<   2015年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2015年 08月 02日

2015年7月に観た映画のことども

7月の鑑賞メーター
観たビデオの数:8本
観た鑑賞時間:820分

ずっとあなたを愛してる [DVD]ずっとあなたを愛してる [DVD]
いい映画でした。英国映画で、中々の助演をみせたクリスティン・スコット・トーマスがフランス映画で主演を張っているという理由で鑑賞。英語も仏蘭西語もペラペラなんですね。最初は、重いテーマの映画を観始めたと思ったが、プチハートウォーミング。多くの人のちょっとした良心が描かれた映画。監督名に見覚えがあるなあと思い調べてみると、この人の小説「灰色の魂」は既読でした。面白くない、難しい小説でしたが、映画はわかりやすい。主人公にだんだんと化粧っ気が出てくるあたりも、いい演出かもです。1カ所だけ意味のわからないシーン?
鑑賞日:07月26日 監督:フィリップ・クローデル
それでも夜は明ける コレクターズ・エディション(初回限定生産)アウターケース付き [DVD]それでも夜は明ける コレクターズ・エディション(初回限定生産)アウターケース付き [DVD]
たとえ事実だとしても、最初から最後まで救いのない場面の連続で、心も疲弊し、娯楽のためにDVDを借りる身としては、娯楽とは程遠いものだった。奴隷にしても、例えば監獄の話にしても、そして戦争の話にしても、酷い話は、映像で観たくない。というか、「観る」という文字すら不適切に感じる。今後は自省し、やはり共感しながら観ることのできる、ラブコメ、ロマコメ、爽快ストーリー、そのくらいのジャンルの確認だけはしてから借りなきゃ。今回の視聴で寿命が少しすり減ったような倦怠感。いい映画、大事な映画かもしれないが、私にはヘビー。
鑑賞日:07月20日 監督:スティーヴ・マックィーン
25年目のキス [DVD]25年目のキス [DVD]
25歳の女性記者が高校に潜入したら?それだけの映画。ひとつだけ、たったひとつだけ、いかしていることがあって、それはエンドロールで、監督、出演者その他の高校アルバムからの切り抜きが流れるところ。
鑑賞日:07月20日 監督:ラジャ・ゴズネル
メリーに首ったけ [DVD]メリーに首ったけ [DVD]
マット・ディロンを名画座で観ていたのが学生時代。1985年ごろ。あれから30年。当時の野性味が抜けて、インチキ臭い役で再会。調べてみると、ずっと映画俳優やってんですね。この映画自体は、ちょっと下ネタがしつこいのと、そのシーンがちょっと長め。一か所だけ、笑いました。ワンちゃん蘇生シーン。あと、エンディングのビデオクリップみたいのもナイスでした。ちょっとドタバタし過ぎで、感情移入はできない映画だが、高校生時代のキャメロン・ディアスもナイス。
鑑賞日:07月19日 監督:ボビー・ファレリー,ピーター・ファレリー
銀河ヒッチハイク・ガイド [DVD]銀河ヒッチハイク・ガイド [DVD]
原作は、翻訳家、大森望の言葉を借りれば「バカSFの歴史に燦然と光り輝く超弩級の大傑作」らしいのだけど、映画はスプラスティックで、ドタバタで、とにかく粗筋なんてあったものじゃない。ジョークなシーンも多いのだけど、イマイチ。これまで、SFなんて観てこなかったのだけど、たまにはと思ったのが大間違いでした。チープな感じの映像なんだけど、きっと金をかけた映画なんだろうな。イギリス的といえばそうなんだけど、ハリウッドに持っていったらB級な感じは否めない。DVDにはメイキングや未公開映像まで収録されているけどイマイチ。
鑑賞日:07月19日 監督:ガース・ジェニングス
About Time [DVD] [Import]About Time [DVD] [Import]
「バタフライイフェクト」を観た時もそうだったが、私はこの手の話の小説を、多分普通の人より多く読んでいるので、この手の話だとわかった瞬間、少しがっかりする。最終的には、巧く構成されているんだけど、共感ができるようなリアルさが個人的に物足りないのである。まあ、この映画で共感できた部分は、そういえば幼い子供と過ごした時期があったよなあ、あのときはヤングで今よりエネルギーのあるパパだったよなあという懐古くらいである。しかし、英国映画を観るといつも思うのだが、ハリウッド映画と比べて、家の居住面積が日本くらい狭いな。
鑑賞日:07月12日 監督:
そんな彼なら捨てちゃえば? [DVD]そんな彼なら捨てちゃえば? [DVD]
アメリカ版「ラブ・アクチュアリー」。英国版と明らかに違うのは、その他大勢が美男美女、っていうか、英国映画はなんで主役級以外、普通なんだろう(笑)この映画の特徴は、主役級がみんな脇役ってところかな。とにかく豪華。クレジットで誰をトップに持ってくればいいのだろうって感じ。多分、ドリュー・バリモアをもう一本くらい観ようと思って借りたはずなんだけど、ベン・アフレックにジェニファー・コネリーにと、いつか行きつく映画だったんだろう。ラブ・アクチュアリーには敵わないけど、ベン・アフレックのあのシーンにはジーンときたなあ
鑑賞日:07月12日 監督:ケン・クワピス
ラブソングができるまで 特別版 [DVD]ラブソングができるまで 特別版 [DVD]
予想以上にというか、たいして面白くない、水戸黄門的な面白さ、なんて思って観始めたけど、これは面白かったでした。水戸黄門という比喩が、正しいのかどうかわからないけど、いつものヒュー・グラント主演映画って意味で。邦題は、そのままですな。決して比喩ではなく、ラブソングが出来るまでのお話。昔のポップ歌手と、素人作詞家の物語。ビデオクリップからのスタートシーン、ブッダでセクシーな音楽、静かなデュエットと、音楽の挟まれ方がポップな映画。ラブコメというよりは、ロマンティックコメディかな。最後はマジソンスクエアガーデン。
鑑賞日:07月04日 監督:マーク・ローレンス

鑑賞メーター

[PR]

by kotodomo | 2015-08-02 06:53 | 鑑賞メーター | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 02日

2015年7月に読んだ本のことども

2015年7月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1826ページ
ナイス数:75ナイス

ポトスライムの舟ポトスライムの舟感想
〇「十二月の窓辺」は、面白く可笑しく巧い。芥川賞を受賞した「ポトスライムの舟」はぬるい。その後の津村作品に親しんだ人には、瑞々しい感性の不在に残念だろう。でも、先に、その残念作品から読み、「十二月の窓辺」を読んだら、読書としては満足じゃないかな。話は変わるが、ポトスライムって、メタルスライムとかそういうのを想像して、中々ダメージは与えられないけど、会心の一撃なんかでスパーンといくと、経験値たくさんもらえるし、とかドラクエのことに想像が行ったのは、私だけじゃないだろう。私だけかな。キングスライムとかさあ。
読了日:7月21日 著者:津村記久子
淵の王淵の王感想
◎◎舞城は天才である。でも、その紡ぐ先が狂気と紙一重なので、読み手の評価も分かれそう。でも、例えば本書に収められた中編3編、舞城以外には描けないのは明らかで、反射神経だけで積み重ねて、畳みかけていく。最初は、語り手の正体は何?と訝りながらも、最後には、もうそんなのもどうでもよくなって、最後の話なんか、猫の死体の意味も置いてきぼりを喰らって、それでも全体傑作なのだから、どうでもよくなってしまう。ひとつだけ注文。私は鹿児島在住である。桜島の火山灰の話や、それに対する人々の会話は、外国の教科書に書かれた日本だ。
読了日:7月20日 著者:舞城王太郎
流感想
〇この人の同様の作品なら「さよなら的レボリューション」のほうが、ずっと面白かったかな。本作は、良くも悪くも大人しくまとまっていて、まあ、それが直木賞の受賞へも繋がったんだろうけど。中森明菜の「セカンドラブ」。よく流れていたし、歌詞も少しは覚えていたんだけど、その意味を解釈しようと思ったことはなく、そういう意味の歌だったことを、初めて知りました。台湾を主な舞台に、日本、中国も多少、そして色んな事件が起こるんだけど、それらはすべて流れのなかに消えていく。消えてしまわないのは、爺ちゃん殺しと、ファーストラブ。
読了日:7月19日 著者:東山彰良
ウエストウイングウエストウイング感想
◎◎この作家、二作目の読書だけど巧いなあ。この作家の作品、全部読まなきゃと思ってしまう。前回読んだのも少年が出てくる話。今回も少年が出てくるということで手にとったのだが、少年のパート、OLのパート、ダメな感じのする男性会社員のパート、3視点から描かれる、あるビルの西棟の物語。塾も入っていれば、事務所もあれば、喫茶もあれば、居酒屋もあるという、どこにでもありそうなビル。そこの空き部屋に出入りする三人。お互いの痕跡は感じるが、出入りする時間帯が別なのでどんな人が出入りしているのかはわからない。そして大雨に。
読了日:7月10日 著者:津村記久子
カクテル・ウェイトレス (新潮文庫)カクテル・ウェイトレス (新潮文庫)感想
1977年に亡くなった作家の埋もれた作品。わかりやすく面白いじゃないか。訳者がリメイクしてくれた、古い題材の映画を観るようで。この作家の代表作は「郵便配達は二度ベルを鳴らす」。とはまた別の風味の読み物で、若い未亡人が、カクテルバー勤務から大邸宅で暮らすことになるまでの、その勢いある流れのお話。ただ、読者を選ぶキーワードがあって、途中で出てくる薬の名前を知っているか否かで、結末の見え方は違ってくる。自分の場合、水俣病、ヒ素ミルク、そんな言葉と同じ時期に吸収した言葉である。サリドマイド。未来は誰もわからない。
読了日:7月4日 著者:ジェームズ・M.ケイン

読書メーター

[PR]

by kotodomo | 2015-08-02 06:51 | 読書メーター | Trackback | Comments(0)