2017年 02月 01日

2017年1月に観た映画のことども

1月の鑑賞メーター
観たビデオの数:9本
観た鑑賞時間:1122分

MI5:消された機密ファイル [DVD]MI5:消された機密ファイル [DVD]
もっとジェームズボンドに近いかと思っていたけど、ビルナイの魅力はそこにはないわけで、当然アクションも銃もないわけで、静にスリリングに物語りは進む。諜報員が主人公なんだけど、出てくる登場人物たちの立ち位置がわからない。積極的な隣人、謎の青年、主人公の別れた妻たち。最後に、どうやってひとつになっていくんだろうって感じ。ビルナイとレイチェルワイズ、二人の静かな交情の物語っていうのが、この粗筋の土台なのかな。セリフのやり取りが激しい場面、登場人物が意外に多いこと、劇場だったら、もしかしたら置いてけぼりを食いそう。
鑑賞日:01月29日 監督:デヴィッド・ヘア
超高速! 参勤交代 [DVD]超高速! 参勤交代 [DVD]
幼稚園の劇での私の役は、砂漠の国の大臣。食べ物不足のその国で、植物を植えようと種を差し出す者に「種なんか、食べられんよ、トホホ」というセリフ一言。この映画も、その程度のベタ物語である。超高速っていうから、35回くらい超高速で往復するのかと思ったら違った。片道だけの参勤交代を見せられるのは超退屈参勤交代でした。
鑑賞日:01月29日 監督:本木克英
マイ・ビッグ・ファット・ウェディング [DVD]マイ・ビッグ・ファット・ウェディング [DVD]
恋愛映画というよりは、ギリシャのファミリー紹介映画。日本では、今でも道を侍が歩いて、芸者はそれにお辞儀をし、デパートガールはみんな着物みたいな、なんかそんな映画(笑)太った主人公の結婚映画かと思っていたら、ビッグファットは大げさなという意味。まあ大げさですなあ。意味のわからないことを、グリークなんていうけど、終盤そのギャグが使われています。最後の親子で歩いていくシーン。女の子が親子のふざけあいみたいな歩き方するところが、細かく可愛い。
鑑賞日:01月29日 監督:ジョエル・ズウィック
クリッシュ [DVD]クリッシュ [DVD]
インド映画。非常にわかりやすい、なんでもありの娯楽映画。根底はヒーロー物でしょう。お約束の総踊りもあり、一人二役もあり、美女の助演もあり、そしてインド映画は長いのでお約束の・・・休憩タイムシーンもあり。この映画は、2時間半と短いほうだが、3時間超えての映画館だったら、トイレ休憩が必要な人も多いからね。風と共に去りぬだとか、ベンハーだとかも休憩タイムあったのかなあ。カバーが笑っちゃう。ニートもスーパーヒーローもいいけど、カレーの国から参上ってなんなんでしょう(笑)辛口の映画ではありません。カレーの王子様味。
鑑賞日:01月22日 監督:ラケシュ・ローシャン
ザ・ムーン スペシャル・エディション [DVD]ザ・ムーン スペシャル・エディション [DVD]
アポロ計画のドキュメンタリー映画。老いた宇宙飛行士が、映像、語りを通して、青年に見えてくるのが不思議。小学校のとき、静の海、嵐の海、そんなのを沢山覚え、月球儀を持っている友人が羨ましく、月面着陸、月面宙返り、なんでも月面で、アポロチョコを食べ、月の石が展示され、宇宙飛行士といえばアームストロングだった。今一度、月に挑戦して、今ならではの綺麗な映像を撮ってほしいなあ。あの頃は、見上げた月に、人が居たりしたのだよ。あれ以来誰も行かなくなり、月から地球を眺めた人は増えていないのだ。
鑑賞日:01月22日 監督:デイヴィッド・シントン
スウィート・ノベンバー [DVD]スウィート・ノベンバー [DVD]
シャーリーズ・セロンのための映画。泣くセロン、笑うセロン、怒るセロン、セロン、セロン、セロンな映画です。
鑑賞日:01月15日 監督:パット・オコナー
ウォーリアー [Blu-ray]ウォーリアー [Blu-ray]
格闘技映画なんだけど、とにかく前半は散文的。くどい会話シーンとか、シーンが変わってもまた同じ二人とか、いったい面白いのかと疑ってしまうほど。そして、最後は予想される兄弟対決。どちらが、あのモンスターを倒して勝ちあがってくるのか。この映画の見所は、応援する気持ち。妻は応援せずにテレビもみないという。校長は、停職中なのにアホなことするなと思うのだが。見ていてガッツポーズしたくなる映画です。力が入ります。最後は、やはり兄を応援します。失うものが大きいので勝たせてあげたい。普段格闘技は見ないけど、ど迫力の戦い。
鑑賞日:01月09日 監督:ギャヴィン・オコナー
トト・ザ・ヒーロー [DVD]トト・ザ・ヒーロー [DVD]
お洒落な寓話。寓意のない寓話。多くの人が、よくわからないけど、でも面白かったというでしょう。夢見る少年、夢見る老人、麗しの人、そんなものがグルグル巻になって、巻いて巻いて牧瀬リホな感じの映画です。とにかく、映画らしい映画。ここまでくれば、映画も芸術。
鑑賞日:01月07日 監督:ジャコ・ヴァン・ドルマル
鍵泥棒のメソッド [DVD]鍵泥棒のメソッド [DVD]
もっと弾けてほしかったかな。香川扮する役者青年、出版社でのアルバイトとか、そんな部分でモゾモゾさせて欲しかったかな。クレジットは堺雅人が上だけど、香川の立場と演技がこの映画の面白どころだもんなあ。恋愛要素もあるけど、一番の転換点は便利屋とやくざの境目の部分かな。
鑑賞日:01月03日 監督:内田けんじ

鑑賞メーター

[PR]

by kotodomo | 2017-02-01 14:44 | 鑑賞メーター | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/26600140
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< もうひとつ大事なこと      2017年1月に読んだ本のことども >>