2012年 04月 09日

「罪悪」 フェルディナント・フォン・シーラッハ 東京創元社 1890円 2012/2

b0037682_1936199.jpg前作『犯罪』は著者の体験した稀有な裁判事象をすべて盛り込んだ佳作で、要するにすべて盛り込んでしまったために、二作目の本書は出涸らしでしかないのである。それでもほぼノンフィクションであるから、最終的なオチというか、収まり方があるはずなのだが、例えば“公園で母息子と思しき二人が遊んでいたのを見た”っていう話に、元々オチがないのなら、そういう話はするな!みたいな、そんな短編集なのである。前作を読んでない読者が、いきなり本書を読んだら、多分最後まで読み終えないだろう。本書より新聞の読者投稿広場のほうが面白い。


【amazonより転載】
内容紹介
この世には、裁くことのできない「罪」がある。高名な刑事事件弁護士が現実の事件に材を得て、様々な罪人たちの真実の姿を描き出す。『犯罪』の著者による至高の連作短篇集。

内容(「BOOK」データベースより)
ふるさと祭りの最中に突発する、ブラスバンドの男たちによる集団暴行事件。秘密結社イルミナティにかぶれる男子寄宿学校生らの、“生け贄”の生徒へのいじめが引き起こす悲劇。猟奇殺人をもくろむ男を襲う突然の不運。何不自由ない暮らしを送る主婦が続ける窃盗事件。麻薬密売容疑で逮捕された孤独な老人が隠す真犯人。―弁護士の「私」は、さまざまな罪のかたちを静かに語り出す。刑事事件専門の弁護士が、現実の事件に材を得て描きあげた十五の異様な物語。世界各国を驚嘆せしめた傑作『犯罪』の著者による、至高の連作短篇集。ドイツでの発行部数30万部突破。ドイツCDブック賞ベスト朗読賞受賞。
[PR]

by kotodomo | 2012-04-09 19:37 | 書評 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/18107836
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 笑う社会人の生活 at 2013-10-05 21:31
タイトル : 罪の悪
小説「罪悪」を読みました。 著者は フェルディナント・フォン・シーラッハ 犯罪のお話を15編の短編で 弁護士の視点から 語られる 「犯罪」の続編というか 短編なので繋がりはないですが、第2弾 淡々と事実のみを書いていく文章は相変わらずで 独特ながらも読ませま...... more


<< ◎◎再読再評価「1Q84 BO...      ◎◎「真鍮の評決」上下 マイク... >>