「本のことども」by聖月

kotodomo.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 09日

そして僕は途方に暮れる


評者幼き頃は、学校から家に帰っても玄関の鍵は開いていたし、
玄関と言っても単なる木枠とガラスの玄関だったし・・・
でも当時冷蔵庫には標準で鍵がついていたし・・・

冷蔵庫に鍵、知っているひとは手を挙げて・・・はい(^^)/・・・咳をしても一人・・・

だからなんだというわけじゃないのだけど、
明日鹿児島へ出立の自分のことども。

という最近の自分は途方に暮れている・・・とカッコいいなあ(^.^)

以上支離滅裂文書。
[PR]

by kotodomo | 2006-03-09 21:37 | メモる | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/4242894
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by uririn at 2006-03-09 23:58 x
大沢誉志幸(あれ、字がわからない)さんの歌かと思ってしまいました(^^;古かったですね。
Commented by 聖月 at 2006-03-10 07:28 x
uririnさん おはござです(^.^)
はい、その歌が心の底にあってのこの件名です(^.^)
古くないのです。


<< いつのまにやらカーリング娘。      二回目が疎か >>