2016年 04月 02日

2016年3月に読んだ本のことども

2016年3月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:650ページ
ナイス数:55ナイス

よこまち余話よこまち余話感想
素晴らしい。既に直木賞を受賞している著者なので、こういうのが本屋大賞にでもなって、多くの人に読まれてほしい。長屋横丁のほのぼのとしたお話、連作長編。最初戸惑うのは、時代設定。著者への先入観、長屋という単語で江戸時代と思って読み始めるが、レコードも小学生の皮靴もある時代。割と近代なのである。1話読む、ふむ。2話読む、ふむふむ。3話までいったら、もうやめられない静けさ。行間が読めるようで読めないようなミステリアス。この世には、時空のネジレや、歴史の繰り返しがあるのかもしれない。一心太助のようなキャラが印象に。
読了日:3月21日 著者:木内昇
もう過去はいらない (創元推理文庫)もう過去はいらない (創元推理文庫)感想
前作に引き続き面白いのだが、2点、前作より劣るかな。まずは、愉快な孫テキーラの活躍が少ないこと。ぼけた老人と、今の文明の橋渡し役の孫には、もっと登場してほしかった。それと、意外に筋が掴みづらかったこと。過去と現在の話が、少し読みづらく感じたかかな。まあ、全体は、身体と記憶に鞭打つ元警官老人の活躍で、老いぼれハードボイルド。減らず口を叩きながら、己の信念へと進んでいく。妻との会話も絶妙で、老女なんだけど、健気さを感じる存在。主人公の息子の死、父親の死、その理由が、前作でも本作でも語られないので、続編ありか。
読了日:3月18日 著者:ダニエル・フリードマン

読書メーター

[PR]

by kotodomo | 2016-04-02 16:29 | 読書メーター | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/25612162
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2016年3月に観た映画のことども      2016年2月に観た映画のことども >>