カテゴリ:メモる( 810 )


2009年 11月 18日

古処誠二(大戦末期物)のことども


◎◎ 『ルール』
  △ 『分岐点』
  ◎ 『接近』
  ◎ 『七月七日』
◎◎ 『遮断』
  ▲ 『敵影』
  〇 『線』


※おまけ※
参考のため読みました。
◎◎ 『菊と刀』 ルース・ベネディクト

書評一覧
↑↑↑「本のことども」by聖月書評一覧はこちら
[PR]

by kotodomo | 2009-11-18 07:57 | メモる | Trackback(2) | Comments(0)
2009年 11月 02日

荒山徹のことども


◎◎ 『高麗秘帖』
◎◎ 『魔風海峡』
◎◎ 『魔岩伝説』
  〇 『十兵衛両断』
  ◎ 『サラン 哀しみを越えて』
◎◎ 『柳生薔薇剣』
  〇 『柳生雨月抄』
  ◎ 『処刑御使』
  ▲ 『柳生大戦争』
  △ 『忍法さだめうつし』
  ◎ 『柳生百合剣』
  〇 『海島の蹄』
  〇 『鳳凰の黙示録』

書評一覧
↑↑↑「本のことども」by聖月書評一覧はこちら
[PR]

by kotodomo | 2009-11-02 04:40 | メモる | Trackback(1) | Comments(0)
2009年 09月 11日

黒川博行・疫病神シリーズのことども


  ▲ 『疫病神』  疫病神シリーズ
  ◎ 『国境』  疫病神シリーズ
◎◎ 『暗礁』  疫病神シリーズ
◎◎ 『螻蛄』  疫病神シリーズ


ノンシリーズ
  〇 『悪果』
  〇 『蜘蛛の糸』

書評一覧
↑↑↑「本のことども」by聖月書評一覧はこちら
[PR]

by kotodomo | 2009-09-11 05:05 | メモる | Trackback | Comments(0)
2009年 06月 01日

絲山秋子のことども

b0037682_9105493.jpg  ◎ 『イッツ・オンリー・トーク』
◎◎ 『海の仙人』
◎◎ 『袋小路の男』
◎◎ 『逃亡くそたわけ』
  ▲ 『ニート』
  ◎ 『沖で待つ』
◎◎ 『絲的メイソウ』
  〇 『エスケイプ/アブセント』
  ▲ 『ダーティ・ワーク』
◎◎ 『ラジ&ピース』
  〇 『ばかもの』

書評一覧
↑↑↑「本のことども」by聖月書評一覧はこちら
[PR]

by kotodomo | 2009-06-01 05:00 | メモる | Trackback(10) | Comments(0)
2009年 05月 05日

デニス・レヘインのことども


◎◎ 『スコッチに涙を託して』
  ◎ 『闇よ、我が手を取りたまえ』
◎◎ 『穢れしものに祝福を』
  〇 『愛しき者はすべて去りゆく』

  ◎ 『雨に祈りを』
  〇 『ミスティック・リバー』
  ◎ 『シャッター・アイランド』
◎◎ 『運命の日』

書評一覧
↑↑↑「本のことども」by聖月書評一覧はこちら
[PR]

by kotodomo | 2009-05-05 18:59 | メモる | Trackback | Comments(0)
2009年 05月 05日

図書館から借りてきた本のことども

b0037682_1258368.jpgGW 皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

聖月様は当然図書館へemoticon-0170-ninja.gif

まずは、鹿児島県立図書館から
『カメレオン』 ウィリアム・ディール なんと1984年・・・25年前の作品 北上次郎の昔の書評が気になったので
『聖者は唇を閉ざす』 リチャード・プライス ダカーポ「今年最高の本」で吉野仁お勧めなので
『魔堂三兄弟の聖職』 真藤順丈 昨年の三賞総なめ・・・『地図男』とかさ、ということで
『煙霞』 黒川博行 まあ黒川ブランド新作ということで
『錏娥哢奼』 花村萬月 アガルタと読めなかったので

続いて鹿児島市立図書館より
『テンペスト』上下 池上永一 『シャングリ・ラ』が駄目だった(途中で放棄した)ので、再挑戦的ということで
『窓の魚』 西加奈子 嫌いな作家じゃないので
『ドリーム・ガール』 ロバート・B・パーカー 有名な作家なのに読んだことないので
『ラジ&ピース』 絲山秋子 おおよそコンプリを目指している作家なので
『『吾輩は猫である』殺人事件』 奥泉光 前から面白そうな気がしていたので

ということで、何から読み始めようかと迷いながら、子供部屋に侵入・・・
おお!嫁さんの嫁入り道具の文学全集の中にあった!あった!

ということでポプラ社から昭和46年発行の上下巻各500円(当時は消費税もなかったぜ)
『吾輩は猫である』夏目漱石から読もう(^O^)/

実は、小学校のとき、いったん読み始め、途中で放棄した名作。
47歳の誕生日を2日後に控えた年齢で読むわけであるのことども。 
[PR]

by kotodomo | 2009-05-05 12:59 | メモる | Trackback | Comments(0)
2009年 03月 26日

ノンフィクションのことども

果たしてこれらがノンフィクションなのかというと、自分でも色々と疑問???
『牙』なんか間違いなくノンフィクションなんだけどね。


書評No903   ◎「任天堂 “驚き”を生む方程式」 井上理
書評No873 ◎◎「三国志男」 さくら剛
書評No806 ◎◎「自壊する帝国」

書評No674   ◎「新しい医療とは何か」 永田勝太郎
書評No670   ◎「虚人魁人康芳夫」 康芳夫
書評No636   ◎「空想自然科学入門-アシモフの科学エッセイ①」 アイザック・アシモフ
書評No578   ◎「9.11 生死を分けた102分」 ジム・ドワイヤー&ケヴィン・フリン
書評No543 ◎◎「国家の罠」 佐藤優
書評No529 ◎◎「大人の保健体育」 野口哲典
書評No435 ◎◎「菊と刀」 ルース・ベネディクト
書評No381   〇「あの瞬間、ぼくらは宇宙に一番近かった」 マイク・カージェス
書評No310   ▲「七つの丘のある街」 トマス・H・クック
書評No249   ◎「怪しい日本語研究室」 イアン・アーシー

書評No226   △「女流棋士」 高橋和
書評No197 ◎◎「大人にならずに成熟する法」
書評No108   〇「牙-江夏豊とその時代」 後藤正治
書評No93  ◎◎「将棋の子」 大崎善生
書評No92  ◎◎「聖の青春」 大崎善生
書評No88    △「爽やかなる熱情」 水木楊
書評No76    〇「おかしな二人」 井上夢人
書評No52  ◎◎「笑うカイチュウ」 藤田紘一郎
書評No51  ◎◎「クリティカル進化(シンカー)論」 文:道田泰司・宮元博章 漫画:秋月りす
書評No38    ▲「10Kmマラソン・トレーニングマニュアル」 有吉正博

書評No37    ◎「スポーツ選手のための心身調律プログラム」 白石豊・脇元幸一
書評No25    ◎「夢ワイン」 江川卓
書評No20  ◎◎「ワイルド・スワン」 ユン・チアン
書評No19    ▲「一万年の旅路」 ポーラ・アンダーウッド
書評No16    ◎「人生上達の術」 畑正憲
書評No14    〇「ソニー ドリーム・キッズの伝説」 ジョン・ネイスン
書評No13    ◎「火花」 高山文彦
書評No10    ▲「FBI心理分析官」 ロバート・K・レスラー
書評No7    ◎「私の事件簿」 中坊公平
書評No2    〇「安倍晴明」 藤巻一保

書評一覧
↑↑↑「本のことども」by聖月書評一覧はこちら
[PR]

by kotodomo | 2009-03-26 01:55 | メモる | Trackback | Comments(0)
2009年 02月 23日

朔立木のことども

b0037682_1582092.jpg  ◎ 『死亡推定時刻』
  ◎ 『命の終わりを決めるとき』
  〇 『暗い日曜日』
  〇 『暗闇のヒミコと』

書評一覧
↑↑↑「本のことども」by聖月書評一覧はこちら
[PR]

by kotodomo | 2009-02-23 06:02 | メモる | Trackback | Comments(0)
2009年 02月 20日

HPをいじったり、ブログでHPを再現したりのことども

b0037682_941210.jpg聖月様の会社は、ISOを中心としたコンサル会社なのである。

社員がHPを刷新したいということで、昨年暮れに納品されたのだが・・・

見てくれは悪くない。でも、聖月様から言わせるとクソみたいなHPであった(ToT)

導線とかコンバージョン(見積依頼とか資料請求とかのアクティブ行動様式)が全然弱い。
例えば、本好きなら、「カートに入れる」って行動が最終のコンバージョンということになる。

改造しろ!と文句言ったがなしの礫。

仕方がないので、ブログで導線をはっきりさせて、HPもどきを作ったのがこれemoticon-0133-wait.gif

いかにも商業用なのでエキサイトに怒られるかと思ったが、それ以前に訪問者がいない、ははは。


ということで、もう自分でHPをいじることにした。生まれて初めての経験である。
それがこれでございますemoticon-0136-giggle.gif

なかなか上手な自分に気がついてしまったのだ。

しかし、ブログと違って、タグや配置が難しい~!目指せビルダーの最近のことども。
[PR]

by kotodomo | 2009-02-20 09:04 | メモる | Trackback | Comments(2)
2009年 02月 16日

「20世紀の幽霊たち」 ジョー・ヒル を 放り投げる

b0037682_13395528.jpg全部で約690ページの文庫本。
それを347ページ読んだところで、読むのをやめましたがな。

このミスの上位ランクインということで、図書館に予約して手元に。

やっぱり、海外物の短編は肌に合いませんでした。
全部ホラーってのもねえ。

いや、中々の内容のような気はするのですよ。
初っ端の「年間ホラー傑作選」なんて、作中作も中々、全体の構成も中々、
読後の雰囲気も中々・・・

でも、星新一で育った聖月様は、オチのない雰囲気だけの作品は690ページも読む気力がなかったのです。

最近、読書メーターに入力している聖月様としては、折角読んだ347ページの実績も
捨てるにはなんか勿体無い気もするのだけれど、
一番の理由は、この本を抱えていると読書という行為が中々捗捗しくなく、
他の読みたい本へ行くことのできない悲しみにあったのことども。

まあ、そういうことで放り投げたのだなあ。

書評一覧
↑↑↑「本のことども」by聖月書評一覧はこちら
[PR]

by kotodomo | 2009-02-16 13:41 | メモる | Trackback | Comments(0)