「本のことども」by聖月

kotodomo.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 01日

2016年11月に観た映画のことども

11月の鑑賞メーター
観たビデオの数:14本
観た鑑賞時間:1578分

カジノ・ロワイヤル [DVD]カジノ・ロワイヤル [DVD]
ゼロゼロセブンは正月映画。長いし豪華だし面白い。でもシリーズ最高傑作という評判は、よくわからなかったかな。多分、純愛みたいなのが評価ポイントなんでしょう。細かいところでは、浜辺で馬に乗るなと思いました。ボンドも、辞めますってメールで済ますなと思いました。しかし、悪人が多いですなあ。誰が味方かわかりゃしない。
鑑賞日:11月30日 監督:マーティン・キャンベル
ダニー・ザ・ドッグ DTSスペシャル・エディション (初回限定生産) [DVD]ダニー・ザ・ドッグ DTSスペシャル・エディション (初回限定生産) [DVD]
久々にカンフーな映画を鑑賞。殺人兵器として育てられた主人公が、温かい家庭で人間味を取り戻していくところが、この映画の肝要かな。でも、それが続けば、最後には破局的な地獄が待っているしかないと思ってみていると、途中で地獄に逆戻り。最後には脱出の巻。めでたしめでたし。どこが舞台かわからず見ていたら、途中でグラスゴーという都市名、イギリス、スコットランドです。モーガンフリーマンは色んな映画に出ていますね。お喋りで陽気なヴィクトリアがいい感じ。彼女のお陰で、どんどん主人公が人間味を帯びていきます。中々の拾い物。
鑑賞日:11月30日 監督:ルイ・レテリエ
ドン・ジョン [DVD]ドン・ジョン [DVD]
くだらない映画。スカヨハの必要もなし。部屋を掃除する男はいいと思うんだけどなあ。美学があるようで、全然ない作品でした。
鑑賞日:11月30日 監督:ジョセフ・ゴードン・レヴィット
春との旅【DVD】春との旅【DVD】
間の取り方が、どうもねえ。動かないシーンの長撮り、カメラ1台でのカットを使わない撮影の多用。あと役作りもなあ。歩道のない道路に、歩道の代わりに白い線が引かれていてさ、その線を踏まないように蟹股に歩き、手はバタバタさせる。それが主人公の女性のダサさ。淡島千景最後の作品とのこと。
鑑賞日:11月23日 監督:小林政広
ロビン・ウィリアムズのクリスマスの奇跡 [DVD]ロビン・ウィリアムズのクリスマスの奇跡 [DVD]
ドタバタでささやかな奇跡
鑑賞日:11月20日 監督:トリストラム・シャピーロ
博士の愛した数式 [DVD]博士の愛した数式 [DVD]
小説は2回読んだはず。印象に残ったのは、江夏の背番号の美しさと、誕生日にグローブを用意した人物。深津絵里が一番輝くお年頃の映画かと。やはり日本の映画。自然美が美しい。川のせせらぎ。後半の洗車シーン、車のナンバーで長野県が舞台とわかります。どうやら球場は上田市のようです。山のない県、最後は海岸のシーン。そこに昔のシーンが重なると、ちょっとチグハグしますが、日本人は海が好きだからいいのです。数字の美しさ、人の心の純粋さ、どちらも裏切らないこの世界。直線と線分の違いやっとわかった気がします。友愛数、素敵な言葉。
鑑賞日:11月20日 監督:
ブロードウェイと銃弾 [DVD]ブロードウェイと銃弾 [DVD]
良くも悪くもウディアレン映画。セリフの嵐、同時に5人で喋るようなやかましさ。癖のある登場人物たち。CMがあれば、他にチャンネルを回しそうな、何が何だかわからない展開。シニカルなユーモアに溢れた賑やかでクラシカルな作品です。一番笑えるのは、あの男優の講演舞台での体型でしょうか。あと意外な展開は、用心棒の才能。これが味付けに一役かっています。やはり、この監督の映画は、人を選びます。
鑑賞日:11月20日 監督:ウディ・アレン
マッチポイント [DVD]マッチポイント [DVD]
よく出来た映画なんだけど、見ていられない物語。私、転落モノは好きじゃないのです。しかし、なんで浮気するかなあ。私の経験では、男は90%浮気して、私は反対側の10%。その私でもヤキモキして見るので、90%の男性は腰が落ち着かずに見たんじゃないでしょうか。まあ、その原因が腰の落ち着きのなさにあったりするわけで。リースマイヤーズ、見覚えあると思ったら、最近みたばかりのMI3に登場していました。富豪の娘と結婚。地位とお金を手に入れても、浮気の転落が怖くて、最後はクライムムービー。クラシックオッペラ、盛り上げます。
鑑賞日:11月19日 監督:ウディ・アレン
天国のスープ [DVD]天国のスープ [DVD]
出演者が豪華なわりにチープな映画だと思ったら、WOWOWのドラマでした。道理でね。じゃあ、映画とドラマの違いは何かといえば、興行収入と視聴率。見た人から直接お金をとるかとらないか。あと既に見た人がいるか、全員同じ時間にみるか。これだけの出演陣なら視聴率は高かったでしょう。でも、興行収入は無理かな。それでもwikiしながら得るものはあって、なるほどこれが向井君の奥様なのか。女優としてはよくわからないが、生活を考えたときリアル感があるかな(たとえば道端なんとかだったら、私にはリアルじゃない)。同僚男子がいい。
鑑賞日:11月19日 監督:篠崎誠
2番目のキス (特別編) [DVD]2番目のキス (特別編) [DVD]
ドリューバリモアが一番チャーミングに映る映画。あのETの子役が、を一番感じさせる映画です。題名は駄目ですね。〇番目のキスシリーズみたいに名付けているみたいだけど、全然意味を持たない。野球狂の彼と、仕事の両立、恋愛の葛藤、そんなのを描いたラブコメです。レッドソックス。カブス同様、各球団には色んな呪いが出てくるようで、勿論強敵はヤンキース。ラジオ実況ながら、マツイが出てきます。
鑑賞日:11月19日 監督:ボビー&ピーター・ファレリー兄弟
M:i:III [DVD]M:i:III [DVD]
製作権はトムクルーズにあり、監督は売り込んだ末、初監督。どれだけ偉いんだトムクルーズ。面白さは前2作を凌ぐので、こういう競争方式はいいのかも。息つく暇のないお手本のような作品。見せ場も盛り沢山。というか、最初に思ったのは、結婚なんかするなよ(笑)でも、奥様も知ることになったのは、今後隠し事がなくていいかな。今回は、チームの活躍を見せたかったようで、ハイテク機器を駆使した活動が見もの。でも、パソコンであそこまで速く情報が取れる現実はあるのかな。2がかったるかったので、この映画の出来は尚更目立ちますな。
鑑賞日:11月06日 監督:J.J.エイブラムス
ラストベガス [DVD]ラストベガス [DVD]
どのご老体を目指したいかと問われれば、マイケルダグラスでしょうか。齢を重ねても色気を忘れないそういう老人に私はなりたい。東に病気の子供あれば
行って看病してやり西に疲れた母あれば行ってその稲の束を負い南に死にそうな人あれば行ってこわがらなくてもいいといい北に喧嘩や訴訟があればつまらないからやめろといい日照りの時は涙を流し寒さの夏はおろおろ歩きみんなにでくのぼーと呼ばれ褒められもせず苦にもされずそういうものにわたしはなりたい。最高の人生の見つけ方の焼き直し的な面白さ。そういう老人になりたいが3人以上は勘弁
鑑賞日:11月06日 監督:ジョン・タートルトーブ
ウォーム・ボディーズ [DVD]ウォーム・ボディーズ [DVD]
アバウトアボーイの男の子も、いかした感じに成長したものだ。はっきりいって、ゾンビ物は嫌いです。見てる間も嫌いだったのだけど、テリーサパーマーが美人だから許す。まあ、なんというか青春物です。ブルーススプリングスティーン、ボブディラン、スコーピオンズ、プリティウーマンまで使われている青春です。全然お薦めはしないけど、女優の美人度は私のストライクでした。
鑑賞日:11月05日 監督:ジョナサン・レヴィン
舟を編む 通常版 [DVD]舟を編む 通常版 [DVD]
感性の合わない映画でした。13年後のところで終わるかと思ったら、まだまだでした。はよ終われな映画でした。私は、大人になってからも辞書を買ったことのある、そこらへんに愛のある人間です。だから、大辞書の編纂なんて凄く興味があるのですが、イマイチ伝わってこない。ただ、発売に漕ぎつけて、これから何をするんだろうと思っていたら、もう改訂作業というのには驚きました。いつものことですが、宮崎あおいがどれだけ孤軍奮闘する映画かと思っていたら全然違う役どころでした。エキストラが多すぎる映画でした。華と書いてはると読むんだ。
鑑賞日:11月05日 監督:石井裕也

鑑賞メーター

[PR]

by kotodomo | 2016-12-01 10:27 | 鑑賞メーター | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/26420793
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2016年12月に観た映画のことども      2016年11月に読んだ本のことども >>