''人間の心理の限界'''に挑んでいるのに、子どもでも読めるわかりやすさで本当に良かった!!  さて、題材は'''「水泳・男子飛び込み」'''。  このセレクトがいいですよねー。もっとも、書く人がいないというのは、それだけ書くのが難しい、ということでもありますが。  何度も選手たちが飛び込むシーンがあるのですが、これが飽...... more
Tracked from ハムりんの読書 おすすめ.. at 2008-05-21 22:05
タイトル : DIVE!! ダイブ
DIVE!! 森絵都 評価☆☆☆ 角川書店... more
Tracked from アートの片隅で at 2008-06-12 14:23
タイトル : 「DIVE!!ダイブ」
「DIVE!!ダイブ」の試写会に行って来ました。 会場の新宿厚生年金会館には、普段よりも学生が多かったような気がします。 森絵都のベストセラーが原作です。 原作は、かなり長いお話なのですが、とても面白く、あっという間に読んでしまいました。 同じくベストセラーの佐藤多佳子著「一瞬の風になれ」と並ぶ青春スポーツ物の代表作です。 そういえば、「一瞬の風になれ」のテレビドラマはひどかったなぁw( ̄▽ ̄;)w あのドラマは駄目な所だらけだったけど、その中でも一番の問題が、陸上短距離の話な...... more
Commented by カツミアオイ at 2007-04-12 00:21 x
 こんにちは、TBありがとうございます。
 1巻を検索をかけて手に入れるまでのコメントが面白すぎます! こんなに、本の内容に関すること以外でのコメントを楽しめた書評は初めてかも。

 もちろん、DIVEシリーズそのものも、数秒間の息止めが、読んでいる間中ずっと続いてしまうほど、胸に迫る作品でしたね。
 炎のジローは、超脇役なのに、いい味出してましたよね。ピンキー山田とか、会長のおっちゃんとか、メインじゃないキャラの描写もすごく良いからこそ、主役たちが引き立つ相乗効果万歳です。
Commented by 聖月 at 2007-04-12 09:36 x
カツミアオイさん こんにちは(^_^)

言われて、再度自分の書評を読んでみたのですが・・・ダラダラと長すぎ(笑)まあ、自分の場合、こういう書評が多いのですが(^^ゞ

結局、炎もピンキーもみんなみんないいやつばかりなんですよね。心が健全なんですよね(^_^)
少し、弟が生意気だったかな?


<< ◎「いつかパラソルの下で」 森...      週末の図書館本 >>