「本のことども」by聖月

kotodomo.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 03日

2017年6月に観た映画のことども

6月の鑑賞メーター
観たビデオの数:17本
観た鑑賞時間:1884分

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [DVD]ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [DVD]
全体としては、ファオレストガンプな構成。数奇な人生を描くために、各シーンは次々に置き去りにされ、各シーンは相当金がかかってるんじゃないかという、半端ない感。特に、あの海上戦闘シーンなんて、たったあれだけのためにみたいな。観ていて飽きのこない展開だが、二度観るのは面倒なようなごった煮。しかし、生まれてから80歳までの映画を作っても、80歳の人が若返る映画を作っても、結局はメイク仮装映画にしかならない。実際、アカデミー賞のメイクアップ賞を受賞。
鑑賞日:06月25日 監督:デビッド・フィンチャー
ブラック・スネーク・モーン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]ブラック・スネーク・モーン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
基本的には、いい話です。でも、それの前提となるのが落ちぶれと荒みなので、そこの部分はアダルトティック。信心深い農夫が、あばずれ女を拾ってしまい、それを更生させようとする話。カバーで鎖に繋がれた女、どんな映画かよと思ったら、それにも理由がありました。絶対観なきゃいけないレベルではないけど、見たらそれなりに楽しめる映画です。
鑑賞日:06月24日 監督:クレイグ・ブリュワー
僕の、世界の中心は、君だ。 [DVD]僕の、世界の中心は、君だ。 [DVD]
ヒロイン、こんな子がいいなとは思わないが、こんな子がいたらいいなとは思う。18歳の純愛なので、今更なんだけど。あと、この映画には、もうひとつの愛の形があって、主人公少年の爺様の純愛。約束した人を置いて出兵。帰還しても出逢うことができず、別の女性と結婚。要するに、あなたは配偶者以外に、出逢い別れて未だに会いたい人がいますかという純愛。この映画、物語よりは文化が興味深い。ほとんど日本と一緒。出征(どこへ?)、文化祭、ポケベル、台風、その他諸々。ヒロインが何をノートに記したのか、撒いていたものはなんだったのか。
鑑賞日:06月24日 監督:チョン・ユンス
愛と青春の旅だち [DVD]愛と青春の旅だち [DVD]
30年以上前、友人宅で観て以来。とてもいい映画という記憶はあるが、よく内容は覚えていない。最後に愛を掻っ攫うことだけ覚えていたら、実はそれだけの映画であった。途中のシーンが悪いというわけではない。ただ、すべてが、最後のシーンのために作られているということ。でも、今冷静に見ると、最後は本当に工場から女が外の世界に出て行けるという象徴なんだな。昔観たときは、当然リチャードギアなんて知らないし、恋愛経験も発展途上中だし、とにかく最後の最後に感動したんだと思うよ。ふむ、やはりテーマ曲はこれでしたね。
鑑賞日:06月18日 監督:テイラー・ハックフォード
チチを撮りに [DVD]チチを撮りに [DVD]
父の日に鑑賞。素晴らしい作品の自主映画。20歳の姉と3歳違いの妹。母親に頼まれ、14年前に女を作って出て行った父親の病室での写真を撮りに行く旅。最初の自転車二人乗りで姉が妹に言う。チチ触るな、そして題名が流れる。等身大の演技、雰囲気が非常に沁みる映画。姉妹の映画、そして母親を加えた家族の映画なんだけど、女々しくない、スカッと爽やか、しかし日本人ならではの映画。自主映画、スターも出ない分、演技が素晴らしい。どこでどういう風に観客が見るかわからない映画。いや、これは日本人なら見て欲しい名作です。
鑑賞日:06月18日 監督:中野量太
ライアの祈り [DVD]ライアの祈り [DVD]
最初にベトナムのハロン湾が出てきたときにはテンションが上がったが、あとは下がりっぱなし。八戸観光映画で後半ベトナムで盛り上がるのかと思いきや置き去り。遺跡発掘男と自分には子供が出来ないと思い込んでいるバツイチ女のお話。なんだけど、八戸紹介ビデオ。日本酒美味い、観光どうよ、盛り場紹介、時間の無駄でした。
鑑賞日:06月18日 監督:黒川浩行
イルカと少年 3D & 2D ブルーレイセット(2枚組) [Blu-ray]イルカと少年 3D & 2D ブルーレイセット(2枚組) [Blu-ray]
希望は希望へ、挫折は希望へ、熱意は希望へ、希望溢れる素晴らしい映画でした。アシュレイジャッドが好きなので、見たいリストには入れていたのですが、イルカと少年の話、う~むと思っていました。だって、イルカと少年の話でしょうみたいな。その通りだったのですが、期待を大きく上回る出来です。作った側の感性も素晴らしい。結局はノンフィクションながら、CGも効果的に入れて、見る者を楽しませてくれるし、色んな小ネタを最後には丁寧に折畳んでくれます。結局、障害を持つ者に希望をの映画。最後の実際の映像に和みます。優しくなれます。
鑑賞日:06月17日 監督:チャールズ・マーティン・スミス
アメリカン・ジゴロ [DVD]アメリカン・ジゴロ [DVD]
テーマ曲がブロンディ「コールミー」主演が「愛と青春の旅立ち」より前のリチャードギア。男娼ジゴロの役でかっこいいのだが、若すぎる感もある。ヒロインのローレンハットのおっぱいが出たときは、いいのですか?ありがとうございます、と思ったが、リチャードギアの股間にぶら下がる映像は、いいのですか?本当にいいのですか?映像的に問題ないですか?法律的に許されるんですか?と大いに思ったぞ。アメリカンニュースネマの後を継ぐような物語です。
鑑賞日:06月15日 監督:ポール・シュレイダー
ミート・ザ・ペアレンツ [DVD]ミート・ザ・ペアレンツ [DVD]
いやいや、父親のロバートデニーロ、相当寛容なお方かと。結局は、娘のボーイフレンドが相当に運が悪いだけ。で、なんでベンステイラーかと思いきや、コテコテのコメディだから、イケメンは使えなかったのかな。
鑑賞日:06月15日 監督:ジェイ・ローチ
柘榴坂の仇討 [DVD]柘榴坂の仇討 [DVD]
個人的には、つまらない映画。ということで、中井貴一調べてみた。もっとオッサンかと思ったら、私の1こ上であった。阿部ちゃんは、私より若かった。吉田栄作、顔が老けたが当時まだ45歳。広末涼子、鼻の下が長く、どの役をみてもイマイチは個人的感想。この人誰だっけ?なんだ藤竜也か。木崎ゆりあ?知らない。とにかく、私が見るような映画ではなかったでした。すみません。
鑑賞日:06月11日 監督:若松節郎
裸の銃(ガン)を持つ男 PART2 1/2 [DVD]裸の銃(ガン)を持つ男 PART2 1/2 [DVD]
コメディというよりはギャグ映画、続編。ネタが何百個出てきたのか、どれがパロディなのかわからないほど満載。
鑑賞日:06月08日 監督:デビッド・ザッカー
ファイティング・ガール スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]ファイティング・ガール スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
メグライアン41歳かな、まだまだ彼女のための映画が通用していた時代。すべてが、メグライアン。セリフ、表情、スタイル、全部彼女のためのもの。話自体は目新しさがないけど、メグライアン好きな人には普通に楽しめるでしょう。私自身がっつりのファンではなくとも、それなりに彼女の演技を堪能。ジャッキーカレンという実在した名物マネージャーの物語。男の世界の中に、女一人で乗り込んだ物語。全体的に安易に進みながらも、すみからすみまでメグライアン。
鑑賞日:06月08日 監督:チャールズ・S・ダットン
世界一キライなあなたに ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]世界一キライなあなたに ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
最初にヒロインを見たとき三枚目と思ったのでした。でも、そこに居るだけで元気をくれるような女性はいいですね。うるさいとうざったいですけど、それとはまた違う元気な女の子の物語。身体障害、安楽死、扱っているテーマは重いけど、映像は美しく、どこまでもハッピー。最後はハッピーじゃないですが、全体はハッピーな映画です。あと、この映画の味付けに一役買っているのが、主人公の可愛い痛いファッションですね。そんな格好変じゃない?みたいな子供的、少女的ファッション。一応ロマコメ、中身は純愛、そして重い重いテーマ。
鑑賞日:06月08日 監督:テア・シャーロック
マンハッタン [DVD]マンハッタン [DVD]
ぐちゃぐちゃと絵を描いて、そこに意味を見出そうとする。何気ない風景を写真に撮って、素晴らしいと称す。この映画もそんな無意味の意味を問う映画で、私には無意味の意味は無意味でした。セックスフりー、自由恋愛、そんなものを題材にした、マンハッタンの恋物語。ウディアレンはこのときから冴えない男なのにもてるし(彼女は17歳)、ダイアンキートン、メリルストリープも恋人だったり元妻だったり。一応コメディでも笑えないトークの連続。最後の彼女のセリフだけは意味がある。6ヶ月経って変わる人と変わらない人が居る。すぐに過ぎるわ。
鑑賞日:06月04日 監督:ウディ・アレン
青春の輝き [DVD]青春の輝き [DVD]
マットデイモン若っ!嫌なやつ。最初はそうでもないんだけどさ。ベンアフレック、全然存在感なし。そういう25年も前、1992年の映画です。でも、時代もそこにある問題も珍しい映画。1950年代、ジェームズディーンの映画かかかっている時代。その頃の高校生の在り方、男女交際の在り方、アメフトの防具、色んなものが珍しい。あと、当時、今より根強かったユダヤ人の問題が根底にあります。日本人だと珍しい題材ながら、日本でも部落や朝鮮出身の問題があったわけで、よその国の話と思わないように。肌の色の問題でもなく、要は宗教と歴史。
鑑賞日:06月03日 監督:ロバート・マンデル
トゥルー・カラーズ [DVD]トゥルー・カラーズ [DVD]
ジョン・キューザックもジェームズ・スペイダーも初めて見たけど色気があります。真の友情を描いた映画は多いけど、これはまんまですね。映画らしい映画ともいえます。ジェームズ・スペイダーはかなりいい男で、これは負けたと思って調べたら、57歳の今は禿げていて私の勝ちでした。
鑑賞日:06月03日 監督:ハーバート・ロス
僕はラジオ [DVD]僕はラジオ [DVD]
毎度同じような感想を持ちながら、また同じことの繰り返しでこういう映画を観ちゃうのだが、事実に即した物語は、やはりイマイチ面白さに欠ける。そこには、愛情や感動があるのはわかるが、事実から大きく離れちゃいけないので、自由度が低いせいだろう。町の孤独な知的障害者が、町の地域の学校のシンボルになっていく話です。
鑑賞日:06月03日 監督:マイク・トーリン

鑑賞メーター

[PR]

by kotodomo | 2017-07-03 09:35 | 鑑賞メーター | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/26965306
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2017年7月に読んだ本のことども      2017年6月に読んだ本のことども >>