2005年 04月 10日

関西の北森鴻ファンが羨ましい

b0037682_18355093.jpg元々のサイトはこちらの『北森鴻公認ファンサイト 酔鴻思考』

記事は(以下先方サイトの記事です)『4月17日(日)に「支那そば館の謎」の舞台でもある、京都嵐山の大悲閣千光寺にて北森さんと共に花見をしませんか?
予定では午後2時頃からから大悲閣へ行って、夕方くらいにどこかでご飯を食べて、あとはこれまたどこかで酒宴。
終了時間は未定なんで、時間に制限のある方は随時解散ってことで・・・。(いい加減な予定ですいません)*雨天決行
参加を希望される方は管理人までメールをお願いします。


行ってみたいなあ。でも花見?桜じゃないね(^.^)
[PR]

by kotodomo | 2005-04-10 18:36 | メモる | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/2478851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ゆうきの読書日記&矯正日記 at 2005-07-08 11:00
タイトル : 支那そば館の謎(北森鴻) 光文社(2003年)
蓮杖那知でも,冬狐堂でも,ビアバー「香菜里屋」でも,雅欄堂でもない短篇集です。コメディが半分くらい入っている軽い感じです。舞台は京都。観光客の滅多に来ない嵐山の奥に実在する「大悲閣 千光寺」。そこの寺男有馬次郎の前職は広域窃盗犯。で,その周囲の不思議な雰囲... more
Commented by 四季 at 2005-04-11 06:50 x
わー、そんな企画があるんですねー。知らなかった。
あ、でもやっぱり桜じゃないですか?
千光寺って、結構山の方じゃありませんでしたっけ。
きっと来週は見頃ですよ。丁度桜吹雪の頃かもしれませんね。
Commented by 聖月 at 2005-04-11 07:27 x
ああ、そうなんですか。山のほうなのですね。
私も長野時代、近くに名所がありまして、季節遅れの桜ツアー観光客がたくさん来ていたのを覚えています。
やはり四季さんは関西、ちゃんと知っているのですね。
基本的に鹿児島、東京の生活の私は、お寺の名前あまり知らないのです(^^ゞ


<< ◎◎「僕のなかの壊れていない部...      図書のお姉さんの眼差し >>