2006年 10月 19日

蔵書が210冊も増えたリアル「本のことども」コーナーのことども

鹿児島の知り合いが
“文庫本ばかりなんだけど、引き取ってもらえるかしら?”
と、問うてきたので
“まあ、送れば。本のことどもコーナーに置くし”
と返事したところ、昨日その本たちが到着。

なんと文庫本ばかり210冊。
一気に清泉クリニック整形外科内にあるリアル「本のことども」コーナーの蔵書が増えたのだあ(^O^)/

早速自分でも読みたい本は、
『左手首』 黒川博行
『神様からひと言』 荻原浩
『パレード』 吉田修一
『天国の本屋』 松久淳
『鳥人計画』 東野圭吾
『すぐそばの彼方』 白石一文


「本のことども」で既評の本たちは
◎◎「四日間の奇蹟」 浅倉卓弥
  ◎「慟哭」 貫井徳郎
  ◎「ジャンプ」 佐藤正午
  ◎「朗読者」 ベルンハルト・シュリンク
 ◎「残響」 柴田よしき
◎◎「LAST」 石田衣良
◎◎「インストール」 綿矢りさ姫
◎◎「パイロットフィッシュ」 大崎善生
◎◎「猛スピードで母は」 長嶋有
◎◎「ストロボ」 真保裕一
  ▲「密やかな結晶」 小川洋子
  ○「予知夢」 東野圭吾
◎◎「PAY DAY!!!【ペイ・デイ!!!】」 山田詠美
  ○「永遠の仔」 天童荒太
 ○「天国への階段」上下 白川道
  ○「トキオ」 東野圭吾
 ◎「オーデュボンの祈り」 伊坂幸太郎
◎◎「ラッシュライフ」 伊坂幸太郎
◎◎「流星ワゴン」 重松清

とにかく、他にもいっぱい・・・全部で250冊くらいの蔵書のリアル「本のことども」

是非に来て見てちょ(^_^)
b0037682_10285645.jpg

[PR]

by kotodomo | 2006-10-19 10:25 | メモる | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/5893212
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ミステリー倶楽部 at 2007-02-08 16:30
タイトル : ラッシュライフ |伊坂 幸太郎
複数の主人公たちが、同じ舞台で別々の行動を取っていながら、それが複雑に絡み合っていく群像劇。 この手のものは映画なら「マグノリア」とか、小説なら恩田陸の「ドミノ」とか、前例は結構ある。 本作の<だまし絵>的な構造は、ミステリで使われる叙述トリックの基本的なパターンのひとつでもあり、これ自体には驚かなかったし、予想もできた。 ... more
Tracked from ミステリー倶楽部 at 2007-02-08 16:46
タイトル : オーデュボンの祈り |伊坂 幸太郎
既存のミステリーの枠にとらわれない大胆な発想で、読者を魅了する伊坂幸太郎のデビュー作。レイプという過酷な運命を背負う青年の姿を爽やかに描いた『重力ピエロ』や、特殊能力を持つ4人組の強盗団が活躍する『陽気なギャングが地球を回す』など、特異なキャラクターと奇想天外なストーリーを持ち味にしている著者であるが、その才能の原点ともいえるのが本書だ。事件の被害者は、なんと、人語を操るカカシなのである。 ... more


<< ▲「ボトルネック」 米澤穂信 ...      老後に備えて >>