「本のことども」by聖月

kotodomo.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 17日

帰省と図書館本のことども

今週末は金曜から鹿児島の家族の元へ帰るのです(^.^)
娘たちは楽しみにしているようで。
今回のイベントは、海水浴と夏祭り。
天気がよければいいなあ。
月曜に東京へ帰ってきます。
その間、本も読まねばならぬがイッパイなのだが・・・


で、明日は図書館。予約本回収。

『シリウスの道』 藤原イオリン
図書館抄録:離ればなれになった3人が25年前の「秘密」に操られ、吸い寄せられるように、運命の渦に巻き込まれる…。著者が知悉する広告業界の内幕を描きつつ展開する、待望の最新長編ミステリー。

『六〇〇〇度の愛』 鹿島田真希
図書館抄録:絶望に浸ろうとする女と、再生へ向かおうとする男。ふたりはかつて6000度の雲に覆われた土地・長崎で出会う…。28歳、世界文学の新鋭が描き上げた愛の物語。第18回三島賞受賞作。
[PR]

by kotodomo | 2005-07-17 13:54 | メモる | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/3137721
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< さあ、あなたも読者大賞に投票す...      「読書サイト持っています。」オ... >>