「本のことども」by聖月

kotodomo.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 30日

朽ちぬらん 姉歯の橋も あさなあさな 浦かぜ吹きて 寒き浜辺に


マンション他建築物の構造設計のニュースに接して

どうも、この話他人事じゃない部分があって、
以前鹿児島から東京に出張したとき宿泊したのがプレッソイン東銀座。
この建物自体問題は今のとこないようだが、プレッソイン茅場町とか営業停止。

今のお仕事の本拠地がスカイコートというマンションタイプ。
これ自体も大丈夫のようだが、別のスカイコート早稲田は問題にあがっている。

先日は、群馬県伊勢崎市に出張。そのとき泊まったのが、伊勢崎サンホテル。
最近「姉歯系」という言葉が定着しつつあるが、このホテルはまさしく姉歯系の建物。
先日の新聞で、営業停止のニュースが・・・なんと評者は姉歯系の建物で一夜を過ごしたのだ。

ところで、このニュースが報じられた初日、評者も含め、多くの人はまだその深刻さに気付かず、
全然別のところの二つの疑問のほうが頭を過ぎったんじゃないだろうか?
①この建築士さん、かぶっていない?
②この名前って珍しいん、ちゃう?

ここのところのニュース続報で問題の本質はわかってきた評者なのだが、
上の二つの素朴な疑問はっていうと・・・

①はわかりました。はい、週間文春見出しに“髪型も偽造姉歯一級建築士「ゴミ屋敷に愛車はベンツ」”の記事があったので、はい、みんながやはり評者と同じ思いを抱いていたことよくわかりました、はい。

で、問題は②。
これが皇室にどなたかが嫁ぐ、もしくは皇室よりどなたかが嫁がれる御問題でございますれば、色んな人が出てきて、お家柄、お名前の珍しさによる由来の説明等もされあそばすのでしょうが・・・誰も語らん。

例えば、評者が中学生のときに理科の教師にユゲという姓の教師がいたが、
当時は薬缶から出てくる湯気(ユゲ)くらいのイメージしか持ち合わせていなかったアホな自分がいた。

漢字では実際、弓削(ユゲ)と書くわけで、近年北森鴻の冬狐シリーズなどを読むことにより、大昔、朝鮮半島から職人たちが渡ってきて、鉄を鋳る人々とか多くの職業の中で弓を作る職人に由来していることを知り、おお、名前に歴史や背景あり、オモロイなあと感じたりしたわけである。

まあ、評者の苗字は森で、多分、出処近辺に森があったんだろう。ツマラン。
嫁さんの旧姓は山下で、多分、出処近辺が山の下にあったんだろう。ツマラン。

で、もう一度・・・姉歯である。姉の歯である。
姉の歯がどうしたの?と言いたくなる、このお名前の由来は誰もニュースしてくれん。
だから、ほんの少しだけ調べてみたアカデミック評者。

宮城にはある程度ある名前らしい。
すると地名か?と思い、もう少しだけ調べてみると、件名の歌、
“朽ちぬらん 姉歯の橋も あさなあさな 浦かぜ吹きて 寒き浜辺に”に行き当たる。
岩手の湘南、陸前高田市で広田湾に注いでいる気仙沼に架かっている橋の名前である。
宮城県栗原郡金成町にも姉歯の橋(弱小橋で、姉歯の松のほうが有名)があり、そういうことから宮城に散見される名前らしい。
高田市史によれば
「姉妹高田より出たりと言う。能因の歌海浜近き橋を詠せる時は疑らくは今の今泉川に渡せる橋ならんか。今泉川昔より寛永の頃までは高田村の中を流れて海に注ぎけると言へり。人の旅立ちをば橋辺りまで送る事なれば 彼の姉が都への首途彼の橋まで送て柳條を綰ねたりしを後に姉歯の名に因みて其の橋をも斯く称せしや」とある・・・意味がようわからんが、そういうことらしい。
多分、少し惜別のこもったお名前?
マンションを立ち退かざるを得ない人々の内心にも、憤怒や苛立ち以外に、惜別の思いを抱く人もいるのかもしれない。
[PR]

by kotodomo | 2005-11-30 07:21 | メモる | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/3842498
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by のぽねこ at 2005-11-30 19:11 x
こんばんは、のぽねこです。
仙台で一人暮らししていたとき、サークルの関係で金成町に毎年何度も行ってました。住所に姉歯とあり、珍しい地名だなぁと思ったのを思い出しました。
なんだか懐かしい地名だな、と思い、コメントさせていただきました。
では、失礼します。
Commented by 聖月 at 2005-11-30 23:23 x
のぽねこさん こんばんは(^.^)
やはり地方地方で独特のものありますね。
鹿児島の場合、色々ありますが、例えば、私の姓、森と、嫁さんの姓山下。
これは全国ランキングだとほぼランキングは一緒。
しかし、私の過去の同級生で森は二人しかいませんでした。一方、山下は各クラスに一人以上、三人くらいみたいに違いましたね。

あと迫がつく名前を聞くと、鹿児島出身かなと思います。
そのまま迫さん、大迫さん、森迫さん、竹迫さん、西迫さん・・・
のぽねこ迫さんはないような気がしますが、猫迫さんぐらいはあるかも(^.^)
Commented by ごりょう at 2005-11-30 23:35 x
こんばんは。私も、彼の髪は偽造だって思ってたよ。やっぱりね。
苗字の話ですが、私のもかなり珍しいですが、これも由来は地名なんだそうです。聖月さんの相棒のお父様にその昔学校訪問でお会いしとき、何故かそういう話をされてました。
Commented by 聖月 at 2005-11-30 23:43 x
おお、ごりょう、珍しいやんけ?っていうか、ブログになってから初めてだっけ。
うんうん、中学から大学まで同級のあなたの苗字は慣れ親しんでいるけど、他に出会ったことも、聞いたこともないよね、よく考えると。
なるほど、仕事の相棒の父親は歴史に造詣が深い人だし。特に民俗学なんかね。

彼の髪は偽造なんですが・・・偽造っていう文春の見出しにもねえ・・・笑っちゃいました(^.^)
Commented by ごりょう at 2005-12-01 15:08 x
カキコは通算2回目よ、自慢じゃないけど。根がシャイなもので・・・
あの建築士さん、かぶっているとすると、本人が名乗らない限り、「あの偽造屋さんだ」てわからいないかもね、道で会っても。
Commented by 聖月 at 2005-12-01 15:34 x
おお、2回目でしたか。
昔じゃっどのとき、ごりょうさんから貰った『深い河』の書評で登場したのは憶えていたけど・・・
俺もかぶろうかねえ(笑)っていうか、最近は真剣に眼鏡を考えているの・・・老眼の。眼鏡かけたことないから、シャイで中々踏み切れないのさ。


<< 〇「サルバドールの復活」上下 ...      今年をまたしても振り返る・・・... >>