「本のことども」by聖月

kotodomo.exblog.jp
ブログトップ
2005年 01月 14日

阿部和重もう一発 文藝春秋より略歴なのだ

1968年9月23日山形県東根市生まれ。山形県立楯岡高等学校中退。90年日本映画学校卒業後、現在に至る。
〈作品〉『アメリカの夜』94・講談社刊=第37回群像新人文学賞受賞、第111回芥川賞候補。『ABC戦争』95・講談社刊。『インディヴィジュアル・プロジェクション』97・新潮社刊。『公爵夫人邸の午後のパーティー』97・講談社刊。「トライアングルズ」97・12群像=第118回芥川賞候補。『無情の世界』99・講談社刊=第21回野間文芸新人賞受賞。『アブストラクトなゆーわく』00・マガジンハウス刊。『ロスト・イン・アメリカ』00・デジタルハリウッド出版局刊(共著)。「プラスティック・ソウル」97~00・批評空間。「ニッポニアニッポン」01・6新潮=第125回芥川賞候補、01・新潮社刊。『シンセミア』03・朝日新聞社刊=第15回伊藤整文学賞受賞、第58回毎日出版文化賞受賞。『映画覚書vol・1』04・文藝春秋刊。『青山真治と阿部和重と中原昌也のシネコン!』04・リトル・モア刊。
[PR]

by kotodomo | 2005-01-14 07:39 | メモる | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/1717111
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< さて図書館へ行ってこよう      芥川賞大当たり だから言ったじ... >>