2006年 07月 05日

久し振りに夜に読書をしてみたら


少なくとも、6月1日以降、一度も晩酌を欠かしたことのない聖月様。
ということは、勤め先から帰って、平日一度も本を読んでいなかったわけで、
夜の8時とか9時に帰り着いて、風呂!とか、メシ!とか考えるとき、
すぐに風呂入って飲みんしょ♪という思考にしか行き着かなかった今日この頃。

昨晩、久し振りに心のギアチェンジ(^^)v
納豆ご飯と昔ながらの中華そばとんこつと野菜ジュースを食したあと、
10時くらいからベッドで読書。忍者の小説。
2時間くらいすると、頭の中がグニョグニョ。
目は字を追っていても、頭がグニョグニョなったので消灯。
0時におやすみなさい。

で、で、でだ、やっぱりだ、
目が覚めたのが2時。
アルコールというクスリが効いていないとこうなるわけだ。
トイレ行って、なんか眠れそうにないと思いながら、
寝たか寝ないのかわからない時間を過ごし、6時半に目覚ましで起床。
おはよう。少なくとも、目覚ましの瞬間は寝ていたぞな。

早くアルコールの癖が抜けますように(^.^)
[PR]

by kotodomo | 2006-07-05 09:44 | メモる | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/5189068
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< リアル「本のことども」コーナー...      直木賞受賞記念 ◎◎「遮断」 ... >>