2005年 01月 19日

ズボン下というか股引というかタイツというか

b0037682_12364262.jpg東京でスーパーサラリーマンとしてビシビシ働くアイテムとして、
昨日鹿児島の嫁さんが宅配便で送ってくれたのが、ズボン下(^.^)
3足入っていました。
“一週間履きっぱなしじゃダメ?”って嫁さんに訊いたら
“不潔!ダメ!”って。
じゃあ、洗濯一週間に何回もしなきゃなあ。

しかし、写真・・・モッコリ(笑)
[PR]

by kotodomo | 2005-01-19 12:36 | メモる | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/1767764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ほーほー at 2005-01-20 15:05 x
うはあ~~。笑。これ見たことある。。男の人がスキーに行く時にはくタイツですね。誰がはいてもへんっ!頭でっかちに見えて・・街頭テレビの中の力道山を思い出す。タイガーマスクの黒いタイツも思い出す。笑。

さて、わたしも先週の日曜日図書館で10冊借りてきました。司書のお姉さんをてんてこまいさせながら・・あれやこれやと借ります。高松宮日記・・先をこされたようです。くやしい!笑。2週間で10冊は無理ですが、半分は保険です。とてもこれ以上は読めない・・・と、投げ出す本を半分と推測して・・笑。聖月さんは、読むのを途中でやめたこととかありますか?福井晴敏さんの本、わからない・・わからないとぼやきながら全部読んでますね。。(*^_^*) やっぱりわたしは忍耐力がないのかなあ。
「シュガーレスラブ」「翼はいつまでも」と快調に読んで、「機長の告白・生還へのマニュアル」という本を読んでいます。
Commented by 聖月 at 2005-01-20 19:59 x
いやあ、私も相当にお腹に肉が付いていますので、力道山どころじゃござんせん。悪役外国デブっちょレスラーになるかも。そいでもって、顔がいかすのが妙にアンバランスっと。

途中で投げ出すことありますよ。基本的には話が面白いとかじゃなく、読書が滞っているときは、そのとき読んでいる本、放り投げますね。こやつが元凶じゃあ!みたいに。
最近では戸梶圭太『自殺自由法』。これは、読書スピードの問題じゃなく、5ページ読んでなんだこりゃ、ポイでした。『闇の楽園』とか『牛乳アンタッチャブル』は結構楽しめたんですが。
先ほど、『アメリカの夜』阿部和重を読了して、今から次の本。この瞬間が好きですね。何読もうかって。多分、返却順からすると『銀輪の覇者』斉藤純かな。その後は『卵のふわふわ』宇江佐真里やその他の阿部和重本だとか(^.^)


<< ▲「6ステイン」 福井晴敏 講...      本屋大賞ノミネート10作品決ま... >>