2004年 10月 14日

『空中ブランコ』読んで気付いていなかった話

文藝春秋の出版部の人の記事読んだら・・・
『イン・ザ・プール』に引き続き、トンデモ精神科医伊良部の二作目が『空中ブランコ』
うんうん、それは知っていた、気付いていた。当たり前(笑)
で、後者のほうは、同じ伊良部主人公でも「職業偏」なんだそうだ。

言われてみれば・・・

前者は、個々の奇妙な病気の患者の話。
おお、後者は職業に関連するような病気の話!

気付いていませんでした。
まあ、このくくり、完全にというわけでもないようなのですが。
[PR]

by kotodomo | 2004-10-14 09:05 | メモる | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/545895
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by HERMAIONE at 2004-10-14 15:27 x
こんちは。ブログにしてから、順調ですね、更新。これって、今まで・・・てことかしら(笑)。そうか、そんなにいいのか、この作品。もう一度、トライしてみようかしら、横山に。でも、根性のない私に読めるかどうかが問題かも。我が家の男性陣には間違いなくうけると思うな、ウン。
Commented by 聖月 at 2004-10-14 19:05 x
おう、ハーマイオニーさん こんにちは
今まで・・・ても・・・ということです。

で、その話題は『出口のない海』横山秀夫に関する話題ですね。
そうですね、ハーマイオニーさんの読書歴知っていますので、過去に最後まで読めなかった作品考えると、難しいかも、つらくて。
お宅の男どもには、本書と『僕たちの戦争』もお薦めですよ。特に息子殿の勉強の息抜きには後者かと。


<< 本屋がないのである      ◎◎「出口のない海」 横山秀夫... >>