「本のことども」by聖月

kotodomo.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 28日

1月ご機嫌(^.^) 2月激減(ToT)


いや、1月と2月の読書量のこと。

1月は、スタートはノロノロしていたけど、結局19冊読了。
自分としては、目一杯の冊数かや?

  ◎「スティル・ライフ」 池澤夏樹
◎◎「北緯四十三度の神話」 浅倉卓弥
  ◎「硝煙のトランザム」 ロブ・ライアン
  ○「ハダシのカッちゃん」 室積光
◎◎「遮断」 古処誠二
  ◎「クライム・マシン」 ジャック・リッチー
◎◎「男殺しのロニー」 レイ・シャノン
  ◎「エデンの命題」 島田荘司
  ×「摩天楼の怪人」 島田荘司
  ▲「G.I.B 聖なる死神の伝説」 沢井鯨
  ◎「彼岸先生」 島田雅彦
  ◎「さあ、気ちがいになりなさい」 フレドリック・ブラウン
◎◎「暗礁」 黒川博行
  ○「金春屋ゴメス」 西條奈加


2月、駿河に移って激減。
それでも7冊読めたなら、まあいいか。

  ◎「ジャンプ」 佐藤正午
  △「あの日にドライブ」 荻原浩
  ▲「亡命者 ザ・ジョーカー」 大沢在昌
  ○「ザ・ジョーカー」 大沢在昌
  ◎「ダックスフントのワープ」 藤原伊織
  ◎「正直じゃいけん」 町田康
◎◎「チーム・バチスタの栄光」 海堂尊

この中で、聖月様的隠れ名作をプッシュしとこう。
『男殺しのロニー』 レイ・シャノン・・・題名も表紙絵も最悪だが、
読むべし、読むべし、楽しむべしのべし、べし、べし!
文庫893円で読める娯楽ハリウッド(^.^)
[PR]

by kotodomo | 2006-02-28 08:18 | メモる | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/4207071
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 聖月様は臆病者なのだ      佐倉市の朝 >>