2005年 10月 06日

図書館に予約できたことども


『血液魚雷』 町井登志夫
『悪党たちは千里を走る』 貫井徳郎


『血液魚雷』はこのミス大賞候補作品。
既存の作家の落選作品ということで、いつ発売されるのかな?と待っていた本。

図書館抄訳は
放射線科医・石原のもとに搬送されてきた心筋梗塞の患者。だが、ナノテク検査装置が映し出したのは、プロペラ型の鞭毛を備えた未知の寄生虫だった…。小松左京賞受賞作家が描くミクロの攻防戦。


貫井作品は初日予約でも待ち順9だったのだ。
[PR]

by kotodomo | 2005-10-06 07:40 | メモる | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/3579938
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< チンドン屋のことども      通勤電車のことども >>