「本のことども」by聖月

kotodomo.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 22日

×「屋上ミサイル〜謎のメッセージ」 山下貴光 宝島社 1600円 2012/5

b0037682_324653.jpg前作がグリグリの◎◎評価で、再読したら尚更評価度アップであったため、本書の×評価は残念至極。要因は、登場人物たちは一緒だが、まったくテイストの違う小説だったから。前作で見られた、粋な言葉遊びはほとんどなく、前半のガールズトークで進む展開にはうんざり。結局、暗号という謎解きに徹しているのだが、暗号で伝える必要の必然性は皆無だし、順調に暗号を解くのはいいが、普通ならそこに暗号が存在することも気付かない細い線の綱渡りで、蓋然性に乏しいのである。最後の50頁は1頁を10秒で読み進めた。ただ、もう読み終えたくて。
[PR]

by kotodomo | 2012-07-22 03:24 | 書評 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/18698475
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ◎「死命」 薬丸岳 文藝春秋 ...      ◎◎再読再評価「ダンス・ダンス... >>