2005年 04月 03日

無謀なるコジツケ記事・・・アホか

とりあえず『シンセミア』の書評はこちら・・・だとしてもだ
b0037682_1313154.jpg
仙台のトラック暴走、長編小説がヒント?=舞台は渋谷、犯人は自殺

 「1台のダンプカーが突進してきて数名の男女を跳(は)ね飛ばす」-。芥川賞作家、阿部和重氏の長編小説「シンセミア」(伊藤整文学賞、毎日出版文化賞)の中に、仙台で起きたトラック暴走事件をほうふつとさせる場面のあることが2日、分かった。
 ダンプ暴走は小説の一節として登場。東京・渋谷に出た主人公の1人である男が遭遇する。
 日曜日で歩行者天国となった繁華街で、男はダンプが数人をはね飛ばす光景を目撃する。暴走は止まらず、通行人は逃げ惑い、叫び声を上げる。ダンプは百貨店に突っ込み止まるが、死者も出た現場は「戦場と見紛(まが)うほどに淒惨(せいさん)な様相」となった。
 仙台のトラック暴走事件で逮捕された大友誠治容疑者(38)は「自分も死ぬつもりだった」と供述している。
 一方、シンセミアでは運転手について「犯人は運転席で自殺していたらしいが、動機は不明であり、何者なのかさえ明確な説明はない」などと記述されている。 
(時事通信)

???????????????????????????????????????
アホのような記事である。
どうせ引き合いに出すなら、山形の阿部ちゃんではなく、仙台の伊坂幸太郎君の作中から、無理矢理引っ張ってくるべし!
[PR]

by kotodomo | 2005-04-03 13:16 | メモる | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/2422419
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ◎◎「ホミニッド」 ロバート・...      ブログでの最初で最後の目標達成... >>