「本のことども」by聖月

kotodomo.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 27日

桐野夏生のことども


◎◎ 『グロテスク』
  ◎ 『残虐記』
◎◎ 『アイム ソーリー、ママ』
  ◎ 『魂萌え!』
  ◎ 『アンボス・ムンドス』
  ◎ 『東京島』

書評一覧
↑↑↑「本のことども」by聖月書評一覧はこちら
[PR]

by kotodomo | 2008-11-27 05:25 | メモる | Trackback(2) | Comments(4)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/3347317
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 書庫  ~30代、女の本棚~ at 2006-05-04 10:53
タイトル : グロテスク / 桐野夏生
有名な「東電OL事件」を題材にした恐怖小説。 女の内面を鋭く突く小説はいくつもある。どちらかと言えばそういった小説が好きである。 が、こんなにもおぞましくエグい描写が続くものがあっただろうか? 読み終えた後、面白いものの本を手元に置いておくのが恐ろし... more
Tracked from 粋な提案 at 2008-11-27 12:30
タイトル : 東京島 桐野夏生
写真は三好和義。装幀は新潮社装幀室。 男31人と女1人が漂着した無人島の生活。脱出できるのか―。 絶海の孤島の閉塞感。いびつでサバイバルな桐野夏生ワールド。 極限状態で剥き出しになる欲望がすごいぎ..... more
Commented by SNOOPYヾ(*^-^*) at 2005-08-28 21:15 x
Σ(・ω・ノ)ノエ゙ッ!
聖月さまぁ♪【OUT】はぁ?!
読んでらっしゃらなぁいのぉ~(・ω・?)
グロイから?!(Tωヾ*)シクシキュ・・・
Commented by 聖月 at 2005-08-29 07:31 x
SNOOPYさん ご安心くださいませ。
『OUT』単身住まいの部屋に持ってきてある積読本20数冊の中にありますよ。いつも背表紙眺めています。
次の消化本は『突破者』宮崎学かなと思っていましたが、『OUT』にしましょう(^.^)
積読本の消化には、こういう一押しが大事なんですよねえ。

最近の桐野夏生読みなので、今のとこリストはこういう体たらくなのです。
Commented by at 2005-09-03 23:44 x
こんにちは(^^)『桐野夏生』で検索してきました。桐野さん大好きなんでうれしいです~w『OUT』も面白いですよwwうちのサイトにも気が向いたら来て下さい。始めたばっかですが本の話題が多いです。でわ!
Commented by 聖月 at 2005-09-04 06:18 x
雫さん こんにちは
実は桐野夏生、食わず嫌い&敬遠していたんです。女流作家につき、男には共感できん作品じゃないかなんて勝手に思って。
でも話題になり過ぎて読んだ『グロテスク』一冊で印象がまったく変わってしまいました。
紡がれる物語は面白い(^.^)
はい、遊びにまいります。


<< ◎「東京島」 桐野夏生 新潮社...      ◎◎「忍びの国」 和田竜 新潮... >>