「本のことども」by聖月

kotodomo.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2015年 09月 01日

2015年8月に観た映画のことども

ウォルト・ディズニーの約束 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]ウォルト・ディズニーの約束 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
この映画は、メリーポピンズが心に残っているかどうかで、観た者の評価はまったく変わってくるだろう。私の場合、初見は、多分、小学校の体育館の学校映画。そして最後に観たのは、15年以内。下の娘がまだ17歳なのでね。娘二人と、何回も何回も観た。本作品を見ながら、あららメリーポピンズ借りなくちゃと思いながら、そうかビデオなら家にあったぞと思い出したのである。だから、銀行家の話やペンギンのダンスシーンなど、メリーポピンズを思い出せない人が見たら、面白くもなんともないのだ。やっぱり、夢の基本はメリーゴーランド。人生も。
読了日:08月30日 監督:ジョン・リー・ハンコック
コールドマウンテン [DVD]コールドマウンテン [DVD]
米国南北戦争を背景に置いた悲恋。びっくりしたのは、調べてみたら、助演女優がブリジット・ジョーンズであったこと。全然役柄が違って、この女優巧いな、他には何に出ているのかなと思ったら、なんだ知ってる人だ!ってことになった。ニコール・キッドマンも初めてだったが、豪州で実績を積み上げたハリウッド女優なのね。作品歴を見たら、まだまだこの人の映画は見ておかなきゃいけないのが、たくさんありそう。ジュード・ロウも初めてみたが恰好いい。他の作品も見てみたいが、ハッピーな作品を選んでみないといけない。撮影は、ほぼルーマニア。
読了日:08月30日 監督:アンソニー・ミンゲラ
ハート・オブ・ウーマン [DVD]ハート・オブ・ウーマン [DVD]
正直に面白い映画。パチパチパチ拍手。メルギブソンはリーサルウェポンしか観ていないので、それも相当大昔、タフガイな役かと思っていたが、さにあらず。あと、奇想天外な設定も知らずに観始めたのだが、これも使い方の妙で、とにかく全体が面白い。ただ、最後まで観終えて拍手して、最初から再生してみると、ショーガールの息子という設定は必要だったの?とは思うけど。テンポのいい、娯楽コメディ、多分、映画館で観ても、誰も満足して、映画館を出て行くでしょう。楽しい優しい気持ちになって、その後カップルのデートも気分が良くなる感じ。
読了日:08月29日 監督:ナンシー・メイヤーズ
ナショナル・トレジャー 特別版 [DVD]ナショナル・トレジャー 特別版 [DVD]
ニコラスケイジは鼻の下が長いだけの俳優だと思っているので、特に興味はないのだが、調べてみると、映画の出演料1本15億で浪費家で借金まみれというのは関係なく、評判がいいということで視聴。インディジョーンズみたいな映画かなと思ったら、後半はまさしくそう。携帯も、PCも駆使しての序盤の宝探しから、謎解き、そしてラビリンスと仕掛け。女優も美人さん。仲間も敵もいて、色んな要素が揃っている。まあ、カーチェースは無駄な感じもあったけど。久々に、続編まで観ようと思った映画。ただ、トーンが同じらしく、しばらくしたらかな。
読了日:08月29日 監督:ジョン・タートルトーブ
いつか晴れた日に [DVD]いつか晴れた日に [DVD]
おお、ハリーポッターの人だというのは置いといて、騙されてはいけないのは、ヒューグラントの映画ではないということ。じゃあ、エマトンプソンの映画かというとそうでもなく、彼女の脚本の映画ということになるかな。19世紀初頭の英国を描いた映画を、過去に観たことがあるのかないのか記憶にはないが、19世紀初頭の英国の女性や田舎の文化を描いた作品を観るのは初めて。クラシカルで美しい映像。自由でありながら、色んなものに縛られる恋愛。だからエマトンプソンの演技も静かなだけで、巧いとかいうものでもない。その世界観の脚本の映画。
読了日:08月23日 監督:アン・リー
エリザベスタウン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]エリザベスタウン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
普通、映画というものは、作るときに、こういうテーマで作ろうと思ったものが、観る者に伝わるというものだが、ふむ。あと、この映画の持つ感性は、私の感性とは全然違うのだが、悪くはない。悪くはないが、こういう感性はどこから出てくるのかとも思う。父親の葬儀。陽気なキャビンアテンダントとの出会い。田舎の街の人間たち。うるさい子供を黙らせるビデオ。結婚式の新郎。キング牧師。U2。ローマの休日、その他のゴチャゴチャ。しかしまあ、あの電話のシーンは長いなあ。あのまま進んでいくのかと思っちゃったよ(笑)まあ、とにかく娯楽。
読了日:08月23日 監督:キャメロン・クロウ
新しい人生のはじめかた [DVD]新しい人生のはじめかた [DVD]
女優でチョイスした映画なのだが、あららダスティン・ホフマン、お久しぶり。全体として、新味のないオーソドックスな展開。ビフォア・サンライズその他でも使われた、手垢のついた流れ。一夜の恋、約束を果たせなくなる展開。でも、綺麗に作ってあるので、それはそれで良いのである。ある意味、ダメな男と踏み出せない女の恋物語なので、序盤、中盤イライラ。一番の魅せ所は、やはり娘の結婚披露宴に舞い戻るシーンへの展開かな。新婦の父親の挨拶のところで、グラスをチン。ああやっちゃったと思ったが、重要なシーンではあったかな。中年恋物語。
読了日:08月23日 監督:ジョエル・ホプキンス
エリン・ブロコビッチ [DVD]エリン・ブロコビッチ [DVD]
確かに、チーズ抜きのチーズバーガーのオーダーを聞いたウェイトレスは素敵な感じで、それはエリン本人のカメオ出演なんだけど、美人コンテストに出ていたというのも頷ける。「事実に即した映画」というのは、映画にしたい事実なので、それなりに面白いのだが、落としどころも見えていて、サプライズがないことも規格値。あとは、セリフ回し、演技で見せるしかないのだが、そこはマアマア。主演女優のプロポーションもバッチリだということも、よく理解できたし(笑)ボスの最後のセリフも中々。Googleで検索すると、エリン本人の写真。綺麗。
読了日:08月15日 監督:スティーヴン・ソダーバーグ
セックス・アンド・ザ・シティ・ザ・ムービー[SEX AND THE CITY THE MOVIE]STANDARD EDITION [DVD]セックス・アンド・ザ・シティ・ザ・ムービー[SEX AND THE CITY THE MOVIE]STANDARD EDITION [DVD]
著名な映画だが、内容を知らず観始める。なるほど、NYのアンダー50の女子会、それぞれにイケてるはずの・・・うむ、私はこの女性主人公は2回目だが、全然馴染めない。ロシアのサルみたいな顔になじめない。4人組の中で、唯一馴染めるのは、ピーター顔のワシントン在住くらいか。っていうか、一番共感を持てたのが、フランスからきた高橋英樹かな。渋いイカす役どころ。そうそう、主人公が大晦日に食っていたのは、本当にカップヌードルであった。日本語吹き替えで、日本語字幕もつけて、ながら観でもよかったような、おっさんには、温い映画。
読了日:08月14日 監督:マイケル・パトリック・キング
きみに読む物語 スタンダード・エディション [DVD]きみに読む物語 スタンダード・エディション [DVD]
悪い話じゃないんだけど、退屈な映画。観始めてしばらくすると、物語全体の枠組みが解り、そのまま予定調和的に話が終わってチャンチャン。心に残るシーンもセリフもなく、純愛のみで進むお話。このままじゃあ、エンディングも作れまいと思っていたら、まあどうでもよいエンディングで終わってしまったのも、なんだかなあ。
読了日:08月14日 監督:ニック・カサヴェテス
パイレーツ・ロック [DVD]パイレーツ・ロック [DVD]
いやあ、最高でした。「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティスによる傑作。私は音楽を聴かない。なのにロックは最高と思ってしまう。というか、この映画、精緻に破天荒で演技が細かい。観終って、あと3回くらいは観たいなと思わせるところが凄い。映像も綺麗。ユーモアも満載。とにかく見てくれとしかいいようがない映画。ある意味「ラブ・アクチュアリー」を超えてます。英国映画の、良いところを集めたような、そんな素晴らしさ。しかしながら、wikiで調べると興業的にはパッとしなかったよう。まあ、観ないとわからないいい映画。
読了日:08月13日 監督:リチャード・カーティス
ノーマ・レイ [DVD]ノーマ・レイ [DVD]
凄く勘違いして、観始めた映画。ジャケットで青春映画と思った。まさか、1979年の映画とも知らんやった。多分、どこかのサイトでアカデミー賞の文字が目に留まり、ジャケ借りカートに放り込んだのだな。昔の映画なので、知ってる俳優がいないし、あとでわかったが、サリー・フィールドなんて知らないと思ったら、フォレスト・ガンプのオッカサンだった。女優として、今は68歳か。36年前の映画なので、当時は32歳か。私は17歳だった、関係ないけど。社会派の映画。労働搾取、組合結成、簡単に言えば、そんな内容。今さら見る必要はない。
読了日:08月13日 監督:マーティン・リット
噂のモーガン夫妻 コレクターズ・エディション [DVD]噂のモーガン夫妻 コレクターズ・エディション [DVD]
楽しい時間潰しにはなるけど、色んな意味でイマイチかな。一番は女優。ずっと画面で見ていても、どこが魅力的なのか、私にはわからない。また、主役がいない。主役がモーガン夫妻二人ともなので、中々感情移入できない。あと、最初から最後まで、すべての展開がわかっているのを前提に作られているので、退屈と言えば退屈かな。逆は少しは笑えるのだが。そうそう、何が足らないって、ヒューグラントは、いつもダメ男の役回りなのだが、どこか魅力があって応援したくなる役回りでもある。それがこの映画では希薄。否定はしない。楽しめるがイマイチ。
読了日:08月09日 監督:マーク・ローレンス
イルマーレ [DVD]イルマーレ [DVD]
割と最初に気付いちゃったので、最後はどうなるの?でした。スピード以来の共演と思って観てたら、意外に共演シーンが少ない、別々のストーリー展開。仕方ないすね。時空を超えた恋物語だから。少し、辻褄が難しいところもあるけど、スルー。DVDを借りるときイルマーレ(2006)。イルマーレとは、2006とは?2000年の韓国映画のリメーク版、間違わないでねの2006。イルマーレの意味は、見ればわかります。ラブコメの女王、サンドラ・ブロック。今回はコメディ抜き。でもしっとりとしたいい映画かな。出来れば気付かない方がよい。
読了日:08月01日 監督:アレハンドロ・アグレスティ
[PR]

by kotodomo | 2015-09-01 09:18 | 鑑賞メーター | Trackback | Comments(0)