2006年 01月 05日

直木賞:東野圭吾に決定! 芥川賞は絲山秋子!?

いやあ、東野圭吾君おめでとう。
正式にはまだ決定してないようだが、今夜はもうお祝いだあ。
長かったよなあ。
平成10年下半期に△『秘密』が候補に。
平成11年下半期は◎◎『白夜行』で逃し、
平成13年上半期には△『片想い』で、これは元々駄目そうだったけど、
平成15年上半期では◎『手紙』でもまだ駄目、
平成16年上半期には◎◎『幻夜』でも『白夜行』の雪辱は果たせず・・・
やっとだねえ。万歳だねえ。

いや、実は確信を持った、まだ予想の段階ではあるが、間違いない。
だって◎◎『容疑者Xの献身』で取れなきゃ、もう今後どんな作品書いてもあげようがないもん。
自分の好みからいえば『白夜行』のほうが好きだが、完成度、万人向けの大衆娯楽小説としては、今回はピカイチだもんね。
多分、これで受賞を逃したら、東野圭吾は東野圭吾をやめるね。
東野圭吾の名前で取れないのだったらと、多分、舞城幸太郎とかいう名前で書き出すだろう。


一方、芥川賞は確信が持てないが、絲山秋子ね。
平成17年上半期に◎◎『逃亡くそたわけ』で間違って直木賞のほうに立ったが、この人は芥川賞の人だ。
だから、今回芥川賞を受賞して、芥川賞作家たらんとなるという構図である。
去年の直木賞候補は間違いだったと、文壇が謝る構図だ。実に美しい。
その前は、ずっと芥川賞候補の常連だった。
平成15年上半期に◎『イッツ・オンリー・トーク』で初の候補に、
平成15年下半期には◎◎『海の仙人』で連続候補に、
平成16年上半期には『勤労感謝の日』で候補に。
今回『沖で待つ』で受賞して、そして『逃亡くそたわけ』で本屋大賞を受賞する。
そうすると平成2年上半期に『妊娠カレンダー』で芥川賞を受賞し、◎◎『博士の愛した数式』で本屋大賞を受賞した小川洋子的黄金比率構図が完成するわけで、実に美しい。

この二人が受賞すると、本の売行きがよくなり、東野圭吾なんか、色んな出版社から本を出しているわけで、各社大喜びの構図が美しい。

世の中は美しさで成り立っているのである。
“背中で泣いている~男の美学~♪”ってルパン三世の主題歌も言っているように、美学が大切である。

ちなみに正式発表は1月17日。
それぞれの候補者は以下の通り。

直木賞

伊坂幸太郎
(いさかこうたろう) 「死神の精度」(文藝春秋)
荻原 浩
(おぎわらひろし) 「あの日にドライブ」(光文社)
恩田 陸
(おんだりく) 「蒲公英草紙」(集英社)
恒川光太郎
(つねかわこうたろう) 「夜 市」(角川書店)
東野圭吾
(ひがしのけいご) 「容疑者Xの献身」(文藝春秋)
姫野カオルコ
(ひめのかおるこ) 「ハルカ・エイティ」(文藝春秋)

芥川賞
伊藤たかみ
(いとうたかみ) 「ボギー、愛しているか」(群像十二月号)
絲山秋子
(いとやまあきこ) 「沖で待つ」(文學界九月号)
佐川光晴
(さがわみつはる) 「銀色の翼」(文學界十一月号)
清水博子
(しみずひろこ) 「vanity」(新潮十月号)
西村賢太
(にしむらけんた) 「どうで死ぬ身の一踊り」(群像九月号)
松尾スズキ
(まつおすずき) 「クワイエットルームにようこそ」(文學界七月号)
[PR]

by kotodomo | 2006-01-05 14:28 | メモる | Trackback(24) | Comments(21)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/3992805
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from でこぽんの読書日記 at 2006-01-05 15:23
タイトル : [本]第134回芥川、直木賞候補作が発表されました。
MNSニュースより。 http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/gakugei/news/20060105ddm003040018000c.html ●芥川賞         年齢    候補作                  候補回数 伊藤たかみ  34 「ボギー、愛しているか」(群像12月号)    2 絲山秋子   39 「沖で待つ」(文学界9月号)           4 佐川光晴   40 「銀色の翼」(文学界11月号)          4 清...... more
Tracked from 読書blog at 2006-01-05 15:27
タイトル : 直木賞・芥川候補作決定です。
日本文学振興会は4日、第134回芥川賞、直木賞の候補各6作を発表した。選考委員会... more
Tracked from 本を読む女。改訂版 at 2006-01-05 16:35
タイトル : 芥川賞&直木賞候補作発表
芥川賞&直木賞候補作発表ですね。 アサヒコム情報によりますと 芥川賞候補 伊藤たかみ「ボギー、愛しているか」(群像12月号) 絲山秋子「沖で待つ」(文学界9月号) 佐川光晴「銀色の翼」(同11月号) 清水博子「vanity」(新潮10月号) 西村賢太「どうで死ぬ身の一踊り」(群像9月号) 松尾スズキ「クワイエットルームにようこそ」(文学界7月号) 直木賞候補 伊坂幸太郎「死神の精度」(文芸春秋)(感想) 荻原浩「あの日にドライブ」(光文社) 恩田陸「蒲公英(たんぽぽ)...... more
Tracked from 日々のちょろいも at 2006-01-05 20:00
タイトル : 134回直木賞候補発表!
 134回芥川賞&直木賞候補が発表になりましたな。 ・芥川賞候補作 「ボギー、愛しているか」伊藤たかみ(群像12月号) 「沖で待つ」絲山秋子(文学界9月号) 「銀色の翼」佐川光晴(文学界11月号) 「vanity」清水博子(新潮10月号) 「どうで死ぬ....... more
Tracked from 粗製♪濫読 at 2006-01-05 20:30
タイトル : 直木賞(+芥川賞)候補作発表と受賞作予想
第134回直木賞候補作が発表されました。 (・文芸春秋HP) 伊坂幸太郎 「死神の精度」 (文藝春秋) 候補4回目 荻原浩 「あの日にドライブ」 (光文社) 1回目 恩田陸 「蒲公英草紙」 (集英社) 2回目 恒川光太郎 「夜市」 (角川書店) 1回目 東野圭吾 「容疑者Xの献身」 (文藝春秋) 6回目 姫野カオルコ 「ハルカ・エイティ」 (文藝春秋)3回目 さて、いろいろなblogで予想がされています。同情票を含めて東野圭吾が一番人気のようです。私の予想は…東野・恩田のW受賞で...... more
Tracked from 雑食レビュー at 2006-01-05 21:46
タイトル : 芥川賞直木賞候補
第134回芥川賞、直木賞の候補作が決まったもようです。 asahi.com: 芥川賞候補に松尾スズキさん 直木賞とともに候補作発表 - 文化・芸能 http://www.asahi.com/culture/update/0105/001.html 注目は芥川賞の松尾スズキでしょうか。絲山秋子はまた芥川賞候補に戻りましたね。 また、直木賞は実力派ぞろいという印象。東野圭吾で決まり!と言い切るわけにはいかないかな?? 17日の選考会までにいくつかの作品を読んでおきたいとは思いますが…...... more
Tracked from IN MY BOOK b.. at 2006-01-05 23:10
タイトル : 芥川賞&直木賞候補発表
されましたねー。冬休み中に読んだ本の感想がUPできないまま放置されているのに、ひと言、書いておきたくなってしまいました。受賞作発表の前に。あくまでも、私見です。 芥川賞に関しては、 伊藤たかみ  「ボギー、愛しているか」(群像十二月号) 絲山秋子 「沖で待つ」(文學界九月号) 佐川光晴  「銀色の翼」(文學界十一月号) 清水博子  「vanity」(新潮十月号) 西村賢太  「どうで死ぬ身の一踊り」(群像九月号) 松尾スズキ  「クワイエットルームにようこそ」(文學界七...... more
Tracked from 姫川みかげの しゃんぶろ.. at 2006-01-05 23:37
タイトル : [本]「第134回直木賞」大予想!!
ネットのあちこちで、あの人もこの人も予想してるから私も久々に予想しちゃおうっと。 今回の直木賞候補作は次のとおり。 伊坂幸太郎 「死神の精度」(文藝春秋) 荻原 浩 「あの日にドライブ」(光文社) 恩田 陸 「蒲公英草紙」(集英社) 恒川光太郎 「夜 市」(角川書店) 東野圭吾 「容疑者Xの献身」(文藝春秋) 姫野カオルコ「ハルカ・エイティ」(文藝春秋) ここで、直木賞受賞作の特徴をおさらいしてみましょう。多少(?)独断が混じってますが、そんなに間違ってな...... more
Tracked from AOCHAN-Blog at 2006-01-06 11:19
タイトル : 第134回芥川賞/直木賞候補作発表!!
第134回芥川賞、直木賞の候補作が発表されました。 (クリックするとbk1に飛びます) ■芥川賞 伊藤たかみ「ボギー、愛しているか」(群像 12月号) 絲山秋子「沖で待つ」(文学界 9月号) 佐川光晴「銀色の翼」(文学界 11月号) 清水博子「vanity」(新潮 10月号) 西村賢太「土の中の子供」(新潮 4月号) 樋口直哉「どうで死ぬ身の一踊り」(群像 9月号) 松尾スズキ「クワイエットルームにようこそ」(文学界 7月号) ■直木賞 伊坂幸太郎「死神の精度」(文藝春秋) ...... more
Tracked from ぱんどら日記 at 2006-01-07 01:41
タイトル : 直木賞候補&芥川賞候補
受賞者予想については、本ブログに参加しているブロガーのかたがたが興味ぶかい記事を書いておられるので、そちらを参考にしていただきたい。 私は文学賞のゆくえに関わらず、自分の読みたいものだけを読んでいるワガママな読み手であるから、そういう予想などできる....... more
Tracked from 活字中毒日記! at 2006-01-07 09:31
タイトル : 第134回直木賞大胆予想!
恒例の直木賞の大胆予想を行います。 まず私の基本スタンスから 前回予想と同じく直木賞に対する私のスタンス(考え方)は下記のとおりです。 その作品の良し悪しは4割程度のことで、その作家の今までの功績1割ぐらいと将来性が5割程度問われる賞である。 ということで直木賞は2〜3回目のノミネートが一番受賞されやすい。 あと、データ的には次のとおりです。 第121回〜第133回までの13回中の受賞作品の出版社別の数字です。(右側青字が今回のノミネート作品) 受賞作品合計19作品 文...... more
Tracked from 今日はちょうどよい日和だから at 2006-01-07 10:13
タイトル : [メモ]第134回芥川、直木賞、候補作が発表。
 ●芥川賞         年齢  候補作        候補回数 伊藤たかみ  34 「ボギー、愛しているか」(群像12月号)    2 絲山秋子   39 「沖で待つ」(文学界9月号)          4 佐川光晴   40 「銀色の翼」(文学界11月号)         4 清水博子   37 「vanity」(新潮10月号)        2 西村賢太   38 「どうで死ぬ身の一踊り」(群像9月号)     初 松尾スズキ  43 「クワイエットルームにようこそ」(文学界7月...... more
Tracked from 読書飛行 at 2006-01-07 14:13
タイトル : あけましておめでとうございます&直木賞と芥川賞予想
なかなか気力も涌かず、日記を書くことが出来ていませんでした。最近よんだのは瀬野秀明『八月の博物館』吉田篤弘『百鼠』岡崎裕信『滅びのマヤウェルこの愛がナイフでも』片山憲太郎『紅』桜庭一樹『ブルースカイ』など。さて。直木賞と芥川賞の候補が決まったようです。...... more
Tracked from アイツのヒトリゴト at 2006-01-07 16:49
タイトル : 第134回直木賞予想
芥川賞はわからないから、予想はしません。 この予想って一度も当たったことないんだよな。 というわけで、予想行ってみよう! ... more
Tracked from ALWAYS鯖田鮫蔵的批.. at 2006-01-08 02:34
タイトル : あの消えそうに燃えそうなステンレスの心(松尾スズキ『クワ..
 私事だが、1年半前に愛車を車検に出したときの担当者は、スズキの松尾さんという人だった。  ところで話は変わるが、演出家兼脚本家兼映画監督兼俳優、松尾スズキの第134回芥川賞候補の小説「クワイエットルームにようこそ」は、出だしから惹きつける。  「普通に地...... more
Tracked from 【書評】鬼太のブックレビュー at 2006-01-10 23:35
タイトル : 第134回芥川賞(平成17年度下半期)  途中
候補作 伊藤たかみ『ボギー、愛しているか』(群像12月号) 未読 絲山秋子『沖で待つ』(文學界9月号)  A 書評 サラリーマンの同期の男女のゆったりとした、恋でも友情でもない連帯感のような情の詰まった物語。◆心温まる小話をきれいに配置した箱庭のような小説であ...... more
Tracked from AOCHAN-Blog at 2006-01-17 20:42
タイトル : 第134回芥川賞/直木賞受賞作発表!!
第134回芥川賞、直木賞の受賞作が発表されました。 (太字にしてます) ■芥川賞 伊藤たかみ「ボギー、愛しているか」(群像 12月号) 絲山秋子「沖で待つ」(文学界 9月号)[:祝:] 佐川光晴「銀色の翼」(文学界 11月号) 清水博子「vanity」(新潮 10月号) 西村賢太「どうで死ぬ身の一踊り」(群像 9月号) 松尾スズキ「クワイエットルームにようこそ」(文学界 7月号) ■直木賞 伊坂幸太郎「死神の精度」(文藝春秋) 荻原浩「あの日にドライブ」(光文社) 恩田陸「...... more
Tracked from 直木三十五記念館の日々 at 2006-01-18 11:27
タイトル : 東野圭吾さん受賞おめでとう
 134回直木賞は大本命で候補になること6回目にして東野圭吾さんが受賞。 当念館で実施した「長屋路地裏選考会」では私が受賞は姫野カオルコ「ハルカエイティ」だと強烈に主張してみごとにはずした。  しなしながらこの無責任企画「長屋路地裏選考会」はおもしろかった。読売新聞の記事を見て参加できないが電話で是非自分の予想を話したいと東大阪在住の男性。  「僕は30年間直木賞、芥川賞に興味をもってみまもってきました。今回の受賞は姫野カオルコに間違えないです。世間では東野圭吾が受賞するといってるがそれはないんです...... more
Tracked from my all.. at 2006-01-18 13:15
タイトル : 東野圭吾氏、直木賞受賞!
東野圭吾作「容疑者Xの献身」が第134回、直木賞を受賞したと知り、とてもとても喜んでいます。 実はまだ「容疑者Xの献身」は読んでいません。このミス(このミステリーがすごい)で1位にランキングされたのは知っていたので、早く読みたいのですが、何せ図書館フリークの私ですので、予約待ち中なのです。つまりそれだけ、人気作品というわけなのですが。 私は江戸川乱歩賞受賞作の「放課後」を読んで以来、ずっと東野圭吾作品はできるだけ読んでいます。だって、面白いんですもの! ワタクシ的な面白かった上位5作...... more
Tracked from ソフトorハード at 2006-01-18 21:26
タイトル : 東野圭吾 「容疑者Xの献身」で第134回直木賞受賞 おめ..
書店に入ったら、ズラズラーッと目に飛び込んできたのが山田孝之と綾瀬はるかの顔。 「白夜行」の文庫本が、表紙を二人の顔に変えてワンコーナーに並べられている。 ドラマの注目度はけっこう高いようですね。 その「白夜行」のドラマ放映によって注目を集めている作家、東..... more
Tracked from 猛読醉書 at 2006-01-19 17:53
タイトル : 芥川賞と直木賞だ
第134回芥川賞・直木賞の候補作品が発表になりましたね。候補作を並べて、ちょっと書評。<芥川賞>伊藤たかみ 「ボギー、愛しているか」     (群像12月号)絲山秋子  「沖で待つ」           (文学界9月号)佐川光晴  「銀色の翼」    ...... more
Tracked from のへぴょんのスゝメ at 2006-01-21 12:27
タイトル : 東野圭吾直木賞オメ!!ドラマは「白夜行」要チェック
【重版予約】 容疑者Xの献身 東野圭吾さん直木賞受賞おめでとうーーー!!!! 受賞作「容疑者Xの献身」は最後だけ読みました(ヲイ 東野さんは、基本的に推理小説作家ですが、事件を通して、犯人や被害者のやんごとなき事情の「やるせない」ドラマを描くのが非常に上手いお方です。 「愛」や「哀しみ」がどうしようもなく匂いたってくる感じ・・ って一冊丸々読んだこと、まだないんだけどね(ヲイ 話の内容を伝え聞くと、そんな印象がします。 人間というものを大事にしているというか、 ...... more
Tracked from kasokage at 2006-01-21 14:48
タイトル : 「天空の蜂」がイイ/東野圭吾さん祝!直木賞受賞
第134回芥川・直木賞 受賞者決定 第134回直木賞は東野圭吾さんに決定! 第134回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考委員会が17日、東京・築地の「新喜楽」で開かれ、芥川賞が絲山(いとやま)秋子さん(39)の「沖で待つ」(「文学界」9月号)に、直木賞は東野圭吾さん(47)の「容疑者Xの献身」(文芸春秋)に決まった。ともに、何度も候補になったことのある実力派の受賞になった。 ようやく東野圭吾が直木賞を受賞したようです。 いったい何回直木賞候補になったんでしょうか。『秘密』、『百夜行...... more
Tracked from わたし的ちょこっとだけシ.. at 2006-01-22 09:58
タイトル : お熱いのはお好き??
バンサーイ すきで よかった ちょーうれしい ビックニュースです 「亀田場所」がゴールデンタイムでTV放送決定。 ☆3.8☆TBS☆PM9:00〜10:00☆(全国ネット) 興毅くんは「とうとうオレもここまで来たなと思った。 視聴率は平均で15%以上は行きたいな。同...... more
Commented by エルフ at 2006-01-05 15:24 x
なるほど、直木賞は東野圭吾、芥川賞は絲山秋子なんですね(笑)。

絲山さんは前回直木賞候補にあがっていたので今回は芥川賞の方で候補になっていたのが意外だったのですが、これが間違いだったとは(笑)。
そして!東野圭吾はこれでとれなければもう一生直木賞候補に名前が出ない方が幸せですよね。またか、またかといわれ続けて何回目なのでしょう。「さまよう刃」なんて無視状態でしたし。(「黒笑小説」であれこれ書いたからかしら?と疑ってみたりもしましたが。)
もうこれで逃したら本当改名して新人として出るしかないですよね。
舞城幸太郎なんて本好きであれば思わず手に取りそうな名前も用意されていますし。(^.^)
聖月さんのコメントがおかしくて頷きながらも笑いっぱなしでした。

さて17日の選考会が楽しみですね~。
Commented by 聖月 at 2006-01-05 15:46 x
昨年は阿部和重が候補になった時点で芥川賞は阿部ちゃんと公言し、図書館に全部の既刊予約入れて一山当てた聖月様です。
しかし、いまだかつて、直木賞を当てたことがないという達人でもあります。
記事、可笑しいですか?難しい顔をしながら、搾り出した文章なのですが(笑)

絲山秋子は文芸作家ですね。『逃亡くそたわけ』は、そんな彼女が『博士の愛した数式』的な大衆受けするアイディアに恵まれた作品かと。

17日の選考会、直木賞当たっても大騒ぎしないですが、芥川賞が当たったら嬉しいなあ、そんな感じです。
当たったらっていうより、早く取ってほしい、そんな気持ちですね。
Commented by ちょろいも at 2006-01-05 19:44 x
あけましておめでとうございます!!

うんうん、やっぱり直木賞は東野圭吾ですね!!
いい加減取ってもらわないとこっちの夢見が悪いったら(笑)。

それにしてもやっぱり聖月さんの記事は気持がいいなあ(笑)。
というわけで今年もどうぞよろしくおねがいいたします(はぁと)。
Commented by bibliophage at 2006-01-05 21:19
聖月さん、こんにちは。
やはり東野圭吾一番人気ですね。複勝で買いましたが…。
Commented by すみたこ at 2006-01-05 22:17 x
直木賞候補の中では姫野カオルコだけ読んでないですが、個人的に「夜市」にとって欲しいなあ。

 東野さんはもう、無冠の帝王として君臨してください。
Commented by 聖月 at 2006-01-06 09:37 x
ちょろいもさん あけおめです(^.^)
おお!気持ちいいと言ってくださるですか。
実は夕べ飲み過ぎて気持ちが悪い(^^ゞ

とにかくですね、ここらへんですっきりさせんといかんです。
Commented by 聖月 at 2006-01-06 09:41 x
bibliophageさん こんにちは。
多分ですね、国民投票なんかしちゃうと、東野圭吾断トツですね。
伊坂のほうが好きな作家なのですが、今回は作品的にもこれで。
Commented by 聖月 at 2006-01-06 09:45 x
『夜市』すみたこさん高評価だったので、図書館に予約入れるも、間に合いそうになく予約取り消した本です。
内容はよくわからないのですが、『夜市』が取ると、『花まんま』に続き広義のSF受賞で少し幅が狭いような。
というか、東野取るだす。もう決まってるだす。直木賞に今更予測はないだす。
Commented by 姫川みかげ at 2006-01-07 13:46 x
私も死ぬほど東野さんに取ってほしいけど、渡辺大先生がいらっしゃる限り受賞しないような気が…。なんか東野さんはこのまま、直木賞のハルウララになっちゃいそうな気がします(^^;
というわけで、私の予想は「うーん、今回の作品は今一つかな?」っていう伊坂&姫野のW受賞ってことで。あー、17日が楽しみ~
Commented by 聖月 at 2006-01-07 14:56 x
みかげさん どうも世の中の皆様、わかっていない。
私、東野圭吾が取ろうが取るまいが、そこまで喜んだり落胆するほどの思いはないのです。
予想とか願望もなし。
ただ、あれ決まったじゃん!と決定の文字を打っただけで、選挙の当然確実みたいなもので、すなわち決定報を知らしめたのみで・・・(笑)
私の心の中のデスク(編集長)が、決定!!!の見出しでいってよろしいと(笑)
Commented by 鬼太 at 2006-01-11 00:06 x
聖月殿、こんばんは。
3連休ひきこもりで芥川賞候補2/3読んでみました。絲山秋子は初めて読みましたが(文庫になっていないので・・・)、なかなかグッドでした。が、一点気になったのが、絲山秋子ってファンタジックな感じを出す作品は他にもあるのでしょうか。沖で待つはその点が少しひっかかりました。ちょっと内容が薄まっちゃったかなと(大きなお世話ですが!)。しかし、黄金比率構図は面白いですね!
松尾スズキはめちゃめちゃなようでいて、最後にはスッとまとまっていて、個人的にはこれまたなかなかいい作品でした。好き嫌いはあれど、お薦めです。
Commented by 聖月 at 2006-01-11 09:53 x
鬼太さん こんにちは
絲山秋子は『海の仙人』が一番ファンタジックですね。
ファンタジイという登場人物が出てくるくらいですから(^.^)好きな作品です。
でも万人向けのお薦めはやはり『逃亡くそたわけ』でしょう。本屋大賞を取る前に是非。
いい作家だし、いいおばさんなので、芥川賞やっちゃっていいかと(笑)大学の後輩にあたるし(笑)
松尾スズキ、下馬評が結構高いですね。私、この作家、今回初めて名前を認識した作家でもあります。
でも、そうやって、あらかじめ予習すると、祭りも盛り上がりますね(^.^)
Commented by エルフ at 2006-01-17 19:59 x
こんばんわ~、聖月さん。

直木賞、芥川賞とも予言通りでしたね~。1月5日の時点で両方とも当てられるとは。
東野氏も改名しなくてよくなってホッとしていることでしょう。(笑)

私は「容疑者X」の帯が今から楽しみです。「このミス」の帯から「直木賞受賞」に一気に変わるのかなぁ~と。(^・^)


Commented by 聖月 at 2006-01-17 20:23 x
あ!凄い! こんなに早く、東野、絲山の当確うっている人がいるなんて(笑)
エルフさん、どうもです(^^ゞ
でも、初めてなんです、直木賞当てたの、ワーイ(^O^)/

あとは、秋子殿が本屋大賞を『逃亡くそたわけ』でとってくれれば、美しいのですが。

“背中で泣いている~男の美学~♪”
Commented by いっちゃん at 2006-01-17 20:35 x
聖月さん、マイドです☆

見事予想的中ですね!!!すげ~。

ボクはゼッタイ東野さんはナイと思っていたので、我ながら状況を読むセンスがないなぁとがっくり(涙)

まぁドラマ「白夜行」、視聴率がシンパイですが、ドラマ化&直木賞ってことで、ついに東野さんブレイク!ですかね。

なんだかちっともブレイク感のないブレイクのような気がしますけれども。
Commented by 聖月 at 2006-01-17 22:37 x
いっちゃんさん ども!
上に書いた文章読むと、本当にこの二人が取らないと美しくないと思ってしまうほどの美文で、多分選考委員の人たちも、この記事に影響されたんでしょうねえ。

東野圭吾、ブレイクしますよ。意外に、この作家知られていないんですよ。
自分たちは、電脳世界のこういう分野でよく知っているつもりですが、私なんか知ったの・・・5年前?『秘密』とかそのあたりで。

嫁さんも、初めて知った作家が取ったとメールで喜んでおりました。
『嘘をもうひとつだけ』と、『名探偵の掟』は読ませましたので、はい。
Commented by ざれこ at 2006-01-18 00:32 x
聖月さんさすがの大当たりでしたね。今読んだら笑えるくらいですねー。読者大賞blogでも12月からやってた予想でも見事的中。早すぎです(笑)
ってことで実は知らなかったでしょうけど当たった方にはプレゼントがあるのです。言い出した私もちょっと忘れてたくらいなんですけど。今から非公開コメント送るんでびっくりしないで下さいね。
Commented at 2006-01-18 00:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 聖月 at 2006-01-18 08:50 x
ざれこさん おはござです(^.^)
上の文章、今読んでも素晴らしい。
まるで受賞が決まったあとに、調べて書いたような、そんな気迫と美しさが(笑)
しかし・・・馬券が売ってれば、大当たりだったのにい・・・芥川・直木連勝複式でも2300円はついたかもしんない。
でも、いいや、ざれこさんとこで、折りたたみ自転車くれるんなら(^.^)
Commented by giichan0817 at 2006-01-22 10:01 x
はじめまして。TBさせていただきました。 TBだけでは、亀田くんの記事のようなので、コメント書きました。亀田くんの記事の下に書いています
東野作品の大ファンで、この受賞も自分のことのように嬉しいです。
Commented by 聖月 at 2006-01-22 10:48 x
giichan0817さん はじめましてのこんにちは(^.^)
東野圭吾、これでなんか呪いがとけたような感じですね。
今までも売れっ子ですが、ますます人気が出そう。
直木賞受賞作家で、今後もミステリーな小説を書き続けるであろう作家。
よく考えると貴重な存在ですね。


<< 明日は菜の花マラソン      ダカーポを買いたまえ >>