「本のことども」by聖月

kotodomo.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 19日

図書館にきてるけど、取りにいけてない本たち

b0037682_7112347.jpg『間宮兄弟』 江國香織
『蜂起』 森巣博
『硝子のハンマー』 貴志祐介
『影のオンブリア』 パトリシア・A.マキリップ

もう『硝子のハンマー』は待ち順ゼロでした(^.^)

今週末は伊豆へ1泊2日。図書館へ行けないのだなあ。いつ行くかなあ。
[PR]

by kotodomo | 2005-04-19 07:12 | メモる | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/2544329
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 手当たり次第の本棚 at 2005-04-28 12:41
タイトル : 『影のオンブリア』
双子は、古来、神秘的な力を持つとされていたそうだ。 でも、生まれながらの「半身」を持たなくても、人は誰でも自分の「分身」を鏡の中に持っている。 たとえば、影。 あるいは、鏡像。 人ばかりでなく、いわば、森羅万象全てが、そういう「分身」は持っているわけだよね。ならば、「都」なんてのは、どうかな? やっぱり、影とか、鏡像を持っている……と、思う? ちょっとモノがでかすぎて、想像できないな。 でも、あり得ない話じゃ、ないような気がする。 そんな、「都の影」を主人公にした物語が『...... more


<< プライバシーを侵害された?ことども      ◎「イッツ・オンリー・トーク」... >>