2005年 01月 06日

で直木賞の断言

b0037682_2326331.jpg伊坂と古処ダブル受賞。

伊坂は『チルドレン』でダメで『グラスホッパー』のほうがお薦めで
石田衣良と乾杯するわけで、
古処はこういう作品も最近受賞していなかったわけで・・・

まあ、大穴は岩井さんかなあ。
◎『月ノ浦惣庄公事置書』しか読んだことないけど
いいんでねえかい?この人も。昔物語でさ。
[PR]

by kotodomo | 2005-01-06 23:27 | メモる | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/1643667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 活字中毒日記! at 2005-01-08 17:52
タイトル : 第132回直木賞大胆予想!
さてまたまた直木賞発表の時期がやってまいりました。 第132回直木賞の候補作一覧はこちら 嬉しい事に私の主催している第2回新刊グランプリ!のエントリー作品から4作品がノミネートされました[:拍手:] まず、ノミネートされなかった主な作品をピックアップしたいなと思います。 下記の4作品(4作家)あたりでしょうか・・・ ★『犯人に告ぐ』(双葉社)雫井脩介 ★『僕たちの戦争』(徳間書店)『明日の記憶』(光文社)荻原浩 ★『卵のふわふわ』(講談社)『憂き世店』(朝日新聞社)宇江佐真理...... more
Commented by トラキチ at 2005-01-08 19:51 x
聖月さん、遅ればせながらあけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

直木賞のアンケート投票ありがとうございました。
偏見に満ちた予想トラバさせていただきました。
どうなることでしょう。

私的には角田さんと伊坂さんで間違いないと思っております。
もう新直木賞作家の帯がかなり印刷されてたりしてね(苦笑)

それではマラソン頑張ってください。
Commented by 聖月 at 2005-01-08 21:23 x
トラキチサン どうもです。
マラソンがんばるだす。
角田さんはまた今度もない!!!!!!!!!かなあ(笑)
今回はやっぱり芥川賞のの阿部ちゃんですね。もう直木賞的な傑作作品『シンセミア』も上梓してますし(^.^)


<< 〇「象と耳鳴り」 恩田陸 祥伝...      阿部ちゃんの本、もう図書館にき... >>