2005年 07月 19日

忘れていた!思い出した!思いついた!

今朝は5時半に目覚ましかけていたのだが、5時に目が覚めてベッドの中で思い出した。
今週末、鹿児島の家族のもとへ3泊4日で帰省、海水浴と夏祭りが楽しみなどと先日書いたのだが・・・
忘れていた。思い出した。上の5年生の娘の1週間早い誕生パーティーが一番の目的であった。

う~ん、プレゼントを考えていなかった・・・
この娘、最近なんか大人で学究的で、子供だましな玩具はもうだめ。
昔だったら「小さな恋の物語」チッチとサリーのシリーズで、大抵の女の子ポロロンだったのだけど。
『しろばんば』!いや、多分嫁さんの嫁入り道具の子供文学全集にあったかも。『こころ』とか『坊っちゃん』もあったし。

中学一年生に何か買ってあげるくらいのつもりで選ばんと。
顕微鏡!いや、一昨年天体望遠鏡買ってやったが、そのときは大いに喜んでも、結局は興味が続かなかったし。
記念に残るような高いシャーペン!は、あまり喜びそうにないし・・・

中学一年・・・そうだ。自分が中一のときは・・・!
そうだ、星新一買うべ!『ボッコちゃん』とか『ようこそ地球さん』とか『きまぐれロボット』とか『エヌ氏の遊園地』とかとかとかかあ!
娘よ。5年生にして星新一に出会いたまえ!
思いついた!どうよ!
[PR]

by kotodomo | 2005-07-19 06:33 | メモる | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/3148348
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ブログ神殿の開かれた扉〜.. at 2005-08-15 13:16
タイトル : でじたる書房とちえ(知恵)の輪(TB)
こちらのでじたる本屋を利用してから1ヶ月、ブログの接続に違和感がある時には必ずMY本棚のでじたるブックを読んでいます。何故、こうまで「にこ☆ぴろし」先生を応援するかというと・・あっ、その前にコメントなしのTBを無断で送らせて頂きますがよろしくお願いします。キーワードは「☆」です。 実は私、今まで黙っておりましたが 「星 新一」先生の熱狂的ファン だったのです。 そして星先生は 「ショート・ショートの神様」<星先生ワールド> と言われ、その作品の全てが 「予測不可能の...... more
Commented by 美結 at 2005-07-19 08:34 x
なんて、娘思いのお父様なのでしょう(^_^;
わたし自身、星新一作品を知ったのは、小6でした。
当時は、私立中学の国語の受験問題にもなったようです。
子供ながらに、オトナは・・・と思ったものです。
探究心のあるお嬢様は、『ガラスのうさぎ』は、お読みになっているでしょうか。確か、今年自主上映で映画化されるはずです。
Commented by くろにゃんこ at 2005-07-19 09:49 x
星新一は国語の教科書に載ってましたね。
確か中学校のときだったかな。
最近、中学の娘の英語の教科書にも、同じ「穴」(だっけかな?)が載っててびっくりしました。
星新一恐るべし。
ところで、おせっかいとは思いますが、私から推薦図書を。
デイヴィッド アーモンド「肩胛骨は翼のなごり」は如何かと。
児童文学にしては、なかなかの完成度で、面白いですよ。
Commented by 聖月 at 2005-07-19 17:31 x
美結様 私のときは星新一が教科書に載るなんて考えられませんでしたよ。
ビートルズが音楽の教科書に載るとか・・・まだ全然そんな時代じゃなかった。
星新一大好きなんですけど、どういう風に教科書の題材になるのか不思議。
「作者が考えていることを20字以内で書きなさい」
「作者が落とそうとしている落ちをかんがえなさい」
Commented by 聖月 at 2005-07-19 17:36 x
くろにゃんこ様 その課題図書は、いつか聖月様のほうが先に読むと思います。
娘の時々の興味を考えて本を与えるのは、結構タイミングがありまして。
ハリポタも読まないだろうと思いながら与えたのは小学二年生のとき。
なんと読んじゃいました。「暴れ柳」これなんて読むのなんて訊きながら。
恐るべし我が娘。
先日も東野圭吾の『おれは非情勤」を与えたら2時間で読んじゃうし。
結構考えるんですよ、パパ評者は。で、今回は星新一あたりと出会うと喜ぶかなあなんてね。
Commented by 四季 at 2005-07-19 20:18 x
星新一はいいですねー。
小学校高学年から中学にかけてって、そろそろ大人の本も読み始める頃ですものね。や、実は私はそこでなかなか面白い本に巡り合えなくて躓いて、しばらく本離れをした時期があったんですよ。あの頃、適切な本を教えてくれる大人がいたら、今頃またちょっと違った感じだったかも。実際、中学ぐらいで本離れをするケースは普通だし結構あるらしいですけどね… と、授業で学術的に習いました。(笑)
今はヤングアダルトみたいに橋渡しになってくれる本が沢山あるから羨ましいんですけど、それ以上に、お嬢さんには聖月さんという素敵なお父さんがいるからいいですよねえ。ぜひぜひ良い指針となってあげて下さいませ。
Commented by 七生子 at 2005-07-20 01:53 x
なんて素敵なお父さまなんでしょう!
私なんて私なんて…星新一を始めて読んだのはつい最近ですから!
思春期を迎えるころに、ぜひ読んでおきたかったです。
…と激しく後悔する読書人生を娘さんに送らせないためにもぜひぜひ!
私自身、中一の誕生日に『赤毛のアン全集』を親に買わせましたが。なんてのんびりした時代だったんでしょう!
読書好きの娘さんのご様子。いいないいな。さぞかしお喜びのことと思いますが、本を選ぶのも大変なんですね。
Commented by きな at 2005-07-20 02:45 x
こんにちは。いつも拝見しているのですが、コメント書かせていただくのは久しぶりです。

『ボッコちゃん』とは素敵です!私も、(ずーっとずーっと昔)小5で読みました。
あの中に『月の光』っちゅう、とってもアレなのがあるんですよね。うふふ。
あの年であれに出会ったことで、その後の人生が捻じ曲が…いえいえっ、そんなことはないです(笑)
ないと…思います、たぶん。

最近読んだYAものでは『ポビーとディンガン』(ベン・ライス)が、とても良かったです。
でもこれはお祝い向きじゃないから…。

いずれにせよ、お嬢ちゃま お誕生日おめでとうございます<早すぎ?
本に・人に、良い出会いがたくさんありますように!
Commented by 聖月 at 2005-07-20 07:47 x
四季っぺ、七生子様、きな姉御 時間がなくてまとめてレスごめんなさい。

っていうか、星新一にこんなに反応があるとは・・・驚きです(@_@;)
昔、星新一読んだとき“バージン検出液”なんてのが出てきて、検出液防止液、検出液防止液防止液・・みたいにエスカレートするような話だったのだと思うのですが、バージンの意味わからないまま読んだ記憶が。
親にもなんか訊いちゃいけない言葉のような気がして。

パパ評者、優しいですか?
こういうの好きなんです。我が家は楽しい行事は大切にするのです。
もうすぐパパの誕生日♪なんていうのを声高に叫ぶのも自分(^^ゞ
誕生日の日には、素敵な日が台無しにならないように、泣かせることなく、嫌な気分にさせることなく気を遣うパパなのです。
でも、嫁さんが、宿題済んだの!済まないと誕生パーティできないわよ、なんて子供を苛めてしまうのです。
でも素敵な我が家で家族なのだあ(^O^)/


<< 電車の中で向かいのオヤジが読ん...      カトレン 歳の差なんて・・・地... >>