2005年 04月 21日

恋愛方程式なことども

朝からテレビで、ダウンタウンの松っちゃんの年下の彼女だとか、黒田アーサーと安達祐実だとか、そういう年齢差のある恋愛ごっこの話。

うまくいくわけがない。
恋愛方程式男用から、値が外れているからなのだ。
男の側からみた場合、自分の年齢÷2+7以上が恋愛の対象となる女性の年齢。
これが真理なのだから。

今、評者は42歳。来月43歳になるが、まあ割りやすいので42歳ということにすると、
半分の7つ上、28歳以上が恋愛対象者である。

20歳の男性なら、半分の7つ上、17歳以上が恋愛対象者である。

60歳なら37歳、70歳なら42歳。10歳なら12歳のお姉さんに憧れるのが、真の恋愛なのである。
それ以外の年齢差ならば、ままごと恋愛か、なんか勘違いなのである。

例えば、42歳の評者と26歳の女性ならこれは真の恋愛は望むべくもないのだが、
4年の月日を経て、46歳と30歳になったとしたら、これは方程式に当てはまるようになるわけで、
こういうことを指し恋愛の機が熟すというわけである。

ただし、この方程式には欠落があり、対象女性の年齢上限値というのは、まだ模索中の評者であるし、
恋愛方程式女用というのは、考える気もない。

ベストな数値というのもあって、男性の年齢+3である。これは評者自ら実証済みである。この方程式に当てはまるなら、年が経ってもこの方程式、永遠に当てはまっていくので素敵なのである。

小説の中の恋愛を考えた場合、大抵方程式内に当てはまる数値のカップルなので、うまくいっちゃうわけである。
[PR]

by kotodomo | 2005-04-21 07:55 | メモる | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/2559532
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ヾ(=ΘΘ=)ノ at 2005-04-21 13:32 x
あはははは。おもしろいー。この方程式と、男性の年齢+3、という数値との矛盾なんてマル無視なとこが、また可笑しい。これは世間の常識なの?聖月オリジナル?今後のために(?)憶えときまーす。
Commented by 聖月 at 2005-04-21 19:20 x
矛盾してないっす(^.^)自分の場合、これが当てはまるのです。
半分+7以上であれば自分より3つ上でも規格値なのです。
これは世間の常識では全然なく、聖月オリジナルかといえばそうでもなく、じゃあ人に訊いてもこんなこと知っている人なんてまずいないという哲学なのです。


<< ◎「悪いうさぎ」 若竹七海 文...      〇「雪の夜話」 浅倉卓弥 中央... >>