「本のことども」by聖月

kotodomo.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 01日

青春一人バトン 押さえ込まれ篇


まだ東京。
今から静岡へ。

高校時代、同じクラスにバレーをやっている友人がいて、
彼は当時珍しく、下宿に住んでいて、
学校帰りに、たまに寄ったりして、
何かの拍子に“女は男に襲われたら逃げられないものだ”という誰かの発言があり、
身長194センチのそのバレー部の男が、自分を女に見立て襲う実験が開始された。
押さえこまれ、または押し広げられ・・・なるほど、と実証された当時の仮説。
その男、名を小市(こいち:当ブログでの登場人物名)という。

大学に入学し、豊島区駒込にご近所として住みだす二人ともう一匹。
もう一匹というのが柳田理科雄(これは本名)というアホ男で
これについては◎◎『いつか王子駅で』の書評内で触れているので参照されたし。

結局、この小市とも21歳くらいのときに、会わなくなったのか?

本日より、静岡へ。
青春が集ってひとつのプロジェクトが動き出す。
ゆえに、自分の住むところは、当分の間、連絡準備室も兼ねる。
自分ともう一人が、総勢16名くらいの中の一番の先発隊。
もう一人は、家族を引き連れ住むことになるのだが、
しばらくの間、評者の部屋、すなわち、準備室に寝泊り。
すなわち同棲。男の名は小市。
25年前押さえ込んだ男と押さえ込まれた男が・・・

乞うご期待・・・二人で小鳥でも飼って、花でも育てようかしら、ほほほ。
高校時代の同級生、辛島美登里ちゃんの歌でもかけながら、ほほほ。
[PR]

by kotodomo | 2006-02-01 08:00 | メモる | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/4101098
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 苗村屋読書日記(Blog) at 2006-02-01 23:54
タイトル : そろそろ再開
 明日から2月です。11月末にブログの更新を休んでから2ヶ月。ずっと勉強していたので、やたらと長く感じました。この2ヶ月で、ジェイコムの株誤発注事件だとかライブドア事件だとか、いろいろあったので、余計に濃縮された2ヶ月だと感じたのかもしれません。  今回....... more
Commented by ヾ(=ΘΘ=)ノ at 2006-02-01 09:20 x
リカオさんは、インターアクトの部長だ、先輩だ。オマエ呼ばわりするので、こわくてろくにしゃべれなかったんだよなぁ。。。なんであんなに偉そうだったんだ?

ではいってらっさい。ほほほ。野菜を作ってベジテリアンじゃ!究極のマクロビオティックじゃ!!
Commented by 聖月 at 2006-02-01 12:31 x
着いた(^O^)/静岡・・・
部屋の中で電波が入らん・・・ベランダでやっと(ToT)
Commented by 苗村屋 at 2006-02-01 23:56 x
聖月さん、ご無沙汰しております。そろそろ復帰いたします。いつのまにか静岡に・・・。結局一度しかお会いできませんでしたね。残念。でも、またオフ会やりましょう。
Commented by 聖月 at 2006-02-02 08:06 x
苗村屋さん おひさ~(^O^)/
静岡って言っても三島だからすぐですよ。
2月も何回か東京に行くし。オフ会しましょうね。
やっと余裕が出てきたようですね。


<< 新生活の始まりのことども      今晩は住む家がないのだ >>