<   2004年 10月 ( 49 )   > この月の画像一覧


2004年 10月 31日

◎◎「臨場」 横山秀夫 光文社 1785円 2004/4

b0037682_10311311.jpg よく、安楽椅子探偵などという惹句に呼び寄せられ、小説を読む手合いは多いと思うのだが、結局期待しているようなキレのある主人公に出会えないことが多いんじゃないかな。知らない方のために説明しておくと、この安楽椅子探偵物というジャンル、例えば椅子に座りながら誰も解決できないような事件のあらましを何気に聴き、“ああ、それってこういうことじゃないの。だから犯人はメイドだと思うよ”って、そんな解決に至るタイプの物語である。また、例えば、名探偵5人がお茶飲みながら、犯人はああでもない、こうでもないと言っているところに、執事が“ご主人様、失礼ながら・・・と考えると自殺ではないかと。あ、これは、失礼しました。身分も役割も考えず、とんだ発言をば”な~んて、お話である。

 こういう話の場合、探偵役はゆり椅子に揺られるご婦人だったり、足を怪我して動けない探偵だったりなのだが、肝心なのは、動かず、その場で提示されたものだけで推理することである。ただし、そういう楽しい設定の物語でも、大抵の場合その推理にキレはなく、まあ作者の企みとしてはわかるんだけど、イマイチなあ、という程度の作品が多い。

 本書『臨場』は、直截的には安楽椅子探偵物ではないが、こういうジャンルに興味を抱く読者には極上のキレを味わわせてくれる一冊かと思う。そして、多分、そういうジャンルに捉われなくても、今年最高のミステリー娯楽小説ではないかな。面白い本がないとお嘆きのあなた、楽しく読める本がないと溜息をついておられるあなた、本書はすこぶる面白い、読むべし、読むべし、べし、べし、べし、である。

 連作短編集たる本書の、各短編の主人公ではないが主役たる倉石は検視官。死体が出た現場に要請され、臨場し、その死体が語るところを読む。自殺か、他殺か、どのようにして死に至ったかなどなど。安楽椅子には座ってなどいないが、現場という限られた空間で、彼の出す答えは切れきれ切れきれ、キレまくりなのである。その上、男としての矜持がある。上の者に平気で物言い、下の者をどこかで見守り、無駄な発言を嫌い、真実を見極める心眼を持つ。有体に言って、カッコイイのである。多くの読者が、カッコイイと思うはずである。主役をカッコイイと思う物語なら、面白くないはずもないのである。読むべし。

 実は評者、横山秀夫の作品は漏らさぬことなく読み続けているが、特に横山ファンというほどのものではない。新作が出たと聞いても疼かないほどには。まあ、上手い、はずさない作家だからというような理由で読み続けてきた。しかし『第三の時効』を読んだときに、これだけのキャラの立つ作品を書き続けるなら、ずっと読んでいきたいと感じ、本書を読んで、やはりこの作家読み続けようと胸の裡で決めたのである。それほど、本書の人物造形は際立っているし、その魅力、話の展開、どれをとっても一級品である。頁を繰る手を止ませない。

 惜しむらくは、この検視官シリーズ、ずっと続けてほしいものだと思いながら読んだのだが、最後の作品の中で、続いていかないような設定が見え隠れしており、それが何とも残念である。

 評者なら、好悪とか抜きに、この完成度、このミステリー度において、本書を今年2004年のミステリーのベスト1に迷わず選ぶ、確定的高位にある傑作であると断言する。未読の方、読むべし。本書には、愛がある。(20041030)

※横山作品は、やはり短編集にキレがある。(書評No426)

書評一覧
↑↑↑「本のことども」by聖月書評一覧はこちら
[PR]

by kotodomo | 2004-10-31 10:31 | 書評 | Trackback(7) | Comments(7)
2004年 10月 30日

◎「リング」 鈴木光司 角川ホラー文庫 567円 1993/4

b0037682_21541721.jpg トントン拍子の読みやすさとは、本書『リング』のことやね。まあ、そんなことより、評者は情報社会との接点を持ち続け、かつ今を生きる日本人には珍しく、この話題作について全くと言っていいほど知らず、情報を意図的に遮断していたお蔭で、1991年に単行本が出版され、その後シリーズ三作ともあれだけ話題になり映像化されながら、内容について無知であったがために、今回“どんな話やろう?”と新鮮に楽しめたのである。

 情報を意図的に遮断という意味で、テレビで映画の放映があっても見なかったのは、ひとつには最近トンとテレビを観ないという理由からなのだが、意識下には“いつか、読むかもしれん日のために、観らんどこ”という読書人としての考えがあったからである。こういう作品はよくある。本が有名になって、読みたいなと思いながらも、そのままズルズル読まずにいて、いつのまにか映像化されていても“観らんどこ。観たら、本読まんという最終決定につながるけん”と、どこぞのものともわからない方言で胸中沈思黙考する場合っていうのは。例えば『羊たちの沈黙』ストマス・ハリなんかもそうだった。衛星放送で放映ということで、“観たいな”と思いビデオに録ったのはいいのだが、“まず、本読まなきゃ”と、本を入手して読了してから観たものである。

 まあ、そういう感じで『リング』『らせん』『ループ』という話題のシリーズを、情報を入れずに遠くから眺めていたら、最近になって友人が“貸す!読め!書評しろ!”と勝手に押し付けていったのである。せっかくの機会と思い、読み始める評者・・・意外に本の内容について知っていた・・・全く情報を断っていたわけではなかった。しかし、それでも読んでから“ああ、そうか。なんかこういう話だったなあ”と後から気付くので、読書としての楽しみは全然損なわれなかったことを付記しておこう。

 で、読み始める。あるビデオを観ると、一週間後にその人物は死ぬ!それを止めるには・・・ああ、そんな話だったと思う評者。多分、テレビ映画の予告編くらいが頭に入っていたのだろう。で、冒頭に書いたトントン拍子である。死のビデオを観ると、一週間後に死んでしまうわけで、まずそういうことが起こった場合“マジなんだって!このままだと死ぬんだって!理解してくれよ!!”と他人に理解してもらうのが、現実世界としては難儀なはずなのだが、そこは虚構世界、いともあっさり周りの人々が信じてくれるので、話がトントントンと進む。加えて、解決の糸口が次から次へと繋がっていき、あれよあれよと言う間に問題の核心に突き進んでいくので、トントン拍子なのである。悪い意味で言っているわけではない。下手に意味のない試行錯誤な行動の描写を読まされるよりは、こちらのほうが読んでいて楽である。ジャンル的にも、デッドリミット物なので、そのほうが心地よい。問題は、謎とその説明を作者がどう結びつけるかだが、これも虚構の世界の虚構の理由として、筋が通った話で納得。

 で、物語も終盤。うまく解決して終わるのかと思いきや、なりを潜めたはずの恐怖が鎌首をもたげてくる。うん、これもまた別のジャンル、ホラーの技法としては定番ながら中々よろしい。でも、どういう恐怖がまたぞろ???なんて興味を抱きながら読んだ評者・・・ああ、そうやった、なんか、そうやった、そういう話やった!と死のビデオの次なる謎を、どこか遠くに刷り込まれた記憶の溝から拾い出して、本を閉じたのである。(20041028)

※ということで『らせん』を読みだす。『リング』と同じく昼休み読書用なので、読了予定はわからないのだが。しかしなにより楽しみなのは、次の映画『リング』テレビ放映である。観るぞ(^O^)/いつ放映されるんだい?(書評No424)

書評一覧
↑↑↑「本のことども」by聖月書評一覧はこちら
[PR]

by kotodomo | 2004-10-30 09:48 | 書評 | Trackback | Comments(0)
2004年 10月 29日

もう着いた(^.^)

『赤い霧』ポール・アルテ

ネット予約一等賞でした(^^)v
人気がなさそうですが、自分としては注目していた作品。
殊能将之氏お薦め本。
[PR]

by kotodomo | 2004-10-29 13:58 | メモる | Trackback | Comments(0)
2004年 10月 29日

今週の図書館 新刊の収穫

『赤い霧』ポール・アルテ
『 魔術師(イリュージョニスト) 』ジェフリー・ディーバー

国内物は目ぼしいものがなかったなあ。
東山彰良『ラム&コーク」は一応見送りしたし。
[PR]

by kotodomo | 2004-10-29 13:00 | メモる | Trackback | Comments(0)
2004年 10月 29日

書評の夢

どこかの教室でした。
僕は書評を発表するために原稿を持っていたのだけど、
原稿の中は真っ白で、勝手に文章作りながら、諳んじました。
たどたどしかったけど、まあいいか、そんな夢でした。

しかし・・・・
書評の夢って見るかね、まったく。

只今『プレイ』山口雅也読書中。
[PR]

by kotodomo | 2004-10-29 07:30 | メモる | Trackback | Comments(0)
2004年 10月 28日

きょうは大阪日帰りです

新幹線で往復。

『リング』と『菊と刀』を持っていきましょう(^.^)
[PR]

by kotodomo | 2004-10-28 07:01 | メモる | Trackback | Comments(2)
2004年 10月 27日

図書館に

本多孝好『MOMENT』きたる。
前から読もうと思って、いっつも探すの忘れていた本を予約したのです。
もう誰も借りていませんでした。
[PR]

by kotodomo | 2004-10-27 00:31 | メモる | Trackback | Comments(2)
2004年 10月 26日

新記録

気になったので、市川拓司
『そのときは彼によろしく』を図書館に予約したら4番待ち。

ついでと思って
『 いま、会いにゆきます』を予約したら、なんと92番待ち。
新記録です!!!
[PR]

by kotodomo | 2004-10-26 07:55 | メモる | Trackback | Comments(0)
2004年 10月 25日

My Recommend Books !に参加しました

My Recommend Books !に参加。

まあ、みんなのお薦め本コーナーサイトですね。

投稿第一弾はあれだ!なんでしょう?知りたくば見たまえ!
次はこれだ!実はまだ考えていない。キッパリ。

大体月に2本程度の投稿が目安だそうです。
まあ、そういうくくりがないと、自分節操ないから
バンバン投稿してしまうんで、いい歯止めでしょう(^^ゞ

行動隊長は『活字中毒日記!』のトラキチさんです。
[PR]

by kotodomo | 2004-10-25 12:18 | メモる | Trackback(1) | Comments(2)
2004年 10月 25日

大崎善生の新刊

『別れの後の静かな午後』

大崎 善生 著 中央公論新社 版
2004年10月 発行 ページ 197P サイズ 四六判  1,365円


買おうかな?
いや、図書館に入ったときの予約状況で判断しましょう。
それまで待ちましょう。

で、昨日は図書館で6冊仕入れ

『菊と刀-日本文化の型』ルース・ベネディクト
『文学刑事サーズデイ・ネクスト 1 ジェイン・エアを探せ!』 ジャスパー・フォード
『 臨場』 横山秀夫
『百器徒然袋-風-』京極夏彦
『ニューヨーク』 ベヴァリー・スワーリング←貸し出し2回目
『Play』 山口雅也
[PR]

by kotodomo | 2004-10-25 10:35 | メモる | Trackback | Comments(0)