「本のことども」by聖月

kotodomo.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 13日

オリジナル小噺を思いついた(^O^)/


福島日帰り出張から帰着。
『連鎖』真保裕一の書評を書こうと思っていたのだけど、なんか新幹線で疲れちゃってちゃってちゃったんだなあ。

でもね、そんな新幹線の中で、小噺を思いついちゃったんだんだなあ。
オリジナルのつもりだけど、きっと思いついた先人がいそうな・・・まあ、いいや。

聖月「昨日新幹線の中でさあ、リクライニングシートって、あれ倒したの。
なんか、いきなりバーンって感じで倒れたもんで・・・」

相棒「後ろのやつが、静かに倒せ、って怒ったとか」

聖月「後ろのやつの話ではあるんだけど・・・」

相棒「ほな、なんやねん。どないしたんや?(おっと!いきなり関西もどき弁)」

聖月「いや、バーンって倒れてさ。結構倒れるもんだね。
そしたら後ろのやつが、床屋さんみたいに髭あたってくれたの」

・・・・書いてみたら、全然面白くなかった・・・
[PR]

by kotodomo | 2005-10-13 18:45 | メモる | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/3616979
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 真保裕一のことども      あの受賞作よりこっちのほうがい... >>