2006年 04月 04日

全国書店員に告ぐ 『告白』に投票せよ

1月20日に書いた記事である。
明日4/5の夜に発表である。



いよいよ“全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 本屋大賞”の一次ノミネート発表さる!

おお!たくさん読んでるなあ自分は。

未読 『県庁の星』 桂望実(小学館)
◎◎ 『告白』 町田康(中央公論新社)
◎◎ 『サウスバウンド』 奥田英朗(角川書店)
◎◎ 『さくら』 西加奈子(小学館)
  ○ 『死神の精度』 伊坂幸太郎(文藝春秋)
  ○ 『その日のまえに』 重松清(文藝春秋)
未読 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 リリー・フランキー(扶桑社)
  × 『ナラタージュ』 島本理生(角川書店)
◎◎ 『ベルカ、吠えないのか?』 古川日出男(文藝春秋)
◎◎ 『魔王』 伊坂幸太郎(講談社)
◎◎ 『容疑者Xの献身』 東野圭吾(文藝春秋)

以上11作だそうで。こやって見ると、評価記号とチョイスは結構あっている・・・
が、『ナラタージュ』は・・・女性の評判がいいしなあ。

本当に人にどんどん読んで欲しい本、そういう意味では評者は『告白』と『サウスバウンド』(^.^)

全国の書店員は、自分が感じ入った本『ナラタージュ』ではなく、人に薦めたい『告白』か『サウスバウンド』に投票したまえ。
それが本屋大賞の信用、本の売行き、自分の給料に跳ね返ってくるど!

『告白』に投票して給与をあげよう!キャンペーンじゃあ!!!写真が違うって(笑)
[PR]

by kotodomo | 2006-04-04 10:29 | メモる | Trackback(3) | Comments(2)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/4053571
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雑食レビュー at 2006-01-20 16:41
タイトル : 2006年本屋大賞
ノミネート作品11作が発表になりました。 http://www.hontai.jp/index.html 本屋さんが「売りたい」本を選ぶ本屋大賞ですが、ノミネート作を見てるとちょっと疑問が。『東京タワー』とか『容疑者X……』とか、そりゃもちろんおもしろいんだろうし、売りたいんだろうけど、もうすでに売れてるじゃん。すでに読者の評価も得られてるじゃん。そういうのじゃなくて、書店員ならではの「読み」に期待したいんですけど……。 とりあえず「発掘部門」に期待。 受賞は『ナラタージュ』か...... more
Tracked from 本を読む女。改訂版 at 2006-01-20 17:00
タイトル : 本屋大賞ノミネート発表
ライブドア問題に悩んでたら本屋大賞ノミネート作が発表されていた。 本屋大賞ノミネート作品 「県庁の星」桂望実 「告白」 町田康(感想) 「サウスバウンド」奥田英朗(感想) 「さくら」西加奈子 「死神の精度」伊坂幸太郎(感想) 「その日のまえに」重松清 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」リリー・フランキー(感想) 「ナラタージュ」島本理生(感想) 「ベルカ、吠えないのか?」古川日出男(感想) 「魔王」伊坂幸太郎 「容疑者Xの献身」東野圭吾(感想) 私「サウ...... more
Tracked from 幻のドルシネア at 2006-02-05 11:33
タイトル : 本屋大賞
全書店員が選んだ1番売りたい本! →本屋大賞:二次投票受付け中 第1回 大賞:博士の愛した数式:小川洋子 2位:クライマーズ・ハイ:横山秀夫 3位:アヒルと鴨のコインロッカー:伊坂幸太郎 4位:永遠の出口:森絵都 5位:重力ピエロ:伊坂幸太郎 6位:4TEEN:石田衣良 7位:デッドエンドの思い出:よしもとばなな 8位:終戦のローレライ:福井晴敏 9位:陰摩羅鬼の瑕:京極夏彦 10位:ららら科學の子:矢作俊彦 第2回 大賞:夜のピクニック:恩田陸 2位:明日の記憶:荻原浩...... more
Commented by きっちん at 2006-01-22 13:52 x
はじめまして♪
いつもこっそり拝見していたのですが、初コメントします。
あ、サウス・バウンドでトラックバックもしていました(^-^;

僕もノミネートの全作品を読んだわけではないのですが、
サウス・バウンドに取ってもらいたいなぁと思います。
売れている作家ですが、たくさんの人に読んでもらいたい作品ということで。

告白は未読なので、近いうちに読んでみたいな、と思います。
Commented by 聖月 at 2006-01-22 15:15 x
きっちんさん こんにちははじめまして(^.^)

友人に本を贈ろうとして、『告白』を捜したけど、結局その店では発見できなくて『サウスバウンド』を先日贈りました。
ようするに多くの人に読んでほしい、そういう気持ちの延長でのチョイス。
どちらの本もステキ、でも本屋で迷う前に『告白』が自分の中では上だったみたいな。
ただし、友人の性質によっては、最初から『サウスバウンド』を選ぶこともあると思います。
本屋大賞で選ばれるべき作品って、自分の中ではそんな本なんですよね。
面白かったから『容疑者Xの献身』を贈ろうと思っても、多分読んでいるだろうなあ、この本読んでいないだろうなあ、でも面白いんだよ、で贈るみたいな(^.^)


<< テレビニュースのことども      節約と愛の狭間のことども >>