2016年 09月 02日

2016年8月に観た映画のことども

8月の鑑賞メーター
観たビデオの数:14本
観た鑑賞時間:1541分

旅するジーンズと19歳の旅立ち [DVD]旅するジーンズと19歳の旅立ち [DVD]
前作16歳のときも、3人は20代だったんだけど、この19歳を観ると、みんな成長したなあと感じてしまうのは錯覚なのか作品の出来映えなのか。凄くいい映画でした。演技もみんな巧いし、それぞれが個性的な魅力を持っているし、綺麗なつくりで、多分製作者のセンスがいいんでしょう。あそこに行くなら4人一緒でしょうと思っていたら、独りで行ったのは期待はずれ。でも、そこから先がいい。単なる役者同士が、本当の友達に見えてしょうがない。16歳より19歳がよかったかな?でも、16歳のおませな女の子も捨てがたい。1も2も凄くグッド!
鑑賞日:08月28日 監督:サナー・ハムリ
RIZE [DVD]RIZE [DVD]
この映画に早回しの映像はありませんと、最初で当たり前のことを断っているのだが、それがなければ、まあ中には「あれって早回しとかなんかだよねえ」と思う人もきっといるだろう。パフォーマンスではない、ストリートでもない、ルーツのダンス。魂のダンス。ゲットーのある地区。ギャングに入るか、何かに打ち込むか。スポーツで音楽でハリウッドを目指して潰れるか、ダンスを踊って境遇と闘うか。闘うという文字は、障害とのたたかいを意味する。明確な相手はいない。ところで、これはドキュメンタリー。映画館でお金を出して観るほどではない。
鑑賞日:08月21日 監督:デビッド・ラシャペル
Wrestling Ernest Hemingway (1993) 潮風とベーコンサンドとヘミングウェイ 北米版DVD [Import]Wrestling Ernest Hemingway (1993) 潮風とベーコンサンドとヘミングウェイ 北米版DVD [Import]
ダンブルドア校長が、イケイケの筋肉老人を演ずる。っていうか、当時63歳。亡くなったのも72歳だから、意外と若かったのである。サンドラブロックは、スピードでブレイクする直前の作品。誰にでも優しい素敵なウェイトレス。シャリーマクレーンは、老いてもやはり、表情がどこかチャーミング。老人主体の物語なので、老若男女が楽しめる作品ではない。若いと退屈、70歳の老人が観ても、演出の意味がわからないだろう。ということで、老人準備中の50代にピッタシかと。大きなテーマはないが、孤独になる将来、どんな老人を演じたいのか想像。
鑑賞日:08月20日 監督:Randa Haines
ワン・デイ  23年のラブストーリー [DVD]ワン・デイ 23年のラブストーリー [DVD]
どうしても、「恋人たちの予感」と比べざるをえず、結局、オジサン鑑賞者には、つまらない趣向の映画でした。アンちゃんは、メグちゃんを超えられないし、何より1年毎の切り取りのシーンは、雰囲気だけを伝え、細かい心の機微がわかりにくい。若いカップルが映画館で観るべき映画で、オッサンが独りで書斎にて観るには退屈。まあ、元々アンちゃんに興味がないってのもあるんですけどね。でも、この前観たアクション映画のアンちゃんはヨカッタですけどね。男性主人公のほうは、放蕩役がはまり役の甘い、いい加減そうなマスク。ジャスミンが可愛い。
鑑賞日:08月16日 監督:ロネ・シェルフィグ
マーズ・アタック! [DVD]マーズ・アタック! [DVD]
無意味映画の極み。俳優たちは、この映画に出演したことを恥ずべき。ジャック・ニコルソン、ピアース・ブロスナン、サラ・ジェシカ・パーカー、マイケル・J・フォックス、ナタリー・ポートマン、ジャック・ブラック、トム・ジョーンズ。どうして、製作している途中で、誰もやめようと言わなかったのだろう。引き返す勇気が必要なときもあるのに。あのチワワは、歌舞伎町で買ったらしい。アホみたいな情報だが。
鑑賞日:08月16日 監督:ティム・バートン
ハングオーバー! [DVD]ハングオーバー! [DVD]
もう滅茶苦茶。4人組の独身最後パーティー。朝起きたら、ホテルの部屋にニワトリ、風呂場に虎(あり得ない!)、箪笥に赤ん坊(あり得ない!)。おまけに、花婿になるはずの友人がいない。はい、面白かったです。でも、記憶をなくした経験がある身には、もどかしいような痛みも共有。最後の趣向がよかったなあ。証拠写真集。笑った。ブラッドリークーパーは、そこまで好きじゃないのだが、この映画では何故かかっこよかった。花婿役のジャスティンバーサのクレジットが後ろに位置していた意味もわかった。だって、ずっと消えた花婿の役だからねえ。
鑑賞日:08月15日 監督:トッド・フィリップス
インビクタス / 負けざる者たち [DVD]インビクタス / 負けざる者たち [DVD]
イーストウッド監督下手糞。特に、9.11以降のあの演出は悪趣味。マンデラ氏は、私が2歳の時に服役。社会の教科書では、南アのアパルトヘイトは暗記語句。私が29歳のときに、氏は釈放。2005年の調査では、仮定の世界政府の大統領ではトップ。これは、その自伝で、氏自ら映画になるなら自分の役はフリーマンと発言し、聞きつけたフリーマンが、イーストウッドに監督を依頼し映画化。史実なので、試合の結果は変えられないし、わかってもいる。余った招待状、ユニホームを嫌がった少年の歓喜が印象的。ビッグネーム3名がなければ駄作かも。
鑑賞日:08月15日 監督:クリント・イーストウッド
旅するジーンズと16歳の夏 トラベリング・パンツ 特別版 [DVD]旅するジーンズと16歳の夏 トラベリング・パンツ 特別版 [DVD]
いい映画でした。ネタばれなんて言葉があるけど、この映画にはネタなんて何もない。ただ、4人の少女たちのひと夏の、少しだけの成長があるだけ。年齢を調べたら、3人は20歳を超えての名演、サッカー少女は17歳の名演、身長178センチだって。何気ない映画なんだけど、みんな顔で演技するわけで、セリフで演技するわけで、英語なんかわからなくても、上手いのはわかります。アレクシス・ブレデルは、ローマの休日のヘップバーンを彷彿させますね。仕草がかわいい。っていうか、そういう演技ができるところが凄い。とにかく、みんな巧いのだ。
鑑賞日:08月14日 監督:ケン・クワピス
フィリップ、きみを愛してる! [DVD]フィリップ、きみを愛してる! [DVD]
ジムキャリーはあまり好きではなく、なぜかというと、ジムキャリーのために映画が作られているような感じで、結局、そのオーバーな演技や独特の展開がイマイチに思えるからである。これも、そういう映画なんだけど、思わず面白く感じたのでした。実在した脱獄キング、フーディーニと呼ばれた男の実話なんだけど、なるほど、そういう脱獄の仕方があるんですね。最後は、見るものを欺くため、黄色い男がフィリップに近づき、そして立ち去る。お見事。ただ、ゲイの熱愛物語なので、そのベースがどうも性に合わなかったかな。ボーイズラブは嫌いです。
鑑賞日:08月13日 監督:グレン・フィカーラ,ジョン・レクア
星に想いを [DVD]星に想いを [DVD]
1994年の映画。丁度、ショーシャンクやフレンチキスの時代で、若い二人は旬ながら、ドタバタで、メグライアンの可愛い演技なども少なめ。愛すべきユニークな爺さんグループのほうが目立つかも。時間の流れは存在しないという理論が出てくるが、やはり一番いい頃のメグライアンは今は存在せず、過去の作品に飛ばなければ出会えない。私が、こんな娘に会いたいと思っても、もうこんな娘は世界中どこを捜してもいないわけで、もし万が一そっくりさんに辿り着いても、そう思う私もやさぐれたオジサンでしかないのは、つまり時間の流れの証明である。
鑑賞日:08月13日 監督:フレッド・スケピシ
恋するレシピ ~理想のオトコの作り方~ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]恋するレシピ ~理想のオトコの作り方~ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
つまらない設定のコメディだけど、どこか底抜けに作ってあって、屈託がなくていい感じです。ジェシカパーカーに興味のない私なので、別の女優さんだったらもっとよかったのですが(笑)マシューマコノヒーにインターステラーのリアル演技で初見。その後観た映画ではラブコメ、まあ似合いますな。原題は、巣立ちの失敗?親との同居から巣立てない、独身35歳男の物語。過保護で、子供な独身ライフ。そういう男を巣立たせる仕事を生業とするジェシカパーカー。仕事と、実恋愛がコンフュージョンってなコメディ。男三人の友情物語は少しだけ。
鑑賞日:08月12日 監督:トム・デイ
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 [DVD]ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 [DVD]
この本を読んだとき、傑作だが、著者は50歳、私のちょっと上の歳で亡くなっていることを知った。で、読書記録を調べてみると、2009年4月であった。そう、私がこの本を読んだのは、7年前46歳のときである。だから、大枠は覚えていないわけじゃないが、細部はさっぱりこんで、そういう意味で新鮮で面白い映画でした。ただ、虫の好かない後見人の場面がやはり嫌で、でもそれに対する胸のすくような仕返しには喝采。探偵役の人物のパソコンをハッキングするパンク女。探偵が解けない謎を解いたら、そりゃ教えたくなります。コンビ探偵誕生。
鑑賞日:08月12日 監督:ニールス・アルデン・オフレヴ
21ジャンプストリート [DVD]21ジャンプストリート [DVD]
馬鹿に徹していていいですね。ジョニーデップは特に興味はないのだけど、ああいうカメオ出演は面白いですね。欠けているものがあって、愛すべきヒロインが不在でしたね。逆に、男コンビじゃなく、男女コンビで、友情ではなく、愛情の物語だったら、オジサン視聴者にはヨカッタかも。ガソリンもプロパンも爆発せず、ニワトリを爆発させるギャグは何なんでしょう。深くもあり浅くもあり、笑えないしなあ(笑)題名に深い意味はあるのでしょうか。
鑑賞日:08月12日 監督:フィル・ロード
理想の彼氏 特別版 [DVD]理想の彼氏 特別版 [DVD]
瀬田ジョーンズはいいなあ。こういう人が母親だったら。こういう人が、愛する人だったら。ジャスティンバーサも好青年で言うことなし。理想のカップルですな。でも、原題はリバウンド。離婚からのリバウンド、年齢差に対するリバウンド。男優目線で、こういう熟女的なかわいさもいいなあと思った瀬田ジョーンズですが、なんだかんだ言って、実際私よりはずっと年下で、理想の彼女かと。
鑑賞日:08月12日 監督:バート・フレインドリッチ

鑑賞メーター

[PR]

by kotodomo | 2016-09-02 13:30 | 鑑賞メーター | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/26159722
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2016年9月に観た映画のことども      2016年8月に読んだ本のことども >>