「本のことども」by聖月

kotodomo.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 29日

またまた五十嵐貴久君本人よりメールきたしい・・・


こんにちは、五十嵐貴久です。
(いや本物です。よく疑われますが、本人なのです!)
いつも感想、楽しく読ませていただいてます。
というわけで、私の新刊「2005年のロケットボーイズ」が
双葉社より絶賛発売中です。
落ちこぼれと引きこもりが
人工衛星を打ち上げるという無茶な話ですが、
本人はけっこう気に入ってます。
お読みいただければ、嬉しいなあ(^^)。
というわけで、またよろしくお願いします。!
五十嵐貴久でした。


ということで、宣伝しときますう・・・みたいな

追記
「AOCHAN-Blog | 気になる作家さん」にも、同じコメント寄せてるしい・・・みたいな(笑)

追記の追記
『My Recommend Books !』には3発も同じコメント入っているしい・・・みたいな(笑笑)
[PR]

by kotodomo | 2005-07-29 14:25 | メモる | Trackback(3) | Comments(10)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/3209705
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from My Best Books! at 2005-07-30 11:07
タイトル : 総合ランキングベスト10 (7/29現在)
(2005年7月29日現在) 現在のエントリー作家計8名 (伊坂幸太郎[:男:]、恩田陸[:女:]、荻原浩[:男:]、加納朋子[:女:]、横山秀夫[:男:]、瀬尾まいこ[:女:]、東野圭吾[:男:]、光原百合[:女:]・・・エントリー順) 前回(7/3)からかなり変動しました。 上位大激戦ですが伊坂さんの『ラッシュライフ』が辛うじて1位を守り抜きました[:祝:] 当記事はご参加されてる方のブログのマイベス関連記事もしくは本関連の最新記事にTBさせていただきますのでご了承ください。 も...... more
Tracked from 1-B (ichibii) at 2005-07-31 10:55
タイトル : 五十嵐貴久さん(作家です)からコメントを頂いた
さて、いきなりですが「五十嵐貴久」さんという作家をご存知でしょうか。 有名なのはホラーものの「リカ」、コンゲーム系の「Fake」あたりでしょうかね。 私は「Fake」を読んだ事があります。 (ここに感想を書きました) 「Fake」っていうタイトル通りの騙しあい... more
Tracked from Four Seasons at 2005-08-21 15:12
タイトル : 五十嵐貴久さんのコメントは本物か?
ずっと留守をしていたので、日記のブログをきちんとチェックしていませんでした。今日...... more
Commented by すみたこ at 2005-07-30 07:05 x
 うちの掲示板にも同じ書き込みが・・・・。新刊出たんだ。
Commented by 聖月 at 2005-07-30 08:40 x
五十嵐スタッフの作業なんでしょうか(笑)
でも宣伝効果は抜群かも。
伊坂とか舞城とか町田が書いてきたら・・・賑やかになりそう(^.^)
Commented by あおちゃん at 2005-07-30 11:06 x
追記していただきありがとです(^^)
まったく同じ文面ですね(苦笑
コメントに義理立てするわけじゃないですが、とりあえず一冊読んでみます。
「安政五年~」を積読中。。。
Commented by 聖月 at 2005-07-30 12:04 x
『安政五年の大脱走』がこの作家の一番の力作かと。
時代物でありミステリーであり。文体や時代考証なんかも流石プロ。
次が『交渉人』でしょうかねえ。
最近はライトな作品が多くて、少し読みごたえがないような・・・
Commented by 深町 at 2005-07-30 20:15 x
私が籍を置く山形の「小説家(ライター)になろう講座」の9月講師をやっていただくことになっているのですが、ほう。どんな方なんだろう。どきどきです。ふふふ。
Commented by 聖月 at 2005-07-30 20:24 x
それは受講生も喜ぶキャストかと。
五十嵐貴久氏は本職は別にありましたよね。出版関係?
とにかく、この方『FAKE』を出すあたりから、各サイトに自己宣伝よくされて・・・可笑しいくらい。
でも、カキコされたら、やっぱ読もうかななんて思うのが人の情。
深町大先生も、もっと世間に阿れば・・・ふふふ。
しかし「小説家(ライター)になろう講座」自体には興味はないのですが、作家の話が聴けるって付録があれば、中々良い企画ですね(^.^)
Commented by 深町 at 2005-07-30 21:15 x
某出版社にお勤めらしいです。みなさん努力してるなあ。講座はどっちかというと、その後の作家との懇親会の方が重要だったりします。酒を介してだと、その人の性格やら信条やら、細かいことがすごくわかるんですよ。一番凄かったのは、逢坂剛さんでしょうか。あの大御所作家自らがビール瓶片手に、我々生徒のところまで注ぎにこられて、「ひえええ」と恐縮した覚えがあります。根っからエンターテイメントの人だなあと思ったものです。
Commented by 聖月 at 2005-07-30 22:38 x
逢坂剛さんも抽斗の多い作家さんですよねえ。
作品がエンタメの人は、振る舞いもエンタメなのですね(^.^)
っていうことは、深町大先生はブログによるところ鬼畜で、作品でよく評されるところによればノワールな飲み方なんですね(笑)

はよ、飲みましょ ♪
Commented by ゆこりん at 2005-08-21 15:13 x
五十嵐さんの関係者というだけで、うれしいです。
単純かな~?(^^;
Commented by 聖月 at 2005-08-21 17:31 x
いや、いいんじゃないでしょうか。
関係者に認知されているってだけでも。
関係者によるサイトへのサインみたいな(^.^)


<< ◎◎「国家の罠」 佐藤優 新潮...      ◎◎「シリウスの道」 藤原伊織... >>