「本のことども」by聖月

kotodomo.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 04月 ( 62 )   > この月の画像一覧


2005年 04月 30日

◎「天使たちの探偵」 原りょう ハヤカワ文庫JA 609円 1997/3

b0037682_1012408.jpg
 図書館に本書『天使たちの探偵』を予約するとき、迷った評者なのである。単行本は1990年に出ており、文庫化は1997年、どちらを借りようかな?と迷ったのである。勿論、本の鮮度は15年前の本より8年前の本のほうがいいだろうが(大した違いはなさそうだが、15年前の本の場合、相当ボロボロのこともあるのでね。これまでの中では『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』村上春樹が一番ボロボロだったような)、簡単にそっちに決められないわけとして、やはり“単行本は偉い!”という固定観念が評者の裡に存在するからなのである。装丁や字の大きさまで考慮された小説の完成図そのままで、発売当初本好きが手にしたそのままの形で読むことに憧れがあるのである。でも、結局、文庫本のほうを予約した評者。字が小さいという欠点や、ポータブルであるという利点の問題とは関係なく、文庫化に伴って何か解説みたいのがついているかと思うので、少しお得かもと思ったからなのである。そういう意味で、最近しみったれたことが動機となって行動してしまい、そこには生活臭い自分があり、日々ハードボイルドな世界から乖離していく評者なのである。

 でも、お得であった。表紙カバーについている帯を見よ!文庫版書下ろしの掌篇「探偵志願の男」が収録されている。お得である。その上、その掌篇の中には探偵沢崎がどうして探偵になったのか、探偵になる前には会社組織に属していて・・・そんなことが作者の手で書いてあるので、お得というよりファン必見なのである。ということで、本書『天使たちの探偵』は昔単行本で読んだよ、って方は貴重な作品を見逃しているわけで、今すぐ書店に走って立ち読みするべしなのである。

 全部で6編の短編が収められているが、どれも中々秀逸な作品である。どれも探偵沢崎が主人公なので連作短編といえばそういうことも言えるし、テーマ連作という見方も出来る。テーマは翼をなくした天使たち。そして一番目の作品「少年の見た男」では10歳の少年が登場したりもするのだが、すべての子供が子供ではない。親子という関係の中での子供なのである。要するに親子という関係の中で、翼をなくした子供がテーマなので、その天使たちの年齢層も結構幅広いのである。だから、イタイケナ少年少女ばかりが出てくる話だと勘違いしないように(^.^)

 探偵沢崎モノを読んできた者にとって、本書の沢崎はメッチャ最高!というほどのものではないのだが、やはり沢崎!というほどには素敵なのである。未読の方は是非是非読むべし。短編としての魅力も、その結末の持って行き方よりも、冒頭での意外性にあり、そういう意味で気の利いた作品集なのである。「少年の見た男」でも、まさか沢崎が10歳の少年を依頼人として扱うはずもないのに、結局は自分が雇われてしまう、そんな展開からの物語の滑り出しに、読み手は引き込まれてしまうのである。あと、付け加えておくならば、沢崎シリーズ未読の方でも、何か面白い、小気味のいい短編集を読みたいと思っている方にもかなりのお薦めである。ハードボイルドな探偵のセリフや行動哲学に痺れたまえ、読みたまえ。(20050430)

※昭和から平成になった頃が時代背景に。そこらへんもどこか懐かしい作品群である。(書評No513)

書評一覧
↑↑↑「本のことども」by聖月書評一覧はこちら
[PR]

by kotodomo | 2005-04-30 10:12 | 書評 | Trackback(1) | Comments(0)
2005年 04月 30日

原りょうのことども

  ◎ 『そして夜は甦る』
◎◎ 『私が殺した少女』
  ◎ 『天使たちの探偵』
  〇 『さらば長き眠り』
◎◎ 『愚か者死すべし』

書評一覧
↑↑↑「本のことども」by聖月書評一覧はこちら

b0037682_10255228.jpg

[PR]

by kotodomo | 2005-04-30 09:26 | メモる | Trackback(1) | Comments(2)
2005年 04月 29日

鹿児島です(^.^) 一冊読了 その後娘と遊ぶ

b0037682_23115576.jpg
『天使たちの探偵』原りょうを読了(^.^)

で、下の娘に遊ぼうかって提案。
遊ぼう♪って回答。
何して遊ぶ?って提案。
一緒にゲームボーイしよう♪パパ♪って回答。

で写真なのです。
一人でずっとやって、時々説明するのです。
遊ぶってそういうことじゃないじゃないのかなあ???

そういえば昔いたなあ、人の家に遊びに来てずっと本だらマンガだら読んでいるやつ。

※それにしても意味もなく大きい写真の掲載、なんで自分は好きなのかなあ(笑)
[PR]

by kotodomo | 2005-04-29 23:14 | メモる | Trackback | Comments(2)
2005年 04月 28日

◎「新・地底旅行」 奥泉光 朝日新聞社 1995円 2004/1

b0037682_2334470.jpg 地元紙南日本新聞が、毎日の連載小説で、文豪たちの名作を紹介している。既評の『坊っちゃん』夏目漱石に始まり、『三四郎』と続き、今現在は森鴎外の『雁』が連載中である。で、勉強熱心な評者は調べてみて驚いた。『雁』の字は、「がん」と読む。じゃあ、「かり」はどんなだったっけ?と辞書をひもとくと…「雁」…一緒じゃねえか。なんだ「がん」も「かり」も一緒の字なんだ、と思った評者。意味を読んで見ると…勘違いしていた。たったの今まで。「がん」という鳥は知っていた(はずである)。「かり」という鳥もしっていた(はずである)。でも、「がん」と「かり」が同じ鳥だとは知らなかったのである。ちなみに「かり」を引くと:「がん」の別名。和歌などでは「がん」でなく「かり」「かりがね」を使う…。あなた、知っていました?ちなみに高校まで同じ教育を受けた嫁さんも知らなかったので、今のとこ、ハイ(^o^)丿私知りませんでした!というのは二人である。

 で、話を元に戻すと、『坊っちゃん』の連載第一回目を読んだとき、その漱石の筆の捌き、勢い、手馴れに驚いた。これが、高踏派・余裕派と言われた人の文章かと感心もした。そこに含むテンポ、おかしみ、滑稽、的確さ、そういったものがわかりやすく美しい(芸術的に美しい)のである。漱石好き好き公言作家奥泉光の新作『新・地底旅行』は、フランスのSF作家ジュール・ヴェルヌが書いた『地底旅行』の続編という粗筋に加え、その漱石の高踏的・余裕的描写を踏襲して憚らないので、テンポ、おかしみ、滑稽、的確さ、そういったものがとっても贅沢なのである。読んでいて楽しい。読んでいてどこか可笑しい。ブブッ!!と吹き出す可笑しさではない。笑いの琴線をとても軽い羽毛で撫ぜられている、心地良い可笑しみである。

 舞台は明治。主人公とおかしな友人、それにおかしな学者風情を加えた三人は、行方不明になっている学者親娘探索の旅に出る。行き先は富士山の麓。麓は旅の入り口で、実際には富士山の地下への旅に潜るわけである。ワクワクワクワク。

 実は評者ヴェルヌの『地底旅行』大好きだったのである。小学校六年生か中学一年生の頃、家の書棚から引っ張り出して読んだ、多分9歳上の従兄弟が置いていったままの本、岩波文庫かなんだか、とにかく子供用に書き直されていない大人のための冒険小説に初めて取り組んだ本であり、面白くて感動して、読み終えて達成感のあった本なのである。ワクワクワク。また地底に潜っていける物語が楽しめるなんて。

 読むべし。物語の面白さを堪能すべし。細かい部分まで舐めるように読むべし。表現の面白さ巧みさを堪能すべし。読んでいて楽しい本がここにある。えっ?なぜに◎◎じゃないのかって?多分、ヴェルヌの『地底旅行』みたいな長い長い彷徨いを期待していた分、早々と地底別世界の描写に入ってしまったので、ワクワク冒険心が少し不完全燃焼だったからかな。それでも、読むべし、読むべし、べし、べし、べし。(20040218)

書評一覧
↑↑↑「本のことども」by聖月書評一覧はこちら
[PR]

by kotodomo | 2005-04-28 23:34 | 書評 | Trackback(2) | Comments(0)
2005年 04月 28日

〇「螢・納屋を焼く・その他の短編」 村上春樹 新潮文庫 390円 1987/9

b0037682_13131937.jpg ◎◎『ノルウェイの森』は村上春樹作品の中でも、賛否両論わかれた作品であったようだが、その中に記述されている主人公の学生寮生活、中でも同室の変わった学生“突撃隊”の箇所は面白く読んだという読者が多いのではないかな。

 本書『蛍・納屋を焼く・その他の短編』には5つの短編が収められているが、表題にも入っている「蛍」を読み始めて、おやおやと眉を吊り上げて読み始めた評者なのである。主人公は学生寮に住み、同室には“突撃隊”とは呼ばれていないけど“突撃隊”君が!その二人のやりとりにニヤリとしていると、段々と既視感がぼーんにゃっと湧き上がってきて、そのわけは僕が既に死んでしまった友人のその彼女と東京の街を散歩するくだりであり、その彼女と寝た直後、彼女は目の前から居なくなり、京都の山中の療養所で暮らし始めたとの手紙が着く。なんにゃ?これって『ノルウェイの森』まんまやんか!『ノルウェイの森』の細部まで憶えていない評者なので、どれだけまんまなのか定かではないが、やはりまんまであることに変わりはない。こりゃあ、本日鹿児島に帰ったら、書斎に置いてある『ノルウェイの森』のページを捲ってみらなあきまへんと、変に関西弁風に決意を抱いた評者なのである。別の言い方をすれば、『ノルウェイの森』の内容は忘れたけど、なんか可笑しいやついたなあ、ああ“突撃隊”だった、なんて思い出した方には嬉しい再会の本書である。

 まあ、2年前からの“遅れて来た村上春樹読み”の評者なので、出版年を考えると、当時は別の反応があったんだろうと思うけど。本書の単行本出版が1984年。一方『ノルウェイの森』が1987年なので、当時『ノルウェイの森』を読んだ読者は、あの「蛍」が下地になっての長編!“突撃隊”の青年と再会!そんな風に受け止めたんだろうけどさ。

 他に収められている「納屋を焼く」「踊る小人」「めくらやなぎと眠る女」「三つのドイツ幻想」はどれも可もなく不可もなく、それでも世界は春樹ワールドってとこでしょう。
で、評者にしては珍しいことではあるが、引用などを。あとがきに書いてある著者の姿勢を書き留めておこうかとね。
「(前略)僕はときどき長編と短編のどちらが得意かと聞かれることがあるが、そういうことは本人としてはよくわからない。長編を書いてしまうとそのあとに漠然とした悔いが残って、それで短編をまとめて書き、短編を幾つかまとめて書くとそれはそれで切なくなって長編にとりかかる、というパターンである。そんな風に長編を書き短編を書き、また長編を書き短編を書くということになる。そういう繰りかえしもいつかはきっと終るのだろうけれど、今のところは細い糸にすがるような具合に少しずつ小説を書きつづけている。
理由はうまく言えないけれど、小説を書くことはとても好きです。
            昭和59年4月25日・夕暮     村上春樹』
(20050428)

※古書店で100円で買って積んであった村上春樹本である。(書評No512)

書評一覧
↑↑↑「本のことども」by聖月書評一覧はこちら
[PR]

by kotodomo | 2005-04-28 13:16 | 書評 | Trackback | Comments(2)
2005年 04月 28日

パソコンで無料テレビ視聴

『完全無料ブロードバンド放送「GyaO」』に登録したのだよ(^.^)

おお『ハンニバル』の映画が無料で見れる。
しかし何より見逃したニュースがいつでもがスーサラにはいいなあ。
[PR]

by kotodomo | 2005-04-28 09:21 | メモる | Trackback | Comments(0)
2005年 04月 28日

面白いので盗んできました

b0037682_835182.gifなぜ、カツオ君は走っているのか?
なぜ裸なのか?

さてと、今から読書。
夕方、鹿児島へ。
[PR]

by kotodomo | 2005-04-28 08:37 | メモる | Trackback | Comments(0)
2005年 04月 27日

明日の夕方から鹿児島(^.^)5月8日まで

b0037682_7595442.jpg前回鹿児島の家族の元へ帰ったのが、2月中旬。
冬だったのに、もう春。っていうか、鹿児島は25度くらいの気温。
娘たちは小学4年と1年だったのが5年と2年。
荷物はパソコンと図書館本7冊。

昨日は急な飲み会。今日こそ読了村上春樹本。

鹿児島に帰ったら名探偵コナンの映画を観にいくことになっているそうな、自分。
[PR]

by kotodomo | 2005-04-27 07:59 | メモる | Trackback | Comments(2)
2005年 04月 26日

伊豆ネタ最終記事 日本全国の反応は

(文章全体を見たい方は、オレンジ反転部分をクリックしてくださいませ)

まずは「いっちゃんの日々」の記事では
『ってことで、最近いろいろとお世話になっている書評家・聖月さんのブログ。格調高き書評群を抑えて、ワイセツな(笑)画像(しかもファイルサイズ大!)満載の旅行記(なのかな。よくワカナンイ)が。
まぁ、でかい汁椀やらでかい灯台やら、いろいろビックリさせられる画像なわけですが、イチバン驚いたのは、ブログのロゴに使われている顔写真が、どうやら聖月さんご本人のものらしいということ』


そして「歯医者さんを探せ!」のコメント欄では
『おかえりなさーい♪
大きい写真が聖月さんのBLOGにアップされていたので、楽しんでるなぁと想像していました。湯につかっている写真は、乙女としては恥ずかしくて・・・・・・素早く見ました(笑)。』


などと、日本各地で大反響の伊豆ミステリーツアーであったのだ。
だがしかし、このネタで引っ張るとブログの方向性が大きく違ってくるので、これにて打ち止め(^.^)

聖月様や南イエメン男と逢いたいなあ、オフ会したいなあというルーズソックスの似合う女子高生や、クラシックが趣味の深窓の令嬢や、少しアンマ男にも興味あるという有閑マダムはいつでも連絡されたし(^.^)
[PR]

by kotodomo | 2005-04-26 17:08 | メモる | Trackback | Comments(4)
2005年 04月 26日

伊豆の旅(↓の記事のことども)のその後 南方系イケメン男君発見さる!

b0037682_748618.jpg皆様とともに心配していた南方系イケメン男君が無事発見されました。

中東の国でハッシシを吸ってボーッとしているところを地元の漁師が発見。
漁師の話では“日本人には見えなかった。自分たちの仲間か、東南アジアあたりかと思っていた”と驚愕の様子。

中東の国って、南イエメン共和国。
ということで、南方系イケメン男君の名前は、もう今日から南イエメン男に呼称が変わります。
悪しからず、本人よ(^.^)


ところで、聖月様はいったい本を読んでいるのか!とお叱りの声が聞こえてきそうな最近の更新状況ですが、多分今夜中に一冊読了。(飲み会が入った(^O^)/)村上春樹『蛍・納屋を焼く・その他の短編』
これって春樹ファンには驚愕の本ですね。嬉しい本かな(^.^)
[PR]

by kotodomo | 2005-04-26 07:51 | メモる | Trackback | Comments(0)