2016年 02月 06日

2016年1月に読んだ本のことども

2016年1月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:730ページ
ナイス数:43ナイス

光のない海光のない海感想
最近は、希望のある話を多く描くようになってきた作家だが、本書は希望があるようでないような、そして終盤は少し黒い。また、主人公にまつわる過去の経緯を小出しに書いていくので、謎めいた部分もある。また、この作家が描く女性というのは、多くが魅力的なのだが、本書の花江には性的な香りがない。まあ、全体は縁を描いたような物語。大事なものを壊してしまい、代わりの物が売ってないかと探すところから、この物語は始まる。そこで、花江という販売員と繋がり、なんて序盤です。可もなく不可もなくなんだけど、小説として巧いので読ませます。
読了日:1月26日 著者:白石一文
カイコの紡ぐ嘘(下)私立探偵コーモラン・ストライクカイコの紡ぐ嘘(下)私立探偵コーモラン・ストライク感想
面白い気はするのだが、上巻でも述べたように、人物紹介がどこにもないので、人間関係がわからないままでした(笑)ある作家が失踪、殺害され、その関係者の中に犯人が、ってな1本調子の話なので、単調と言えば単調なのだが、作者が巧いので膨らんでいく。ただ、主人公の義足の付け根が、ずっと痛みっ放しなので、それが読んでいて邪魔かなあ。シリーズ3作目が出たら・・・読みます。ロビンが健気で前向きなので。あと、本作、ずっと天気が悪い感じで、ロンドンだから仕方ないのかもしれないが、やはり天気の悪い話は、どこかどんよりしますね。
読了日:1月11日 著者:ロバート・ガルブレイス

読書メーター

[PR]

by kotodomo | 2016-02-06 15:51 | 読書メーター | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/25332490
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2016年1月に観た映画のことども      2015年12月に観た映画のことども >>