2005年 04月 04日

「深町秋生の新人日記」に笑ったことども

b0037682_7592646.jpgあの『果てしなき渇き』でこのミス大賞を受賞した深町秋生氏による『深町秋生の新人日記』をつらつら眺めていたら・・・
2005/2/7の日記に大笑い。

色んなところで書かれている作品への賛否両論、作者としては非常に気になるらしく、そいじゃあ自分でレビュー書いて投稿しようかという苦悩ほとばしる日記である。

もしかしたら、我々が目にするその他の作家の作品大絶賛のレビュー記事は、作者やスタッフが書いた可能性が(笑)

追記
あのこのミス大賞受賞作家のブログに私の名前の紹介が・・・
生きていてよかった(^.^)(^O^)/(^.^)(^O^)/
[PR]

by kotodomo | 2005-04-04 21:00 | メモる | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/2429225
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 八方美人男 at 2005-04-04 08:48 x
作家が自分の本をレビューする――私はじっさいによくある話ではないかと思ってました。
とくに、プロの作家さんではなく、自費出版(某B芸社とか)などで自分の本を出した! というにわか作家の方々――少し前まで私のサイトでも、その手の方々が掲示板で宣伝したり、自分の書いた本のリクエストをお願いするというパターンを、何度も経験しているので・・・。

深町秋生さんの場合とは少し違って、とにかく大勢の人々に読んでもらいたい、という切実な願いが溢れていて、でも私のサイトでリクエストするのは、ちょっと筋が違うよなあ、と思ったり。でも、あくまで著者の名前を明記したうえで著書をレビューするというのは、いろんな意味でアリではないか、と思います。
Commented by 聖月 at 2005-04-04 09:13 x
はい、自費出版みたいなマイナーなかんじのやつはよくありますね。
私の場合、メールで何度かいただきました。
ホームレス体験記みたいの出版したんで、是非読んでください、とりあげてくださいみたいなやつ。

でも、私でもこういうメジャーな賞もらっても、匿名で宣伝したくなりそう。
ワン書き込みで10冊売れると目論んで、1万カキコ。10万部、ウッホッホって。
でも、やはり心配というか、色んなとこ覗いて喜んだり溜息ついたり、そういう心境になるのはわかりますね。
Commented by 深町秋生 at 2005-04-04 21:12 x
しかしお名前を間違うという、言葉を扱うものとして最悪の間違いをしでかしました。お恥ずかしい。どうかこれからもよろしくお願いいたします……。
Commented by 聖月(みづき)(^.^) at 2005-04-04 21:20 x
いえ、こちらこそ、今後ともよろしくなのです。
HNはつけたほうが悪い。間違いやすいのがいかんのです。

でも本当にご紹介ありがとうございました。ウレピクて・・・嬉ピイ!!!


<< 〇「牙-江夏豊とその時代」 後...      ◎◎「影踏み鬼」 翔田寛 文庫... >>