2007年 09月 03日

捜されているのか?

b0037682_9504424.jpg

9月1日から2日までの2日間のアクセスランキング。

一体、誰なんだ?何で、捜されているんだ?

結局、↓この2年前の書評がアクセスヒットの原因なんだけどさ。


○「さらば長き眠り」 原りょう 早川書房 1631円 1995/1

b0037682_22252758.jpg 本書『さらば長き眠り』を読み終わっての評者の疑問はただひとつ。横山宏治よ、お前は一体誰なんだ!ということだけなのである。えっ?そんな名前、本書には出てこなかったはずだって?いや、本書にちゃんと名前が出てくる。扉を開けるとすぐのところに“横山宏治様 原グチャグチャってサイン”が書いてあるのだ。評者が鹿児島のBOOK-OFFで100円にて購入した本を、お前さんはサイン本なのになぜ!手放すことになったのか?一応、評者はまめなので、Yahooで検索もかけてみた。同一人物だとは思わんが、中部地方で活動し、建築環境コンペにも応募し、マンドラを弾き、コンサートマスターまで務めたお前が、何ゆえに本書を手放すようなことになったのか・・・と今頃サイン本であったことに気付いて、ラッキーで、名前を変えようかな♪とまで思っている評者なのである。お心当たりのある横山様がいたら、是非ご連絡を(^.^)

 沢崎シリーズ長編3作目である。断っておくが、○の評価でも、たとえばこのミス2005年版に初めて名を連ねたような若手の作家の作品より、読みごたえは数倍上である。敢えて傑作◎◎『私が殺した少女』を生んだ沢崎シリーズとしての辛い評価であることを断っておこう。しかし、評価からもわかるように、前作を引き継ぐ雰囲気を持つ作品ながら、ふたつの点でいただけない。

 まずひとつめ。筆に遊びがない。ハードボイルドの雰囲気はすごく漂っているのだが、ただただがむしゃらなだけで、ユーモア的描写センスに欠けるのである。いや、センスを欠けているわけではないな。意識して描写していないようなのである。作者の狙いなのかもしれないが、やはりこういう作品は、途中の描写にニンマリしながら読むのが楽しいのである。はてさて、10年ぶりの新作『愚か者死すべし』死すべし、べし、べし、べし!という、評者のお株を奪うような題名の本の中身はそのへんはどうなのかな?図書館に予約した本が、今は評者の部屋に鎮座ましましているから、慌てて前作と本書を読んだのだが。

 次にふたつめ。全体像が明かされたときの、動機や行動の蓋然性に納得がいかない。そんなことで、親は子供の命を諦めるものなのか。そしてそういう行動を取ることもあるのか。探偵は職業ではない、生き様である!それ以上に親は職業ではない、つまり本能で動くのである。どこかおかしいぞ!本書の親たち!

 まあ、その2点を除けば、読みごたえのある物語である。昔の甲子園球児八百長疑惑。その疑惑に押し潰されて自死したという当事者の姉。今になってその真相を追い求めることができるのか沢崎?自死じゃなければ、犯人がいるということになる。それを今更見つけられるのか?犯人の名前は?横山宏治か?(20050309)

※お手軽文庫本は2000/12発行ハヤカワ文庫JA840円。単行本から5年後。出版社は次の作品が出るの待ってたのかもしれん。10年後に『愚か者死すべし』死すべし、べし、べし、べし、だもんね(書評No491)
[PR]

by kotodomo | 2007-09-03 09:53 | メモる | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kotodomo.exblog.jp/tb/7388360
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2007-09-03 17:19 x
なんとまあその後北海道まで行ってたんですねえ。
Commented by 聖月 at 2007-09-03 19:00 x
そうか!これか!!!

札幌市東区で女性が無理やりアパートに連れ込まれた逮捕監禁事件があり、北海道警は31日、この事件の際に自殺を図って意識不明の重体になっている同区北丘珠2条4丁目、職業不詳横山宏治容疑者(46)のアパートから、行方不明になっている別の女性(23)のものとみられる財布やバッグを押収した。道警は、横山容疑者がこの女性の失跡に関与した可能性もあるとみて調べている。
 横山容疑者は8月27日、同市で買い物をしていた専門学校生の女性(20)にスカウトを装って声をかけ、乗用車に乗せて自宅アパートに連れていき、手錠をかけるなど身動きできないようにした。近所の住民から通報を受けた警察官が駆けつけた際、横山容疑者はクローゼットのパイプにかけたひもで首をつったという。
 別の女性は、10日ほど前から行方が分からなくなっており、8月28日に家族から捜索願が出されていた。女性が横山容疑者と行動をともにしていたとの目撃情報があることなどから、道警はこの女性も連れ去られた可能性が高いとみている。
 道警は横山容疑者の回復を待って逮捕監禁の疑いで逮捕するとともに、行方不明の女性についても事情を聴く方針だ。


<< 逢坂剛のことども      近況:清泉クリニック整形外科ブ... >>