2007年 05月 29日

ご飯を炊くのことども


聖月様は100円パックご飯を愛用している。
大体3パック230円くらいで購入しているので、実際には200gパック、77円ってとこか。

自分で炊くより美味いような気がしていたので、米なんて炊こうなんて思っていなかったが、
知人が無理矢理3合炊きの電気炊飯器をくれたので、SONY製がいいと言ったが、
どうやらそんなのないらしく、とにかく有効利用することに決めた。

ご飯を3合炊いてみる。

そして、お茶碗で卵かけご飯(^_^)

残ったご飯を、100円パックご飯の洗った容器につめてぇ・・・

3個用意したのだが、入りきらんやった。4個分くらいか。

ということは、特売の新米コシヒカリ5キロが1580円だったことからすると、
従来の一食77円ご飯を作ってもとをとるには、20.5194杯できればいいわけで、
3合で4つも作れそうな量ということは、計算が面倒くさいが、相当お得である(^^)v

でも、ざっと計算すると132パックできるような気がするわけで、
そうすると1580円÷132パック=おお!なんとパック11.9696円!!!

やはり相当お得である。

ちなみに、計算上、米1合180cc=150gで計算したのだが・・・
[PR]

by kotodomo | 2007-05-29 18:40 | メモる | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/6914974
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 八方美人男 at 2007-05-31 08:40 x
炊飯器、その釜で米をとぐという作業を考えたとき、本当は3合炊きといった半端なものではなく、5合炊きくらいのもののほうが都合がよかったりするのですが、今は「無洗米」とかも出ているから、あんまり関係ないのかも。

それにしても、最近の聖月さんの料理へのこだわりは、なんというか、「そんなの私の知ってる聖月さんじゃない!」とか言いたくなっちゃいます(笑)。
Commented by 聖月 at 2007-05-31 12:56 x
八方さん、ハードボイルドな男というものは、振り返ったとき、なんらかの足あとを残さないと生きている資格がないのです。

一年前と大いに違うことには・・・瘠せました。運動して瘠せました。いい男になりました。積み上げてできるひとつの足あと(^^)v

そして料理は、自分のための趣味&頭の体操。これから一年で、知識を蓄積して、振り返ったとき、よう知識がついたもんじゃ、と足あとが感じられるくらいの。そして、節約により貯金もできれば、それも大いなる足あと。

私は今、村上春樹の物語の登場人物のように、ハードボイルドなお洒落な生活を送っているのです。でも・・・夕べはちょっと痛飲したなあ(^^ゞ


<< 最近、飲酒をひかえています      ◎「春雷」 伊集院静 新潮文庫... >>