<   2016年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2016年 03月 01日

2016年2月に観た映画のことども

2月の鑑賞メーター
観たビデオの数:10本
観た鑑賞時間:1040分

フライト・ゲーム (初回限定特典/デジタル・コピー付) [DVD]フライト・ゲーム (初回限定特典/デジタル・コピー付) [DVD]
最近、レンタル旧作扱いになり、そこそこの評判というだけで観たが、やはりこういう映画は好きじゃないなあ。パニックとサスペンスの融合。自分が幸せになれる映画をみたいと思って、いつも選んでいるので、こういうのはね。誰がヒーローって、やっぱ副操縦士でしょう。よくやった(^O^)/メールやソフトが発達した今だからできるフライトパニック。謎のメールが、犯人から届くところから物語は始まる。でもあの女の子はなんだったんでしょう。主人公の優しさの象徴なのか、ぬいぐるみに目を逸らせる目的か。搭乗前の空港シーンを逆戻ししたい。
鑑賞日:02月28日 監督:ジャウマ・コレット=セラ
ハッピーエンドが書けるまで [DVD]ハッピーエンドが書けるまで [DVD]
ある意味、深い映画であり、わかりにくい映画です。でも佳作です。好きな本はヘンショーさんへの手紙と彼が答えると、取り乱すリリーコリンズ。すぐにDVDを止めて調べました。両親が離婚したお話。彼女の両親も離婚したから、当然取り乱す。それにしても、しあわせの隠れ場所でサンドラブロックと共演したリリーコリンズ。サンドラブロックの娘のような顔になってきましたねえ。誰が主人公かわかり辛いけど、予告編を見ると彼女が主人公。色んな苦難が家族を取り巻いても、最後はハッピーエンドが書けました。あの電話の主は勿論キング本人です。
鑑賞日:02月28日 監督:ジョシュ・ブーン
ローマでアモーレ [DVD]ローマでアモーレ [DVD]
なんだか主役級の男優、女優が勢揃いって感じ。物語自体も、全然別の話が進行して、主役級たちは各パートに分散していて、共演というよりは、合作共演てな感じかな。なんで、この映画を観ることにしたのか、最初は自分で思い出せなかったが、JUNOので見たエレンペイジの演技を他の映画で確認したいと思ったのが発端でした。ベネロペクルス、あばずれ役が上手。ライフイズビューティフルのロベルトベニーニは相変わらず剽軽。センスのあるナンセンスな映画。ウディアレンと名優たちだから許されるような設定でした。ローマ、行ってみたくなった。
鑑賞日:02月27日 監督:ウディ・アレン
ミニオンズ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]ミニオンズ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
いやあ、面白い。先に怪盗グルーを観ていて正解。なぜ、彼らがグルーの手元で頑張っているのかがよくわかる。とにかく、可愛くて細かいところが楽しい映画。悪党女のサンドラブロックのセリフ回しもいい感じ。とにかく、好奇心旺盛なミニオンズ。強いものに憧れ、強いボスの元に集うのが彼らの夢。最後は、一番強い、若き日のグルーについていくのだが。イギリスに渡って、ブリティッシュロックで進んでいくのも楽しいなあ。音楽への理解まで考えると、子供や若者より中年世代が喜ぶ映画なのかもしれない。相変わらず、映像は綺麗で立体的でリアル。
鑑賞日:02月26日 監督:ピエール・コフィン
サンキュー・スモーキング (特別編) [DVD]サンキュー・スモーキング (特別編) [DVD]
訳せば、ありがとう横綱。第55代横綱北の湖に勇気づけられた、少年のお話、というのは冗談で、たばこ業界のロビイストの活躍と、父息子の絆を描いた良作です。ロビイスト、聞いたことはあっても、一体その職務内容は?ディベートって米国で盛んだけど、結局どんなこと?そんなことも、わかりやすく伝えてくれるコメディ。とにかく、少年の父親に対する信頼が美しい。みんなから嫌われる仕事の中に、美点をみつけ、それに憧れる。アーロンエッカートノの喋りも魅力。喋るのが仕事の男、それを見事に演じきっています。美人記者は、どこが美人?
鑑賞日:02月21日 監督:ジェイソン・ライトマン
怪盗グルーの月泥棒 [DVD]怪盗グルーの月泥棒 [DVD]
今の映像は凄いですね。アニメと思っていたのですが、実写って感じですね。キャラも何もかもCGで色々やっているんでしょうけど、勝手に動いて実写で撮ってますっていう出来映え。映画のほうは3Dもやってたようだけど、2Dでも充分3D感が伝わってきます。ミニオンズを見る準備ができたので、ミニオンズのデビュー作と思ってみたのですが、これだけでは、彼らの由来とかやはりはっきりしませんね。でも、かわいい愉快なキャラたちです。怪盗グルーの活躍自体は大したことないのですが、焦点はグルーが子供たちと心を通わせていく過程でしょう。
鑑賞日:02月20日 監督:ピエール・コフィン、クリス・ルノー
ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション [DVD]ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション [DVD]
ベースの材料が好きじゃないし、理解できない世界なので、もし映画館で観たら「ああ、失敗したなあ」と思ったままで終わっていただろう。興味深いのは、20歳くらいの若者だったのに、最後には成人がいる中年になっていること。最初は、本当にヤングマンの二人。いつどこで、成長したのか、メイクとか興味深い映画。あと、ヒースレジャーのほうは、28歳で亡くなっていることにビックリ。最後のあのシーンでは、40歳というより、50歳手前に見えるのに。アンハサウェイとミシェルウィリアムズのバストトップがお得(笑)映像は迫力ある自然。
鑑賞日:02月14日 監督:アン・リー
バガー・ヴァンスの伝説 (特別編) [DVD]バガー・ヴァンスの伝説 (特別編) [DVD]
紙芝居映画。もしくは読み聞かせの絵本か。語り手が上手く語っても、所詮は限られたページしかない。上手に見せても、所詮は限られた、予定調和なお話で、意外な展開はない。ゴルフを離れた男の、ゴルフへの復活の話でしかない。原題も邦題も伝説とあるが、どこか伝説なんだかなあ。初めてウィルスミスを見たが、普通。マットデイモンは精彩に欠ける。でも、シャーリズセロンは好みではないが、中々。紙芝居なので、感情移入も出来ないし、ドキドキもハラハラもない。結構、評価は高いみたいですが、何ででしょう。ウィルスミスだからでしょうか?
鑑賞日:02月11日 監督:ロバート・レッドフォード
ジュリエットからの手紙 [DVD]ジュリエットからの手紙 [DVD]
主演の女優さんが、自分にとって魅力を感じなかったのがちょっと残念。でも老女、クレアがいいね。昔の恋人を探しまわる話なんだけど、最後は見つかるんだけど、やっぱ格好いいジジイは恰好いいわけで、自分もあんなジジイを目指さなきゃです。もっと、シリアス度の高い不思議な話かと思っていたのだけど、どちらかといえばコメディタッチ。ほとんどが、イタリアが舞台になり、街並み、風景の映像が綺麗。別に外国に行きたくないと日頃嘯いていても、こういう映像を見ると、自分の目で見たくなるものです。フィアンセ役の料理人もいい味の演技です。
鑑賞日:02月07日 監督:ゲイリー・ウィニック
恋は3,000マイルを越えて [DVD]恋は3,000マイルを越えて [DVD]
主役二人が、この人たちじゃないと、多分つまらない映画になったろう。この二人でもイマイチ感があるわけで、色んなところで、色んなことが楽しい映画なんだけど、肝心の恋の蓋然性が全くない((笑)実は、観始めて、この男優どこかで見たぞ。好印象なこの男優は?DVDを一旦停めて、PCで調べました。なるほど、ナショナルトレジャーの相方役の人だった。というように、私はあまり予習しないで観始めるので、こういうことが多いです。しかし、メラニーロランは、美人で可愛いなあ。英語も仏蘭西語も行けるとこが凄い。フランス女役、はまり役。
鑑賞日:02月07日 監督:

鑑賞メーター

[PR]

by kotodomo | 2016-03-01 13:06 | 鑑賞メーター | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 01日

2016年2月に読んだ本のことども

2016年2月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1424ページ
ナイス数:83ナイス

スキン・コレクタースキン・コレクター感想
リンカーンライムシリーズ11作目。第1作のボーンコレクターから面白かったが、シリーズの中盤から俄然面白さが増すというのは、流石ディーヴァー。鳥瞰図的な世界の構築、ディープな構造、どれをとっても一級品。そして、最後には、大どんでん返しではなく、どんでんどんでんどんでんの波状攻撃。思わず唸りますなあ。読者を騙すというか、これは手品ではなく、超魔術。ライムの予測を、予測する犯人。その犯人の予測を、予測するライム。ハラハラドキドキ、そしてエエッ!と驚く読者。今回は、タトゥーに毒をつけて施す犯罪者と謎のメッセージ。
読了日:2月26日 著者:ジェフリーディーヴァー
ジャイロスコープ (新潮文庫)ジャイロスコープ (新潮文庫)感想
普通、新幹線が出てくると、東海道新幹線を想像するんだけど、やはり伊坂の場合は、東北新幹線になるのでした。どの作品も、可もなく不可もなく。表紙にもあるように、プレゼント感覚の作品群。まあ、総括りするならユーモア小説短編集ってことでしょう。好きな作品も、嫌いな作品もないのだけど、元々星新一の読者の私は、やっぱガツンと最後に落としてくれるか、妙なカタルシスがないと、どこか消化不良に感じてしましますね。って、いうか、そろそろ伊坂から卒業かという気がしないでもない。次の伊坂が出たら果たして読むかどうか?わからない。
読了日:2月7日 著者:伊坂幸太郎
ヘブンメイカー スタープレイヤー (2)ヘブンメイカー スタープレイヤー (2)感想
いやあ、久しぶりに壮大なクロニクルを読んだなあ。風太郎以来かな。それにしても、恒川光太郎、大化けしてきたなあ。夜市やそれに続くしばらくは、現実の隣の世界を小さく巧く描いていたけど、金色機械以来、紡いで紡いで世界を築き上げるようになったなあ。スタープレイヤーは映像に出来る紡ぎ物語だったけど、本作は小説だから出来る紡ぎ方。最後にはすべてが収斂していく。でっかく広げた風呂敷を、丁寧に畳んでいく。早く、この作家に直木賞をあげてください。初期の作品群もいいし、最近の作品群もいい。現実的なSFチックな作品群は凄いぞ。
読了日:2月7日 著者:恒川光太郎
マラソンは毎日走っても完走できない―「ゆっくり」「速く」「長く」で目指す42.195キロ (角川SSC新書)マラソンは毎日走っても完走できない―「ゆっくり」「速く」「長く」で目指す42.195キロ (角川SSC新書)感想
多分、ベテランランナーならば、つまらないかもしれない。私のように、何気にジョグして、何気に大会に出て、元々遅いから、小学校の時も得意じゃなかったし、まあ自分はこの程度と思っている人には、いい気付きの本でしょう。はっきり言って、やる気になりました。ある程度追い込んでみて、果たして自分の伸びしろはどれだけあるのか、実験してみたくなりました。ただし、もう50歳は過ぎています。故障をしない程度に、頑張ってみます。年々マイペースが遅くなっている10キロ大会も、もう少し、マイペースを速くできるのかも知れません。
読了日:2月5日 著者:小出義雄

読書メーター

[PR]

by kotodomo | 2016-03-01 13:04 | 読書メーター | Trackback | Comments(0)