「本のことども」by聖月

kotodomo.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 02日

◎◎「重力ピエロ」 伊坂幸太郎 新潮文庫 660円 

文庫化につき再掲。伊坂作品の中では、これが一番好きかも(^.^)

b0037682_1442649.jpgいやはや、伊坂幸太郎。才能溢れる人だ。楽しく読める作品だ。本当にこの人って頭いいぞ。頭いいのが文章読んでいてわかるくらいだもの。

ところで、評者の家の近くに、公民館がある。ここは鹿児島市立図書館の分所も兼ねていて、評者もちょくちょく覗いている。借り手の競争率が低く、新作がそう多くは入らないものの、入った新作は比較的借りやすいからだ。今回の収穫が本書『重力ピエロ』。書棚で見つけ、ひったくるように借りてきた。どんな内容かも知らず、ただ伊坂幸太郎という著者の新作というだけで。ページを開いて眺めてビックリ。目次のところに章題が58も書いてある。もしかするとこれは短編集なのかな?それにしても各章のページ数が少ない。もしや、評者の好きくないエッセイ集かしらん?と思いながらも、読み出したら間違いなく長編小説。それもすこぶる面白いお話。各章の題名は、単にその部分のキーワードを拾った程度のものなのだが、それにしてもよくぞここまで区分けしたと感心しきり。

結局、これまで評者が読んできた伊坂作品は、本書も含め、どれもミステリーといえばミステリーなのだが、ミステリーが肝心ではない。謎が解かれようが解かれまいが、そんなのはどうでもいい気にさせてくれる、とにかく心地良い文章なのである。特に本書は顕著。少しハードボイルド風味を効かせていて、会話の妙などは、もう絶品といえよう。

本書の内容ををひとことで表すなら、通常は遺伝子と連続放火事件に材をとったミステリーと言うのだろうが、誤解を恐れずに言わせてもらえば“世界最強の家族のハートウォーミングなお話”である。主人公には弟と父親がいる。愛していた母親は数年前に亡くなっているのだが、それぞれの人間が最高の人間で、亡くなった母親も含め最強の家族を構成しているのである。容姿も知能も最高の弟は、一人でなんでもできるのに、社会人になってからも、肝心なことは兄貴と一緒にやろうとする。兄貴さえいれば大事なことはうまくいく、そういう根拠のない純粋な心を持つ弟なのである。癌で入院中の父親の病室を二人揃って尋ねると、父親が言う「おや、今まで二人で一緒に遊んできたのか?」これは、小さい頃からの父親の口癖。外から一緒に帰ってくると必ずこう言う。「うん、一緒に遊んできた」と答えると、嬉しそうな顔をする父親。そこに挿入される美しく強かった母親の思い出。ハードボイルドでハートウォーミングな家族小説なのである。

冒頭で、頭のよさが文章ににじんでいると表現したのは、DNAの話とか、そんな知識系のことではない。そんなのは、調べれば誰でも書ける。もっと感覚的な才能だ。自分の表現したいものを会話に託すのか、伏線を張らせるのか、そういった感覚が絶妙なのである。多分一年以内に、今以上に名前がブレイクするだろう、伊坂幸太郎。横山や福井や戸梶のように、伊坂の名前で通じる作家になるだろう。太鼓判。(20030520)


※評者は、この本の中に登場する母親に憧れる
[PR]

by kotodomo | 2006-07-02 08:55 | メモる | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/5163740
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by na_mi at 2006-07-02 23:25 x
こんばんは、聖月さん。いやはや、町田康の『告白』興味深し、と読んでいます。なかなか、世の中は辛辣で妙であります。
Commented by 聖月 at 2006-07-03 08:33 x
na_miさん おはようございます(^.^)
『告白』読んでいて、考えたり、大笑いしたり、グフフとなったり。
味わい深い主人公でした。


<< 三羽省吾のことども      嫁さんへの誕生日プレゼントのことども >>