「本のことども」by聖月

kotodomo.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2009年 01月 29日

◎「のぼうの城」 和田竜 小学館 1575円 2007/12

b0037682_9484594.jpg 1月11日に指宿菜の花マラソン10キロコースに参加した評者である。今回は、大会史上最も多い1万8千人超の参加申込ということであったが、結果的に参加者は1万7千人超、内フルマラソン1万5千人、10キロ2千人という内訳であって・・・で、何が言いたいのかというと、同じ時間帯に同じ場所に1万7千人も集まると、みんな走りに来たのか、うんこしにきたのかわからない状態になるということである。少なくとも、走る前におしっこに行かない人はいないわけで、つまり1万7千しっこは確実だし、多分3千うんこくらいは記録したのじゃないかと思う。勝手な推測であるが、とにかくトイレの行列具合からして。

 昨年は、生まれて初めて京都旅行なるものに行った評者。二条城を見て回りながら思ったものである。いやあ、でかいでかい。でかいのはいいが、トイレは厠はいくつぐらいあったのだろうと・・・どうも、評者の尺度の単位のひとつにトイレがあるようなのである。

 本書『のぼうの城』を読んだときも、1000人を超える城下の人々の籠城という箇所で、“トイレどうすんの?”と考えてしまったわけである。50便器あったとして、1000人が使用するなら1便器あたり20回使用されるわけで、一人あたり5分として100分の間使用中なわけで、評者のように朝2回以上の者が城下に多数いたならば、兵糧攻めにあわずとも、厠でできなかった者が庭やはては廊下の隅でしてしまったり、量的なものを考えても自分たちの糞尿に参ってしまい降参なんてことにはならないのだろうかと。ということを考えてしまう馬鹿な評者なのである。

 本書『のぼうの城』は、“石田三成水攻め作戦”対“でくのうぼう籠城作戦”の時代小説である。先に読んだ『忍びの城』でもそうだったように、多くの登場人物があっけなく死んでいったりするのだが、当時の死生観、命の軽重がそのまま反映されたような文体に、悲壮感などは感じず、逆にシンプルなその世界観に長閑さを感じてしまうような物語なのである。

 物語の構造は実にシンプルではあるが、両者の思惑がわからず、そこらへんにミステリーマインドがくすぐられるところが、本書の妙味でもある。水攻めにあい、にっちもさっちもいかなくなったところで、でくのぼうが城から小船で出でて、敵の前で田踊りを披露する件(くだり)・・・果たして、でくのうぼうは本当の馬鹿者なだけだったのか・・・。まあ、読んでみるべし。(20090119)

※読む前は勘違いしていたが、本書には『忍びの国』ような忍者は登場しないのことども。(書評No854)

書評一覧
↑↑↑「本のことども」by聖月書評一覧はこちら
[PR]

by kotodomo | 2009-01-29 09:48 | 書評 | Trackback(2) | Comments(0)
2009年 01月 27日

こんなこともわかった読書メーター

b0037682_21413745.jpg 聖月様って村上春樹こんなに読んでたんだ\(◎o◎)/!

町田康はわかるけど・・・

柴田よしき、最近は読んでないけど、ふむふむ。

荒山徹が聖月様らしくもあり、らしくもなし。
[PR]

by kotodomo | 2009-01-27 21:43 | メモる | Trackback | Comments(0)
2009年 01月 26日

読書メーター入力完了

読書メーターに土日を使って必死にデータを入力。
b0037682_1142395.jpg

実は2001年の1月から、読書メモだけはつけていたので、それを元に8年分を入力。
あと、途中からは書評の末尾に、読了日を入れていたので、それで作業が随分楽に・・・

2000年以前に読了済みの本は、キリがないので無視したのことども。
2001年は、まだ読書量が少なかったことが判明!!!
1月と2月はなんと2冊ずつ。
書評を始めた6月以降も、過去に読んだ本を紹介ばかりしていたので、意外に読んでいない。

入力しながら、色々とこの8年の記憶が甦ってきたのが収穫でした。
[PR]

by kotodomo | 2009-01-26 11:47 | メモる | Trackback | Comments(2)
2009年 01月 21日

◎◎「芝浜謎噺」 愛川晶 原書房 1890円 2008/4

b0037682_1626441.jpg 本書『芝浜謎噺』を読もうと思っているそこのあなた、もしシリーズ第一作の『道具屋殺人事件』を未読ならば、そちらのほうを先に是非。本書から読み始めても、単独の面白さはあるのだが、紹介的な人物造形をインプットしておいたほうがより楽しめるのは間違いないからである。

 ところで、評者がなぜこのシリーズを好きなのかを考えたとき、落語の全体的な楽しみより、目から鱗の落語薀蓄が興味深いからだと思う。例えば葦という単語。“あし”と言うのが普通だが、“よし”という言い方も知っていた評者。そして、疑問に思っていたのが、この“あし”と“よし”は全く同じものなのか?もしくは何らかの違いがあるのか?そこのところである。このシリーズを読んでガッテン。葦は“あし”が正しいのだが、“あし”は“悪し”を連想させる。だから、粋な江戸っ子は縁起のいい言い方“よし”に言い換えるのだとか。要するに“悪し”じゃ縁起が悪そうなので“良し(善し)”と言い換えるのである。“するめ”もそう。博打なんかで“する”のは縁起が悪い。“あたり”のほうが言い訳で、だから“するめ”なんて不粋な言い方はせず、“あたりめ”なんて粋な言い方に換えるわけである。

b0037682_16274725.jpg そういえば、昨日も東京から飛行機に乗って帰ってきた評者なのだが、機内で全日空寄席を拝聴。お題は覚えていないのだが、ある噺の中に擬宝珠(ぎぼし、ぎぼうしゅ)のことが出てきた。橋の欄干にあるタマネギみたいな飾りである。元々は、ネギの花の部分ということなので、葱坊主を想像すると早いかも知れない。同じような形状のものが、五重塔の頭頂部なんかにあるが、これは宝珠(ほうじゅ)と呼ばれる。何を言いたいのかというと、評者は擬宝珠は知っていた。でも、なんで擬宝珠と呼ばれるかは知らなかった。結局、今回聴いた落語の話の中で、元々は宝珠ありき、それを模したものが擬宝珠。要するに宝珠もどき(擬)の意味なのであった。ああ、スッキリ。

 とにかく、落語に接すると、色んなガッテンやスッキリがあって、目から鱗だったりするのが楽しいのである。

 前作がすこぶる面白かったので、本作にも期待したが、期待通り、もしくは期待以上。中でも、表題作の『芝浜謎噺』が感涙物と聞いていたので、感涙、感涙、感涙したいな♪と思っていたら、やはり感涙したのでこれも期待通り。読むべし、読むべし、べし、べしべし!!!の落語薀蓄ミステリーなり。(20090115)

※っていうか、愛川晶の他の作品も大いに気になるところである。(書評No853)

書評一覧
↑↑↑「本のことども」by聖月書評一覧はこちら
[PR]

by kotodomo | 2009-01-21 16:27 | 書評 | Trackback | Comments(0)
2009年 01月 09日

2008年12月に読んだ本のことども(リンク:読書メーター)

12月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:2151ページ

まず石を投げよまず石を投げよ

読了日:12月30日 著者:久坂部 羊
マリッジ:インポッシブルマリッジ:インポッシブル
×
読了日:12月28日 著者:藤谷 治
仏陀の鏡への道 (創元推理文庫)仏陀の鏡への道 (創元推理文庫)
◎◎
読了日:12月23日 著者:ドン ウィンズロウ
下妻物語―ヤンキーちゃんとロリータちゃん下妻物語―ヤンキーちゃんとロリータちゃん
◎◎
読了日:12月20日 著者:嶽本 野ばら
モダンタイムス (Morning NOVELS)モダンタイムス (Morning NOVELS)
◎◎
読了日:12月07日 著者:伊坂 幸太郎

読書メーター

[PR]

by kotodomo | 2009-01-09 13:59 | 読書メーター | Trackback | Comments(2)
2009年 01月 08日

◎◎「道具屋殺人事件」 愛川晶 原書房 1890円 2007/9

b0037682_8534449.jpg ネット書評を始めて8年以上経つが、こんなに完璧なミステリー、好奇心を満たしてくれる作品は初めてである。要するに、8年間読んだ本の中で、ミステリー+好奇心という切り口でいえば№1の本である。

 副題が「神田紅梅梅亭寄席物帳」、いわゆる落語ミステリーである。このミス2009年版のランクイン作品の、続編『芝浜謎噺』が気になったので、とりあえずはシリーズ第一作を手に取った次第なのである。過去に読んだ落語ミステリーに田中啓文の『笑酔亭梅寿謎解噺』があり、その作品も評価◎◎で面白く読んだものだったが、あちらは落語が舞台のミステリーという感じ。本書『道具屋殺人事件』のほうは、落語が舞台というより、ミステリーを通して落語の世界を描いた小説といったほうがいいだろう。

 要するに簡単にいうと、落語の面白さ、奥深さが読むほどにわかってきて、読後、落語を趣味にしたくなってくるのである。単純な読者だなあ、聖月様は、なんて思われるかも知れないが、それだけ作者の描き方が見事でそつがないのである。本書を楽しめた人は、みんな落語を聴きたくなるはずである。

 評者の場合、落語は全然得意ではない。最近では、たっまぁ~に飛行機の中で機内放送の落語を聴くくらいのもんである。なんかの拍子に、たっまぁ~に(10年に一席くらい?)テレビの落語を観るくらいである。そして思うのである。「時そば」なんて誰もが知っている演目を多くの落語家がやるわけで、何度も聴いている人がいるわけで、その面白さ、奥深さはどこにあるんだろうと。

 そういうのが、本書を読んでいると段々と理解できてくるのである。それが楽しいのである。オチ(もしくはサゲ)の部分にも種類があること。噺家によって、途中途中に変化があること。誰がやっても受ける噺もあれば、最初から最後まで暗い噺があって、じゃあ前者ばかり扱っていれば“あの人の噺、面白い”ってことでいいんじゃないかと思うけど、盛り上がりに欠ける噺をいかに扱えるかで技量の差が出ること。だから、そういうことを考えると、多分「時そば」なんかをテレビで演じるような人はある意味若手であろうし、飛行機の中で放送するような噺は、多分大衆に受けるような演目が選ばれているんだろうなんて自己理解が生まれてくるわけである。もう少し、落語に詳しくなりたいなという好奇心が生まれてくるのである。

 ミステリーとしても、ワンパターンの設定ながら完璧。3つの短編、要するに3つの事件が収められており、そのすべてが亮子という女性の視点で綴られる。亮子の夫福の助は落語家であり、ある意味、本シリーズの中心人物となっている。そして毎回、彼の演目への精進が物語の中心となってくる。福の助は、その噺のまとめ方に悩み、また日常のことで迷いがあると、元師匠の馬春のもとへ相談に出向く。そして、ホームズ馬春がヒントを出し(馬春自体は、病に倒れてしまったため隠居している。また、言葉が不自由なため、基本的にはボードに単語を並べてヒントを出すという趣向)、福の助が解決に至るという基本展開になっている。
とにかく、落語好きもそうでない人も、ミステリー好きもそうでない人も、読むべし、読むべし、べし、べし、べしっ!いやあ、面白かった。(20090106)

※ということで、評者の老後の楽しみ嗜みは、落語に決定!!!(書評No852)

書評一覧
↑↑↑「本のことども」by聖月書評一覧はこちら
[PR]

by kotodomo | 2009-01-08 08:53 | 書評 | Trackback(1) | Comments(2)
2009年 01月 07日

◎「1/2の騎士~harujion~」 初野晴 講談社ノベルス 1260円 2008/10

b0037682_8453233.jpg 読み始めの評価は◎◎。中盤は▲。後半は◎。読後感は◎◎。結果的に全体評価は◎となった次第である。

 まず、序盤の◎◎だが、とにかく読んでいて気持ちがいい。これまでの初野作品は、どんよりとしたどこか地下の暗闇あたりにそのテイストが置かれていたが、今回は青空に置かれているようなそんな感じである。主人公はアーチェリー部の主将を務める女子高生。その彼女が、サファイアという騎士に学内で出会うまでの序章なのだが、ハードボイルドでコミカルな語り口が微妙によろしいのである。ニヤリとする箇所もチラホラ。実は図書館に予約した本書であったのだが、表紙が余りにも乙女チックなので、読まずに返したろかい、薩摩男児としては、なんて思っていたのである。いや~読んで正解、大正解と喜びの踊りを書斎で踊ろうとしたくらいの書き出しである。

 ところが、そのサファイアと出逢ってから、いくつかの謎解きが続く連作中編のような中盤が、なんともカッタルイのである。悪くはないけどって感じで、▲なのである。謎の向こう側にある真相が少し作り物めいていて、まあファンタジーなミステリーとしては許される範囲なのかもしれないが、そんな真相に辿りつくこと自体が突飛な感じがするのである。

 ところがところが、後半は、この物語自体が人情噺であることが、段々と判明してきて◎なのである。それぞれの連作中編で登場した人物たちがうまく繋がってきて、物語全体がハートウォーミングファンタジーであることが、段々と見えてくるのである。

 そして最後・・・ありきたりのオチなんだけど、うーん素晴らしくハートウォーミン、グウ(親指立てちゃう)。いいぞ、いいぞ、この小説、なのである。

 青春爽快小説であり、ミステリーであり、ファンタジーであり、ハードボイルドであり、ハートウォーミングな本書で始まった今年の読書生活。目標は・・・年間140冊?いえ、違います。そんなの全試合出場を目標にするようなものでつまらないのことども。◎◎評価の本を40冊は読みたい。昨年は読書数も少なく(87冊)、結果として◎◎評価は24冊しかなかったわけで、これを40冊にするためには、厳選多読甘評価しかない。よし、頑張るぞ(^O^)/(20090103)

※とにかく、『水の時計』『漆黒の王子』の作風とは全然違う・・・こちらのテイストのほうが、ずっとよろしい。(書評No851)

書評一覧
↑↑↑「本のことども」by聖月書評一覧はこちら
[PR]

by kotodomo | 2009-01-07 08:44 | 書評 | Trackback | Comments(0)
2009年 01月 06日

▲「まず石を投げよ」 久坂部羊 朝日新聞出版 1890円 2008/11

b0037682_11264334.jpg 間違ったことはないのに、間違って憶えていた言葉は、間違って憶えていたかどうかも定かではないが、多分間違って憶えていたのだろう・・・えっ?意味がわからないって?・・・でも、次の説明を読んだら、意味するところがわかるだろう。

 本書『まず石を投げよ』の文中で、出くわした言葉である。“父上、母上、先立つ○○をお許しください”お定まりの遺書の言い回しだが、さて○○には、どんな言葉が当てはまりますか?評者の周りの文化人3人にも訊いてみたが、3人とも同じ答えだった。3人の答えは【不幸】。でも、本当の答えは【不孝】。よく考えれば、後者が正解なのはよくわかる。前者だと、誰が【不幸】を感じるわけ?両親?それとも本人?なら、死ぬのはよしなよ、って感じで意味不明なのだが、後者なら両親健在なのに、その息子や娘が死ぬと宣言するのは本当に親【不孝】な行為で、【不孝】を詫びながら文字を残すというのは、これはドラマなら納得できるシーンである。どうだろう?あなたは間違っていなかったかな?

 これが、冒頭の言い回しのことである。間違っていたような気もするし、でも一度も書いたことないから間違って使ったこともないし、っていうかドラマなんかで聞いても意識して漢字を考えたこともないし、でも意識しなかったってことは、多分【不幸】ってボンヤリした漢字が心の中にあったんだろうし、みたいな。

 さて、本題に入ろう。最近、医学ミステリーといえば海堂尊を挙げる人が多いと思うが、評者的には久坂部羊のほうを推したい。確かに『チーム・バチスタの栄光』をすっげえ面白れえ!と思って、多くの知人に薦めた評者だが、その後の海堂作品にはイマイチ面白さを感じず、新作が出ても最近では手に取らなくなってしまっている。一方、久坂部作品には手堅い面白さがあり、新作が出るたびに必ず読んでしまう。中でも『廃用身』には抜群の面白さがあり、医療界の問題も目新しく、ミステリー部分でも読者のミスリードを誘う手際は鮮やかで、注目度さえ高ければどこかのベストテンの1位になっておかしくないほどである。ただ、両者の作風にはそれぞれの持ち味があり、海堂作品はコミカルで肩の凝らない医療最新技術路線、久坂部作品はシリアスで衝撃的な医療界の裏側を描写する路線、そんな感じなので読者の好みが分かれるだろう。勿論、評者は両刀遣いである。

 今回は、医療ミスの現場が主題である。医療ミスというのは、大きく3種類にわけることが出来るらしい。①医療関係者、患者サイド、どちらから見ても明らかな医療ミス②患者にはわからなくても、医療関係者が見ればわかる医療ミス③執刀した本人にしかわからない医療ミス。そして、③が今回の主題中の主題となる。

 胃がんの摘出手術を受けた患者が死亡する。残された遺族は仕方のないことと諦めている。そこに執刀医が、自分の医療上のミスがあったことを申し出、多額の賠償金を支払う。主人公である女性ノンフィクションライターが、医師の真意を確かめるべく、何度もアプローチしようとするが、中々近づけない。あるとき医師のほうから、“尾行するような真似で、私を追うのはもうやめて欲しい”と言ってくる。確かに尾行まがいのことはしていた女性主人公だが、それを気取られた記憶がない。そこを確かめると、医師が同伴している少年が映像記憶能力の持ち主で、その記憶にあなたが三度も映っていると聞かされる・・・。

 中々に面白い設定から入っていくのだが、その後がいただけない。結局、この医師の真意は読者の判断に委ねられたような結末だし、医師の別れた元妻とか、敏腕女性プロデューサーとか強烈なキャラクターが登場するも、その人たちの物語上の役割や蓋然性がバランスを欠いているのである。勿論、映像記憶能力少年も、上手くその役割を果たしておらず、結果的にキャラとしても魅力を欠いているのである。読後感がイマイチなのである。

 この作品はお薦めではない。お薦めではないが、久坂部羊はお薦めなので、是非『廃用身』を手に取っていただきたいものだなあ、なんて思いながら2008年最後に読んだ本となってしまった。(20081230)

※結局、2008年は87冊読了。以前のように、年間150冊近く読む日々は、再び訪れるのだろうかなあ。(書評No850)

書評一覧
↑↑↑「本のことども」by聖月書評一覧はこちら
[PR]

by kotodomo | 2009-01-06 11:27 | 書評 | Trackback | Comments(0)
2009年 01月 06日

久坂部羊のことども

b0037682_13222660.jpg  ◎ 『廃用身』
  〇 『破裂』
  ◎ 『無痛』
  ▲ 『まず石を投げよ』

書評一覧
↑↑↑「本のことども」by聖月書評一覧はこちら
[PR]

by kotodomo | 2009-01-06 06:16 | メモる | Trackback(1) | Comments(0)
2009年 01月 01日

元旦の過ごし方のことども

b0037682_4491494.gif2009年 あけましておめでとうございます のことども。

昨年、一昨年、元旦をどういう風に過ごしたか、あなたは覚えていらっしゃいますか?

私は、勿論、覚えていらっしゃいますよ。

昨年も、一昨年も、まだ単身赴任中でした。

帰省して鹿児島の家族と共に過ごした元旦だったのですが、自分が自由に使える車がありませんでした。

だもんで、朝、あけおめ言って、お義母さんと嫁さんと二人の娘とお屠蘇飲んで、
雑煮食って、そうそうお年玉あげて、そして・・・

10時には嫁さんにパチンコ屋まで車で送ってもらったのでした。

車に乗りながら嫁さんと二人で“元旦から10時に開いているかなあ?降ろして、空いているの確認してから発進してね♪”
なんとも長閑な夫婦なのでした。

今年は、元日早々、3時に起きてしまいました。
それは、夕べは普通に晩酌して、9時前には寝てしまったからです。
なんとも長閑な聖月様なのでしょう。

でも、今年はこれまでと違います。

10時にはパチンコ屋に自分の車で行きます
冬ソナ2を打ちます。

今年も宜しくお願いします。

以下参考記事

2008年1月1日の記事
元旦のことども

子供たちが遊んでくれた。
人生ゲーム。
二人して、パパの破産を目論んでいる。

午後から、遊んでくれなくなってしまった。
パチンコに行った。
ママがちゃんと送ってくれた。
頑張ってね♪というので頑張った。

朝、お年玉をあげたが、夕方もあげてしまった。
勿論、再びパチンコ屋まで迎えにきたママにも。

そんな元旦のことども。

2007年1月1日の記事
パチンコ冬ソナ日記


朝10時に、嫁さんにパチンコ屋まで送ってもらう。
開店時、客は自分独りだった。

夕方、雨、パチンコ屋まで嫁さんに迎えにきてもらう。
22回くらいかかったのかしらん?
出して呑まれての22回は、結局25000円くらいの勝ち。

しかし、ユジンは可愛いなあ。特に学生時代のシーンがなあ。
パチンコしながら人恋初めし元旦打球初詣お年玉な一日の〆は晩酌だったなあ。

そうそう、朝、娘たちにお年玉やったのに、帰ってからまたお年玉をやってしまった。

2006年1月1日の記事
今年の初日のことども

b0037682_7172368.gif朝、ご飯となめこ汁を食っていたら、
娘が“パパあ、初詣行こうよ♪”という。
嫁さんが横から“早くいいなさい。パパはもう時間ないんだから”と言う。
お義母さんも嫁さんに“早く送っていかないと遅れるかも”と心配して言う。

で、嫁さんに送ってもらってパチンコ屋へ。到着は丁度10時。
“なんか人いないよ。開いてるの?待っててあげようか”と嫁さん。

結局、開店時に客は、自分も合わせて二人、ははは。
初日から勝ったあ(^O^)/ルパン三世はオモロイ(^O^)/
[PR]

by kotodomo | 2009-01-01 04:50 | メモる | Trackback | Comments(0)