2006年 07月 26日

2006年上半期の読書


1月までは、東京ライフ・・・結構読めていたんだけど、
2月からは、駿河ライフ・・・これから読む体勢作らなきゃ。
◎◎は勿論お薦めだけど、
『男殺しのロニー』レイ・シャノン・・・読むべし!!!

6月
書評No653 ◎◎「町長選挙」 奥田英朗
書評No652 ◎◎「テースト・オブ・苦虫2」 町田康
書評No651   △「ルート350」 古川日出男

5月
書評No650   ◎「プラスティック・ソウル」 阿部和重
書評No649   ○「スパイ大作戦」 室積光
書評No648   ○「永遠の仔」上下 天童荒太
書評No647   △「キッチン」 吉本ばなな

4月
書評No646   ▲「重金属青年団」 花村萬月
書評No645 ◎◎「夏への扉」 ロバート・A・ハインライン
書評No644   △「七回死んだ男」 西澤保彦
書評No643   ◎「クリスマスに少女は還る」 キャロル・オコンネル
書評No642   ◎「沖で待つ」 絲山秋子
書評No641   ◎「終末のフール」 伊坂幸太郎
書評No640   ◎「毒入りチョコレート事件」 アントニイ・バークリー
書評No639 ◎◎「コインロッカー・ベイビーズ」上下 村上龍

3月
書評No638   ◎「試行錯誤」 アントニイ・バークリー
書評No637   ◎「ヒストリアン」ⅠⅡ エリザベス・コストヴァ
書評No636   ◎「空想自然科学入門-アシモフの科学エッセイ①」 アイザック・アシモフ
書評No635   ○「暗い日曜日」 朔立木
書評No634   ○「グランド・ミステリー」 奥泉光

2月
書評No633   ◎「ジャンプ」 佐藤正午
書評No632   △「あの日にドライブ」 荻原浩
書評No631   ▲「亡命者 ザ・ジョーカー」 大沢在昌
書評No630   ○「ザ・ジョーカー」 大沢在昌
書評No629   ◎「ダックスフントのワープ」 藤原伊織
書評No628   ◎「正直じゃいけん」 町田康
書評No627 ◎◎「チーム・バチスタの栄光」 海堂尊

1月
書評No626   ◎「スティル・ライフ」 池澤夏樹
書評No625 ◎◎「北緯四十三度の神話」 浅倉卓弥
書評No624   ◎「硝煙のトランザム」 ロブ・ライアン
書評No623   ○「ハダシのカッちゃん」 室積光
書評No622 ◎◎「遮断」 古処誠二
書評No621   ◎「クライム・マシン」 ジャック・リッチー
書評No620 ◎◎「男殺しのロニー」 レイ・シャノン
書評No619   ◎「エデンの命題」 島田荘司
書評No618   ×「摩天楼の怪人」 島田荘司
書評No617   ▲「G.I.B 聖なる死神の伝説」 沢井鯨
書評No616   ◎「彼岸先生」 島田雅彦
書評No615   ◎「さあ、気ちがいになりなさい」 フレドリック・ブラウン
書評No614 ◎◎「暗礁」 黒川博行
書評No613   ○「金春屋ゴメス」 西條奈加
[PR]

by kotodomo | 2006-07-26 10:16 | メモる | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/5347610
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 男を磨く旅 at 2006-10-28 20:13
タイトル : 「町長選挙」奥田英朗著、読んでみました。
「町長選挙」奥田英朗著、読んでみました。 奥田英朗の「イン・ザ・プール」「空中ブランコ」に続く「伊良部シリーズ」第3弾、伊良部先生はシリーズが進むことに「キャラ」がどんどん立って来ますね。今回は「町長選挙」を除き主人公は全て「旬な人」。渡辺恒雄≠田辺満雄(ナベマン)、堀江貴文≠安保貴明(アンポンマン)、黒木瞳≠白木カオル、どのキャラもチョットふざけ過ぎだけど、なんとなく本当にありそうな、「現実っぽさ」を漂わせる術はさすが。そして彼らの「心の病気」を伊良部先生の「テンネンの処方」とエロカッコい...... more


<< 飽食の果てのことども      ◎◎「アラビアの夜の種族」 古... >>