2005年 10月 07日

トイレのドアのことども


一人暮らしの部屋。
評者にとってのトイレというところは、本や雑誌や新聞などを読む空間。

去年の夏のほうが暑かったはずなのに、今年のほうがなぜか暑さを感じて、
部屋はクーラーがんがん。で、トイレに入ると汗ダラダラ。
ということで、トイレのドアを開けっ放しにしたまま用を足すことを覚えた評者。

で、涼しくなった。でもドアは開けっ放し。
閉める理由を忘れてしまった。思いつかない。

しかし、こっちのほうが健康的ではないかい。
冬、暖房がんがんの部屋から入って、脳溢血で倒れることもないし。
夏、汗臭くなって、湿ったような汗かいたケツを拭くようなこともないし。

で、思ったのだが、独身女性なんかでもこういう人多いんじゃないの。
え?多くない?
でも、いるんじゃないの。いや、きっといる(キッパリ)。
だって、機能的なんだもん。

※ちなみに鹿児島の我が家では、嫁さんも二人の娘もトイレのドアは閉めない。
閉めるのは評者だけ。
彼女たちは、トイレの間も色んなコミュニケーション(ママ~、あの服どこ~?宿題終った~、見て)をとるのでドアは邪魔なのである。
いや、バーンとは開けてないよ。半ドア状態(^.^)


写真は◎『ABC戦争』阿部和重
[PR]

by kotodomo | 2005-10-07 07:53 | メモる | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/3584813
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 七生子 at 2005-10-07 12:14 x
私もつい最近、ダンナ出勤チビ幼稚園、赤ん坊は寝ている状態でトイレに入り、つい習慣でトイレのドア締めて鍵までかけた時に「…なんで、誰にも見られる心配がないクセにこんなことしてるんだ私」と思いましたです。
まだ半ドアにするには勇気がないけど、鍵だけはかけなくなりました。
夏場のトイレが暑くてかなわんとぼやいてるダンナに、今度の夏、ススメてあげることにします。
Commented by 聖月 at 2005-10-07 18:51 x
七生子さん 駄目です。旦那にそんなの薦めちゃだめ。
昔、我が家のオヤジがテレビを観るためにトイレのドア開けっ放しで入る馬鹿なやつだったけど、臭い!!!
一人暮らしじゃないといかんです。
七生子さんも、やっぱ鍵はかけてドア閉めとかないと、なんかの拍子で帰ってきた旦那が“お前、何やってんの\(◎o◎)/!”って。
これができるのはですね、部屋の鍵を一人しか持っていない人物の特典なのです(^.^)
Commented by usausa87 at 2005-10-07 23:16
きっぱりと言い切られたドアを開け放つひとり暮らし者です。
今思い起こせば、子供の頃、トイレのドアを閉めなさい!と親に怒られていました。
当時の我が家のトイレは昔ながらの木のドアをあけたらまず男性用、その奥にもうひとつドアがあってそこが女性用だったんです。
ドアを二つも閉めるの面倒!ってことで開けっ放し(半ドア)状態でした。
今は、閉めると暑いし、なんだか閉じこめられたような気がして…。
玄関の鍵閉めてるんだから、トイレのドアは閉めなくてもよい!と
全開にしてます(笑)
同じく一人暮らしの友達も全開だと言っていました。
これができなくなるから結婚したくないとか…。
Commented by 聖月 at 2005-10-08 03:32 x
うさぎさん カミングアウトありがとうございます(笑)
いや、始めてから思ったんですけど、これって恥じらいとかそういうのに関係なく男女も関係ないだろうなあって。
風呂やシャワーのあと、そこから出てきたら誰もいないのに、しっかり服着てる馬鹿らしさと一緒で・・・でも臭いのからみがありますが(笑)。

そうです、玄関のドアさえ閉めてればいいのです(^.^)

さあ、これを読んでいるそこのあなた!既成概念を吹き払って、心のドアとトイレのドアを開けるべし!


<< 世界の終りとハードボイルド・ワ...      チンドン屋のことども >>